Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

先人の物語を伝えたい

2021年02月17日 | Weblog

小村寿太郎の人生を学んでいると、幼い頃に、祖母の熊に聞かせてもらった話が、その後の生き方に大きな影響を与えていることがわかります。

楠木正成の話、義経の話、弁慶の話、秀吉の話、家康の話、たくさんの、智恵と勇気と正義と仁と誠の物語が日本には語り継がれています。

私も心の奥底にもそうした話が眠っていることを感じます。

口には出さなくとも、そして、私などでは同じようには生きられなくとも、心の杖になって下さっている人たちが、たくさん心の中に生きています。

子どもの頃の教育は、ここが大切なのだと思います。

戦国武将たちの話、幕末の志士たちの話、日本の神話の神々の話。

それが、強く生きるためには必要なことだったのです。日本人の精神を支えている物語がそこにあるのです。

くわしい理屈はわかりませんが、とにかく大切なことだと思います。

ただし、色々と今風な味付けにした物語は避けた方が良いと思います。その偽りや大人の賢しらを子どもは的確に見抜くからです。

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新型コロナウイルスに思う | トップ | 合成の誤謬 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事