Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

学び続ける

2021年01月26日 | Weblog

今、オフィスの本を整理しています。膨大な量になっています。まだ読めていない本もあります。じっくり読みたいなぁと思います。

先人たちの残してくれた教えは、本当に価値あるものが多いと思います。時を超えて残っていく「本物」なのだと思います。

今を生きる私たちは、今を何とかしなければなりません。今を何とかして、目の前の社会に役立つ仕事を残していくことが大切です。

しかし、それが、どこまで残るかというと、残らない仕事も多いと思います。短期的な視点に立てば正しいこと役に立つことも、長期的な視点に立てば大した価値を持たないことも多いからです。

反対に、今やっていることが理解されなくても、後々、評価されることもあります。

大切なのは、他人の評価など気にしないこと。そして、長い年月、光を失わない先人たちの言葉や生き方に学びつつ、今を真剣に生き抜くこと。

そして、自分の信念と志を確立し、それを貫く生き方をすることなのだと思います。

私も道の途中で斃れて、何も残せないまま終わるのかもしれません。しかし、たった一人にでも、伝えたい思いを手渡すことが出来たら、それはそれで、幸せな人生だったと言えるのではないかと思っています。

とにかく自分の考えを確立していかなければ、本を書くこともできませんし、他人様の前に立って話をすることもできません。

批判だけしていても、何も生み出せてはいないのです。批判されている人は、既に何かを生みだし、目に見える形になっているから批判されるのだと思います。両者は、決して同じ土俵の上には立っていないのです。

とにかく今年も深く学び続けようと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« ジャータカ物語 | トップ | 絶望と希望 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事