Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

偉人の学び方

2021年03月26日 | Weblog

歴史の学び方が変われば、大きく視点を変えていくことができます。つまり、先人の生き様を鑑として生きていくことができるようになると思います。

そのために、一人でよいから、その人の生きた息吹が感じられるところに行って学ぶことが大切だと思います。

つまり、吉田松陰の生き様や考え方を学ぶのであれば、萩や下田へ行くということです。

その地を訪ねることで、その歴史上の人物が、単なる断片的な知識として処理すべき存在ではなく、自分と同じ血の通う生きた人間として学び、自分の生き様を考えていく鑑として考えていくということです。

一人をそうして学べば、色々な人に対して応用がきくようになっていきます。

砂粒のように味気ない知識に過ぎなかったものが、鮮やかに生きた人間として意識されるようになります。

まずは一人からでよいし、一カ所からでよいのです。

そこから大きく視点が変わってくるものだと思います。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前向きに教育を | トップ | 見たいように人は見る »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事