Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

畏れながら

2021年04月16日 | Weblog

御皇室でのゴタゴタが、ずっと続いています。

昭和の御代にはなかったことが、色々と起きています。

そうしたことを薄々は感じていましたが、

御皇室への尊崇の念を抱いていればこそ、

口にするのが憚られるという感覚を私は持っていました。

しかし、哀しいことに、もうそんな感覚を

捨てなければならないのかもしれません。

少しずつ、「私を優先する心」が、

「公を優先し、国の弥栄を祈る心」を

蝕んできているように感じます。

哀しいことです。

しかし、それはまさに衰退した日本国民の象徴としての、

あるべきお姿なのかもしれません。

日本の国運の衰退を象徴するような出来事に思えてなりません。

また、日本人の精神の衰退を象徴している出来事のようにも

思えてなりません。

まぁ、お前如きが言うなって話ですから、

これぐらいで口をつぐもうと思います。

でも、残念です。

そして、無念です。

コメント   この記事についてブログを書く
« 国家観 | トップ | 憂いても仕方の無いこと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事