Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

読書

2021年12月01日 | Weblog

この夜中に、色々と考えを巡らせていて、

ふと手に取った本が『安岡正篤 活学一日一言』でした。

一つ一つの言葉が心に染み込むようで、

私の目指している地点はここだったのだと感じられました。

それは私如きでは、遠く及ばぬ所にあるものではありますが、

どこかなつかしさを感じるような心持ちがして、

これまで自分が歩んできた道筋が、

ここに繋がっていたのだと感じました。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 人の心 | トップ | 2022年へ向けて »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事