Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

まんが古事記

2021年01月10日 | Weblog

古事記について学び直しているところですが、今日は『まんが古事記』(講談社)を読みました。

これはなかなか秀逸な作品です。是非、読んでいただくと良いかと思います。しかし、マンガとは言え、基礎知識が無いと難しいとは思います。どこから入るか、なかなか難しいのが『古事記』の世界です。でも、色々なものに触れている内に、だんだん繋がってきますから、どこからでも良いといえば、良いのかもかもしれません。

チェンバレンはどのように『古事記』を英訳したのか実に気になります。その『古事記』をラフカディオ・ハーンが読んで、日本に興味を持ち、日本に来て、最終的には帰化して、日本人として一生を終えることとなります。

今上陛下は神武天皇から126代目にあたります。 皇紀2681年です。その前にも神話の時代があったわけですから、本当に長い年月続いているのが日本という国です。

こうした話をする人は右寄りと言われる人に多いのですが、私は祖先の生き方に思いをはせ、暖かく冷静に日本の歴史を見つめたいと思います。

独善的で押しつけがましくなってしまうことも私はいやですし、冷ややかに否定的に祖先のことを見ようとするのも私はいやです。どちらも私の美意識に反することです。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 意図はかみ合わないもの | トップ | 『古事記』池澤夏樹訳 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事