Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

生き方

2021年09月08日 | Weblog

仕事がお金と時間に換算されるようになり、

それは益々進んできているように感じます。

しかし、人間には「生きがい」が必要です。

そして、「人の情け」や「まごころ」は、

いくらお金を積んでも

買うことのできないものです。

私はそうしたものにこそ目を向けて

仕事をしていきたいと思います。

当然、それは、孤独な道を歩くことになります。

失われた価値観を大切に持ち続けるということは、

死んだ祖先たちの亡骸を抱きしめて

歩き続けるようなものなのかもしれません。

誰も近寄りたくはない。

そんな生き方しかできない自分を嗤うしかありませんが、

私もまた、時代と共に消えていく存在です。

大したことではありません。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ささやかな覚悟

2021年09月08日 | Weblog

政治家にも色々な問題がある方もおられ、

非難されることも仕方ないということが

ままあるのだろうと思います。

ただし、これとて私は、

直接確認したことはありませんから、

色々と言う資格はないと思います。

非難される政治家たちは、

少なくとも、顔を出し、名前を出しています。

しかし、非難する人たちは、

顔も出さず、名前も出さないことがほとんどです。

大マスコミの報道にしてもそうです。

 

しかも政治家であれば、

少なくとも国民に選ばれた人たちです。

その代表をないがしろにするということは、

選んだ国民をないがしろにするということでもあります。

勿論、国民がもっと判断力を高めるべきだとも思いますし、

選んだことに責任を持つ自覚が必要だと思います。

 

ただ、光の当たっている人に、

暗闇から石つぶてを投げるが如き事が、

人として美しいことだとは、

私には到底思えないのです。

だから、そうしたメディアの姿に快哉を叫ぶような

浅ましい人間にだけはなるまいと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする