Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

生涯、人間修業

2021年11月23日 | Weblog

結局、不断の人間修行が大切なのだと思います。

逆境のさなかにあれば、

人は、自ずから謙虚にならざるを得ません。

しかし、順境にさしかかれば、

慢心する心が、頭をもたげてきます。

自分がそうなっていることを、

気づけぬ人たちも多いもので、

慢心したままだと必ずまた、逆境が訪れます。

慢心の後の逆境は、

その原因を、他に求めることが多くなります。

私はしっかりやってきたからこそ、ここまでこれたのだ。

上手くいかないのは、たまたまであり、周囲の要因なのだと。

しかし、その原因は、自分の中にあるのです。

自分の人間としての未熟さが、

様々な混乱やネガティブな感情を生み出していることに、

自らが気づいて改善していく以外に、

救われる道はありません。

だから、結局は、人間修業をし続けるしかないのです。

それは、本を読むことであり、他者から学ぶことであり、

新聞などを読み時事問題を知ることであり、

様々な機会を捉えて、教養を深めていくことです。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 誠意を尽くす | トップ | 五省 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事