Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

心構え

2021年03月19日 | 教育

未知の領域を前にしたときに、

ある人たちは、不安や困ることを並べ立てます。どうすれば良いのだろうと。口を尖らせて不満顔で言いつのっていきます。

ある人たちは、同じ未知の領域に対して、どうすれば上手くいくかを明るく語ります。そして、周囲の人たちに理解と協力を得ようとします。

同じ事態に直面しても、暗く憂う人と、明るく未来展望を考える人とでは、周囲に与える影響が大きく違います。

当然、結果として、成し遂げていく成果も大きく変わります。

しかし、不満顔な人たちは、いつも周囲に不満をまき散らします。そして、類は友を呼び、業績も下がっていきます。

しかし、それが自分のせいだとはこれっぽっちも思わない。むしろ、私こそが正しいと信じて疑わないのです。

心構えを磨くにも、その前提として、深く考えることが大切です。深く考えるためには、全体観や志や目的意識が必要です。

でなければ、出てくる問題意識は当然違ってくるからです。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« まさか | トップ | 桜が満開でした »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育」カテゴリの最新記事