Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

候補者多様化 道遠く

2021年10月20日 | Weblog

タイトルの見出しが日経新聞に出ていました。

20~30代の候補者は初の一割未満ということでした。

これは、そう書いて憂えていらっしゃる、

メディアの責任が大きいのではないかと思います。

政治を一生懸命やっても、

瑕疵だけをクローズアップされて、

ボロクソに書かれるのであれば、

多感な若者たちが政治に向かおうとなどとは思わない。

また、「国家」「愛国心」という言葉を使っただけで

右呼ばわりされるのであれば、

国のために働こうなどとは誰も思わなくなって当然です。

国会議員も地元への利益誘導を

仕事だと思っている向きも多いようですが、

国会議員とは国家の行く末を考えて、

政策を作り、司司の力を借りて、

実行していくのが仕事のはずです。

かつての尾崎行雄氏のように・・・。

 

その記事の横に、「責任ある分配議論を」という

お言葉もありましたが、

結論としてお書きになっているのは、

「責任のある議論を深めて欲しい」です。

だから、皆は延々と議論を繰り広げます。

誰も決断しないし、行動もしない。

うっかり決断し、行動すれば、袋叩きにされかねないからです。

憂えたポーズでああだこうだと言って議論していれば、

とりあえず格好はつくので楽ちんです。

しかし、日本の衰退は、一歩一歩、着実に進んでいくのです。

メディア以上に人々の意識に大きな影響を与える力など

存在してはいません。

メディアの作った言説が、

現状を生んでいるという自覚を

もっとお持ちになった方が良いのではないかと思います。

そして、今、必要なことは、失敗を恐れず、

決断し、行動することだと思います。

私は教育という場で、決断し、行動します。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« なんだかなぁ | トップ | 伝統破壊について »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事