Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

合成の誤謬

2021年02月18日 | Weblog

様々なニュースを見ていて、「合成の誤謬」という言葉が頭をよぎりました。辞書的意味は以下の通りです。

合成の誤謬(ごうせいのごびゅう、英: fallacy of composition)とは、ミクロの視点では正しいことでも、それが合成されたマクロ(集計量)の世界では、必ずしも意図しない結果が生じることを指す経済学の用語。」(Wikipedia)

官僚一人ひとりも、政治家一人ひとりも、メディアの一人ひとりも、自分が正しいと思うことをやっているのかもしれません。

しかし、総体としての結果は、どうにもならないことになっています。

「国益」という概念がすっぽり欠落しているからなのかもしれません。

正しい判断とは何か。

私はそれが個人の損得であってはならないと思います。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 先人の物語を伝えたい | トップ | 残念なこと色々 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事