Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

なんだかなぁ

2021年10月20日 | Weblog

テレビ朝日のニュースより。

「群馬県太田市。市の職員は、投票所で使う鉛筆を1本、1本、削っています。今回の衆院選では、感染防止対策として、投票に使った後の鉛筆を持ち帰ってもらうことにし、10万3000本を特注しました。しかし、投票日が予想よりも早まったため、20日からの期日前投票に間に合わなくなり、急きょ、抗ウイルス機能があるという鉛筆を1万本購入。それを、職員が仕事の合間に、1本ずつ削っているのです。」

これは、どんな意味の報道なのか?と思いました。

美談?慰労?

投票日が早まったから大変だろうがという政権批判?

いずれにせよ、きっと太田市には苦情が殺到して、

余計な仕事が増えるのではないかと心配されるところです。

コメントを見ても、

「短期バイトにやらせたら」「鉛筆ぐらい持ってこさせたら」「ペグシルにしたら」

コスト感覚を疑うコメントが盛りだくさん。

その通りだと思います。

ちなみにアマゾンで調べたら、

ペグシル10,000本で27,930円。

単価は約2,8円でした。

抗菌鉛筆は二本組しか見当たらなかったのですが、

2本で490円。

10,000本発注したら単価は落ちるとは思いますが、

ペグシルより相当高いと思います。

人件費は5~6人でやっていたようですから、

安く見積もって時給1,000円として1日で一人8,000円。

5人で40,000円。ペグシル20,000本買えそうです。

まぁ、仕事の合間に鉛筆削りという話ですから、

実態は不明ですが・・・。

こんなことやっている方も問題でしょうが、

これを報じるマスコミも、

もはや何が言いたいのか、

私にはよくわかりません。

無駄が多いのだと言うことだけはよくわかりました。

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 父の故郷 | トップ | 候補者多様化 道遠く »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事