Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

人づくり

2021年11月20日 | Weblog

前にも同様のことを、このブログで書きましたが、

「人づくり」とは、何と傲慢な言葉かと思います。

人に人を作ることが出来ようはずがありません。

それができるものがあるとすれば、

おそらく神以上の存在でしかないだろうと私は思います。

少なくとも長年、多くの人たちと共に学んできて、

「私が、この人を作りました。」などという実感もないし、

「私は人を作っています。」などとは、

おこがましくて、言えたものではありません。

そう言えるとすれば、よほどお目出度いか、

よほど傲慢な人かのどちらかだろうと思います。

あるいは、本当に神の如くに素晴らしい人かです。

勿論、あまり深い意味を考えずに言う場合もあります。

若い頃の私もそうでした。

無邪気に「ひとづくり、国づくり」などと言っていました。

しかし、長年、本気で教育に関わっていれば、

その言葉がいかに愚かしく浅薄なものであるかに、

気づかないわけにはいかぬものだと私は思います。

 

私のこうした物言いは、反感を招くだろうことも、

容易に想像はつきます。

しかし、本当に日本の教育を変えていくためには、

多数に迎合して、正しいと思うことを、

言わないわけにもいかぬだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 人格を磨く | トップ | 誠意を尽くす »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事