Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

教育は

2021年04月15日 | Weblog

「教育は国家百年の計」

言い古された言葉です。

しかし、これほど新たな気持ちで向き合うべき言葉は他にありません。

今の教育が、未来を真剣に思い描く力を持たなければ、

先行きは暗いものになるでしょう。

大したことはできませんが、

私は私なりの信念を、一つ一つ形にしていきます。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ホームカミングデイ | トップ | 国家観 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事