おかんのネタ帳

日々の雑感や興味のあることを書いています

勝部の火まつり

2020-01-12 16:27:37 | 湖国日記
相変わらず、夜行性が止まりませんが・・・汗
夕べは、地元のお祭り、「勝部の火まつり」に行ってきました!
もっちろん、私一人ですよ(苦笑)

ダンナは、猫とお留守番。
長女は東京出張で帰宅が遅いし、
ダンナは一人で、前日のおでんを食してた模様。
・・・いちおう、聞いたんですよ。

「お祭り、行く~?」

「なんでやねん。寒いのに」

いやいや、暖冬ですやん。
この祭りのある日は、雪降ってたり、みぞれ降ってたり、
寒いっていうのが定番ではありますけどね。
去年も暖かかったし、今年もまずまず。
まぁ、だいたい、祭りにさほど興味のない人なんで。

とはいえ、主婦なんで、この日は19時ちょっと前に行きました。



勝部神社の参道となる町内の道路には、
松明が6基、並んでました~



長さは4,5m、菜種がらを束ねた頭部分は直径4m。
竹とシバ(ハンノキ)を縄で結った胴体を含め、
450kgほどの重さだそうです。



神社の鳥居前。
十六夜?の月がキレイに出てましたね~
たくさんの人が集まり出しています。
カメラ小僧さんたちが撮りどころを求めて、
三脚を立ててスタンバってます・・・点火までまだ2時間はあるけど。



境内には、すでに6基の松明が置かれています。
昔は、全部、道路に並べてあって(しかも、もっと数が多かったハズ)
一基ずつ宮入りしていたのですが、そこは端折ってみたいですね。
観客も、担い手の人たちにとっても、時間短縮になりますし。

何気に、空いているところに行ったのですが、
宮入りする松明組の面々の様子が見えなくて・・反省(汗)

松明が燃え盛る中で、狂喜乱舞する若者たちが、
一番よく見える場所は、本殿横ですけど、
メディア関係の人が場所を取ってるし、
早くいかないと、なかなかその場所には行けませんね。
太鼓を置くときの通路にもなってるので、
すぐに動けるようにしてないと・・つまり若くないと(苦笑)

神楽の奉納、太鼓の宮入(3基)、
褌姿の松明組の若者たちが担いで入るんですけど、
結構時間をかけながら(もったいぶって~)
6基の松明が宮入。そして、いよいよ点火です。

今年成人する人・・3人の名前が読み上げれてましたが、
その3人が、点火をするんですね。

ではでは、点火されてからの様子を写真で・・











褌姿の若者たちは、炎の向こう側で、狂喜乱舞するんですけど、
こちらからは、その様子は見えません・・・



何人かが、こちらに出てきて、松明の胴に乗ったりするんやけど、
熱いからか、すぐに下りてしまってました~



こちら側に待機してるのが、白いヘルメットに、
背中に「世話方」と書いた黒い法被姿の人。
松明組のOBの人たちです。



ちゃんと燃えるように、あれこれ仕事をしてます。
松明組は、中学1年生から34歳の男子のみ。
組長含め幹部は34歳の最年長で、この祭りで卒業です。



卒業するとOB会に入って、今度は松明組を支える側になるんですね。



たくさんの観客・・去年は3000人とかいうてましたけど。



松明が燃え尽きてきて、やっと、彼らの姿が~





菜種がらが燃え尽きると、「引き松明」が始まります。
神社のすぐ前にある小川に松明を入れて鎮火するんですね。



境内の残り火は、参拝者が家に持って帰って蚊に安全を祈ったとか。
・・昔はかまどやったからねぇ。



松明雲の若者たちから、「しょうた!しょうた!」というコール。
今年の組長の名前を呼んでるようですね。
組長が、宮司さんたちから、お札をお貰います。
それに続いて、松明組の皆さんもお札をもらいます。



そして、本殿横に置いていた太鼓が出ていきます。
太鼓の上に乗ってるのは・・・たぶん、卒業する幹部かと。





3台の太鼓がまだ境内を出ていかないうちに、
観客が境内になだれ込み・・・



お札をいただくために、本殿前に並ぶんですよ。



たくさんの人です。



私も、いただいてきました。
火避け厄避けのお札。去年のもキッチンに貼りましたよ。
今年もね~

動画はツイッターにもアップしましたが、
インスタにも上げています → こちら

さてさて、新年も開けて中旬。
先週から仕事も目いっぱい再開‥汗
録り溜めしたドラマやバラエティも全部見られてませんが、
なんとか早く寝るようにしないと・・・
毎年、ど~も1月は不調なんですよね(汗)
熱が出たり、風邪ひいたり・・・
気を付けよう!!

とりあえず、肩こり腰痛がひどいんで、
ビタミン剤と葛根湯と、あと接骨院ね。
今年も、お世話になります・・・・苦笑

ブログのテンプレを大きな画面に変えました。
背景写真は琵琶湖です。
投稿画面の文字は・・・もうちょっと大きくならへんのかしら・・・汗

コメント

1月の恒例行事は

2020-01-11 15:33:16 | 日々のつれづれ
肩こりと腰痛がなかなか良くならず、整骨院に、
週二回、通っているんですけどね。
睡眠不足で疲れがたまると、肩が詰まって筋を違えたりするそうです。
いわゆる寝違えとかね。

寝違えたわけではないけど、肩こりがひどい。
早く寝ようと思いつつも、毎日夜なべしてしまうし。
原稿書いて、録りだめたドラマを見て、
・・・キムタクの「教場」は飛ばし見?した~(汗)

昨日は、夜に、鑑賞会の新年会。
帰宅してから宿題のチラシを作る作業、
気付いたら丑三つ時を過ぎ(汗)

缶ビール2本とハイボール1杯、焼酎少々、飲んだハズやけど、
帰宅したら酔いが醒めたんかしら??



今年は演劇鑑賞会事務所で、持ち寄り新年会。
こだわりモツ鍋、水餃子鍋、おでん、唐揚げ、近江牛のカッパ、
枝豆、チーズケーキ、いちご、私が作っていた丁子麩の辛し和え、
カブの千枚漬け、ゆず大根、おいしい~
みかん、おつまみ、そしてビールやら飲み物も。



モツ鍋には菜の花が入ってました~



野菜の里のいちごは、章姫(あきひめ)、甘くておいしい~

次回の例会は、2月26日(水)
劇団東演の『マクベス』、そう、シェークスピアですよ!
経費の節約もあり、劇団のチラシとは別に自前のチラシを製作。
今回は、印刷に出すというので、データを夜中に編集しなおし。
・・・つまり、帰宅後の宿題になりました~

パソコンを見つめながら、マウスを動かし、
モクモクと作業してるわけで・・・そらぁ、肩も凝る(涙)

こんな感じ。

表面

※クリックすると大きくなります

裏面

※クリックすると大きくないrます。

時間の余裕があれば、もうちょっと拘れたかもですが・・・
とにもかくにも、2月の舞台も、なかなか面白そうですよ~~!!
ぜひ、ご覧くださいね。

さてさて、今夜はいよいよ、勝部の火まつりです。
昨年、半年以上、祭りの担い手である「松明組」を取材、紹介してきました。
いよいよ、松明組の最年長、34歳の組長以下5人の同級生の皆さんは、
今夜で、火がついて、燃えてしまったら、主役の座はおしまいなんですね。
明日からは、OBという立場になるんです。
ふんどしをして燃え盛る松明の前で狂喜乱舞するのは、今夜でおしまい。


市民新聞「翔」の記事。

取材させていただいた組長さんのインスタが、
今日はカウントダウンしてるかのようで・・・→ こちら
ほんと、これに全力で取り組んではったんで。

今夜、見届けに行きます。
もう、カメラ小僧の場所取りは始まってるでしょうけど。
去年同様、後方から拝見させていただきます~

ちなみに、かつて、撮った写真は・・・こちら をご覧ください

今夜は、こんなポジションでは撮れへんと思います。
もう、体力的に無理(汗)

ではでは、まずは、夕飯準備をします~


コメント

乱費の年?

2020-01-08 23:16:48 | 湖国日記
相変わらず、締め切りに追われて始まった新年です~(汗)
1月5日中に入稿という原稿がありまして(涙)
結局、1月7日に送りましたけど~(汗)
それ以外にも、演劇鑑賞会の会報紙の原稿がいくつか、
趣味の笛吹関連の原稿とかもありまして・・・(汗)
それに加えて、今週から定例の仕事もあり~ので、
今年も、こんな具合の一年になりそうです(汗)

それでも、三が日を避け、土日を避けて、6日に行ってきました。
恒例の、夫婦円満?初詣(笑)



近江神宮です。
さすがに6日になると人も少ないし、テキ屋さんも2軒ほど。
門前のお蕎麦屋さんは営業してましたね~~(行ってないけど)



天智天皇ゆかりの神社。
百人一首というか、「ちはやぶる」でも知られる、
かるた大会で有名な神社ですよ。
12日には、全日本かるた大会がありますね。
ほかにも、天智天皇が水時計を作ったことにちなみ、
時計の宝物館があり、時計宝石の専門学校を併設してるという神社です。



三が日は人が溢れてたと思います。
巫女さんの神楽の奉納とかもありますね。



本殿。祈祷してもらう人は中に入れるみたいです。
もちろん、祈祷料はいりますけどね。
5日とか、仕事始めの会社などが団体で祈祷してもらってたりしてますよ。

そして、恒例のおみくじ!!



吉ですね!
まずまずですかね。
かつて、2年連続「凶」やった時もありましたし・・・

しかし・・・金運が~~(涙)
良かったためしがない!



乱費癖があり、金が溜まりません・・・乱費??
もはや、浪費でもなく、乱費ですか? しかも、癖って!!

我慢して将来に備えなさい。

え~~っ、将来って、いつのこと??

っていうか、乱費・・・心当たりが~(涙)

ついでに、恋愛運のところに・・・

邪(よこしま)な恋に走らず真の道を求め幸せを受けよ

・・・・邪な恋って~??

家庭のところにも、

邪な愛は家庭を破り身を滅ぼします 心身共に慎みなさい

・・・身を滅ぼすって~???

今年も、観劇予定がすでに入ってますけど(汗)

上の方に、幸不幸は心の持ちよう、と書かれてます。

そうそう、心の持ちようやから!

でも、気になるんで?
金運のお守りを買いました、とさ(苦笑)


コメント (2)

人気上昇中? 

2020-01-04 17:13:06 | 舞台・映画・ドラマ
いつ書こうかと思っていたのですが、
NHKの朝ドラ「スカーレット」について。
皆さん、ご覧になってます~?

もともと朝ドラ視聴者やし、地元滋賀を舞台にした物語でもあるので、
ほぼ毎日、見てますよ。朝見られない時は昼、もしくは、夜のBSで。
・・・「なつぞら」以来、ダンナまで見てるし~(苦笑)

主演の女優さんは神戸出身の方で、もちろん知ってますよ。
それほど多くの出演作品を、見てはないけど、
私の大好きな俳優さんとも共演してるし、
人気の女優さんですね~
ネイティブな関西弁のドラマは珍しいかも。

今のところ、華やかな俳優さんが出てた前作に比べて、
視聴率も少し落ちてるし、地味とか、面白くないとか、
そういう評価もあるようですが、BK(NHK大阪放送局)制作なので、
笑えるところもちゃんとあって、私的には、まずまずかなと思ってます。

・・・上からな言い方ですいません~(汗)
なんせ、私のベスト1は、「ちりとてちん」なんで(笑)

参考にしている女性陶芸家(モデルではなく、あくまで参考、らしい)は、
神山清子さんという方で、直接取材させていただいてはいないけど、
40年ぐらい前から知られている、女性陶芸家の草分けの方です。

息子さんも陶芸家として活躍されてたんやけど、
白血病に倒れ、骨髄バンクの設立に、親子で運動されてました。
結局、骨髄バンクができる前に息子さんは亡くなられたんやけど。
当時の新聞でも、何度も取り上げられてましたね。

「火火」という映画にもなりました(田中裕子主演)→ こちら

今回は、神山さんの人生をなぞるわけではないようですが、
ヒロインは大阪生まれやしね。(神山さんは長崎生まれらしい)

そして今、人気上昇中なのが、ヒロインの相手役の俳優さん。
松下洸平くん、ですね~。
ツイッターに「#八郎沼」というハッシュタグができるほど、
ハマった人多数~ (苦笑)
男前でもなく地味・・・ってネットで紹介されてるけど、
(めっちゃ失礼な言い方ですやん・・)
確かに、ライダー出身でも戦隊出身でもないし、
ドラマとかもそれほど出てないから、知らない人も多いけど。
10年ぐらい舞台で活躍してはる、芝居の上手い俳優さんですよ。

私は洸平くんの出演舞台を3本、観てます。
レギュラーで出てたドラマも、見てますよ。
ま、それだけなんですけど(苦笑)

でも、出演舞台を観る前から知ってました。
応援する俳優さんと同じ事務所なので(苦笑)
かなり前から、事務所は洸平くんを推してましたからね!

一番、最近観た出演作品が、「母と暮らせば」です。
びわ湖ホールで上演されたので、観に行きました。
この作品で、たくさんの賞を受賞されたんやけど、
ほんとに、感動的な作品でした。
ちなみに、私の感想は、→ こちら

その前に観た、「魔都夜曲」ではピアノを弾いたり、
歌ったり、エンターテイメントな才能を発揮してましたよ。
なので、芝居は上手い人やと思ってます。

NHKのあさイチでのプレミアムトークも見ましたが、
先日、甲賀市でもトークショーがあって、
よっぽど申し込もうかと思ったんですよ。
でも、朝が早いので躊躇・・・仕事も詰まってるし(涙)
申し込む時は、人気が上がる前やったハズ・・・

毎月、「滋賀民報」という新聞で、演劇鑑賞会の会員として、
上演作品や新劇系の舞台を紹介していますが、
担当者の方が電話でおっしゃってたんですね。

「先日、松下洸平さんを取材したんです。甲賀で」

「え~っ、うらやましい~」

「本当はヒロインを取材させてってお願いしたんですけど、(NHKに、かな?)
 女優さんは忙しいらしくて、ちょうど甲賀でトークショーがあるから、
 松下洸平さんはどうですか?って、言われたので」

なるほど。
松下さんて、かくかくしかじか、こういう俳優さんで・・・と、
思わず、しゃべりまくった私なんですけど、

「去年、『母と暮らせば』でびわ湖ホールに来られて、
 その時の、〇〇さん(私)が書いた記事があったので、持っていったら、
 『あぁ~、書いてくださったんですね~ うれしいです~』
 いうてはりましたよ」

あら、そうなんですか?? ご覧になった? そうなんですね~!
それはそれは、私もうれしいです~

「〇〇さんも、お誘いしたら良かったですね!」

ほんまや~~ 
というか、甲賀のトークショーに申し込めば良かった!
けっこう各社、取材されてたみたいです。

ちなみに、「母と暮らせば」の紹介記事は、


※クリックすると大きくなります。
 
さてさて、これから物語も後半になるんですが、
神山さんがご主人と離婚されているのが、弟子との浮気から駆け落ち?
というドラマチックな人生を歩まれてるのですね。
なので、あれほど、ラブラブなヒロイン夫婦も、
そういうくだりになっていくのかどうか・・・

妻の才能に嫉妬する、それが原因のようなんですけど・・・
どうも、そういう雰囲気ですよね~~
八郎沼にハマった人が、嘆くようなことになるんでしょうかねぇ。

ちなみに、洸平くんはどこかのインタビューで、言うてはりました。

「八郎は最後まで喜美子を愛しますし、喜美子も八郎を愛します」

まぁ、いろいろあるけど、最後まで見守る、というようなことかなぁ。

松下洸平さんのインタビュー  → こちら

そうそう、言葉遣いがキタナイという意見もどこかで見ましたが
大阪弁ではなし、いわゆる信楽の方言ですから~
県民としては、ゆる~く、見て欲しいですね。

朝ドラが始まってから、まだ信楽に行ってないんですけど、
以前、取材したギャラリーからも、珍しく?案内が来てました。
信楽の方々が、力を入れてはるんかなぁ~~

また、行ってみます。

オマケ・・・

総集編を放送した30日、新聞のラテ欄が楽しくなってましたね。



京都新聞は、縦読みが「喜美子」。



朝日新聞は、「信楽大好き」。

オマケのオマケ。



「いだてん」の総集編は、縦読みが、

「参加スることに意義がある」

朝日も京都も同じでした。

これは新聞社が遊んでるんですかね??

コメント

明けましておめでとうございます

2020-01-02 23:01:24 | 日々のつれづれ


令和二年、始まりました。
今年も、お付き合いくださいませ~

相変わらず、怒涛の年末・・・

今年はダンナが家に居る、はずですが?
ほぼ何もしない・・・汗

まぁ、サービス業やったので、年末年始は仕事やし、
40年ぶりのヒマな年末、何をしたらいいのか、わからんかもやけど。
でも、世間の主婦と同様に、私も、年末に大掃除したり、
迎春準備してるのを、うっすらとは知ってたとは思うんやけど・・・

いくら、イケメン俳優にうつつをぬかしてるヨメとはいえ、
いちおう、今年もそれなりなことはしてるわけで・・・
オレもなんかしよう、とは思わへんのですかね??

29日だったかに、庭の木を剪定してましたけど・・・それって、
年末押し迫ってからしなくてもええんちゃうん・・・
お向かいのご主人のように、窓ガラス洗うとか、してもええねんよ~
・・・とはいえず~(汗)
12月前半、イケメンを追っかけてたからなぁ~(汗)

とまぁ、いきなり、ダンナのことを愚痴ってますけど~
そんなこんなで、今年は、いつもと違う年末年始でした。

30日にはお餅つき。早めにおせちを作り初めて、
大晦日には、伯母の分をお重に詰めてもっていったり、
お墓の掃除&お詣りにも行ったり・・と、恒例の業務をこなし、
大晦日の夜は、例年よりはゆっくりできたかなという感じ。

・・・でもおかげで? 足はだるいし、腰痛も出てきたけどね‥汗



紅白が終わってから、(今年もほぼ見せてもらえずですが)
恒例の地元の氏神さんに、長女とお参り。
今年はダンナも行くかと思ったけど、寒いしパス、やて~。



今年のおせち。年々、量も減ってますね。



お酒は京都のお酒。
今年は長女と3人、静かな元旦。

それにしても、猫と2時間ドラマと、時々庭いじりというダンナ。
大丈夫かいな。こんな、引きこもり生活してて・・・

夏場まで行ってた散歩も今はやめて、
最近は、家にあるエアロバイクを漕いでます。
外出は、時々、コンビニに「ビッグコミック」の漫画を買いに行くぐらい。

近所の人も、不思議なんちゃう?
「あそこのご主人、家で何してはるんやろ~~」
・・・ヨメは、しょっちゅう外出してるのに~~(苦笑)

まぁ、40年間働いてきたから、気のすむまで休んだらいいけど。

でもね、まだ、64歳やで・・・完全引退には早いんちゃいます???
平均寿命まで生きるとして、あと20年もありますやん~~ 
40歳以上の引きこもり生活者は、全国に61万人いるとか。
・・・なんか、もったいなくないですかね。

そんなこんなで、ダンナがず~っとテレビの番をしてるんで、
見たいドラマは録画して、ダンナが寝静まってから見るという年末年始。
おかげで、さらに夜行性になっております・・・涙。

あ、お正月明けに入稿する、宿題の原稿も書き上げなければ~

コメント

年末です・・・

2019-12-30 23:38:39 | 演劇・舞台
バタバタしてる間に、もう明日で今年はおしまい。
怒涛の剣劇週間が終わったら、主婦的にも忙しい年末・・・けど、
掃除は・・・デスクまわりとか、テレビまわりとか・・・
雑誌や紙類、資料などを整理したほかは・・普段通りですね(汗)

やる間がないわ~って、晴れ間に車を洗ってワックス掛けたら、
今日は、雨ですからね・・・まぁ、ええけど(涙)

そんなこんなで、デスクまわりを片付けてたんですけど、
座ってる椅子の足元にカゴが3つあります。
仕事関係の資料とかチラシとか掲載紙とかを入れてるのが二つ、
もう一つは、演劇関係のフライヤーとか鑑賞会の印刷物とか、
それれ以外に、ちょっと気になるもの…雑誌類とかを入れてます。
気が付くと、そこが山のようになってて、もう何が何だか状態(汗)
そこを整理するのに時間がかかり・・・
なぜって、ついつい、見入ってしまいますから~(汗)



今年観た演劇のフライヤー、一部ですけど~

フライヤーというのは、チラシのことです。
英語で空を飛ぶ人や飛行家を意味するflier・flyerが語源らしい。
戦時中、飛行機を使って広告物を配っていたために、
飛行機から配布された広告物をフライヤーと呼ぶようになったそうです。
印刷屋さんでは、チラシはフライヤーという商品名で扱われてますね。

ちなみに、チラシは、「周囲に撒き散らすもの」「散らし」が、
そのまま「チラシ」となったらしいです。



大好きな俳優さんが出演した舞台のフライヤー。
これ以外に、もう2作品、今年は観ましたけど、うふっ!!

そんなこんなで、ゴミ袋に一杯、いらないものを処分したにもかかわらず、
ちっとも、片付いた感がなく・・・・今年もこんな感じで過ぎるんやね(涙)



さて、これは、この年末年始の宿題(苦笑)
劇団東演の「マクベス」の台本とDVD、
「マクベス」は、2月に彦根で上演する作品なんです。
お正月明けに、その紹介記事を書かないと~~ 

そんなこんなで、今日は、恒例の一人餅つきも無事に終了。
ダンナはいるけど、別に手伝ってもらうこともないんで(苦笑)
なんせ、40年来使ってる餅つき機が頑張りますんで~

明日は、いよいよ、おせちを作ります。
黒豆は仕込み終了。棒だらも下準備OK。

お墓参りだけは行っておかないと。
和室の掃除と仏壇の掃除も。
今年最後の、主婦が多忙な大晦日。

頑張ります!



コメント

ふれあいの灯とギネスに挑戦

2019-12-25 23:02:06 | 日々のつれづれ
「ギネスに挑戦したツリー、知ってるか?」
伯母が言うんですよ。テレビでやってたでって。

そら知ってますよ。地元のニュースやねんし。
というか、私も、メッセージカード1枚100円、買って参加しましたから。

毎年恒例となっている、市内で一番大きな中洲小学校の、
メタセコイアの木に、電飾を飾る、「中洲ふれあいの灯」。
この点灯に合わせて、今年は、市制施行50周年記念事業のプレイベントとして、
それぞれの「夢」や「希望」を書いた、5万枚のメッセージカードを飾り付ける、
「灯りでつなぐ、守山 2019」が開催されたんです。



イベントは8日にあったのですが、メッセージカードを付けた支柱が、
風で傷ついたということで、一時、外してた時があるんですが、
(その時にも撮りにいったんですけど、確かに、メッセージカード外してました)



それをちゃんと直して、再び、カードがなびいています。
そこを撮ってきました~



私の書いたカード(丸い、キラキラのもの)はどこやろね。



集まったカードは全部で五万一千七百三十枚。
1カ所で行われる「メッセージタグの最大の展示」として、
ギネス世界記録を達成しました。



メッセージカードは、26日まで掲示されるらしい。

「ふれあいの灯」は、来年1月中旬までライトアップされます。

今回は、野洲川放水路通水40周年、中洲ふれあいの灯も、
30回目を迎えるのを記念しているらしい。



小学校の塀にも、こんな電飾が光ってました~~


コメント

観劇週間で超多忙!

2019-12-23 22:38:12 | 演劇・舞台
す、すいません、すいません、すいません・・・
えらく、ほったらかしてしまいました!
病気でも、なんでもありません。
ちょっと疲れ気味ではありますが、元気です。

ちょっと休憩してる間に、gooのブログの投稿画面がちょっと変わって・・・
文字が小さい!! えぇ~っ??

いやいや、そんな愚痴はどうでも良いですね。
この10日あまり、相も変わらず、怒涛の日々でした。

とあるサークルの納会、笛吹サークルの納会・・・
なんてのもあったのですが、何より、先週は、演劇週間やったんですね。



行ってきましたよ、大阪! ミナミ!



大阪松竹座です。
歌舞伎とかもやってる老舗の劇場です。
ここで、上演される舞台が、
「大阪環状線~君の歌声が聴きたくて~1985」



関テレのテレビドラマ「大阪環状線」を舞台化したもので、
天王寺駅が舞台の、ヒューマンハートフルコメディ。



主演は、関西ジャニーズJr.を今年卒業した室龍太くん、
そして、東京のジャニーズJr.の寺西拓人くん。
で、私の大好きな俳優さんが出てはるんですね!!

ストーリーは・・・公式サイトで → こちら

なんと言うても、ジャニーズが主演なので、
頑張ってチケットの先行抽選を申し込んだら・・・あっさり取れて(汗)
でも、1度でも観ると、何度も通いたくなる作品なんです。

シリアスというよりは、ヒューマンハートフルコメディ。
大阪らしいボケツッコミのある、ちょっと吉本新喜劇のような感じで、
でも、テーマとなる「歌」があって、これが良いんです。

現役女子高生のシンガーソングライター寺田最可(もか)ちゃんの、
作詞作曲した、歌なんですね。・・・・→ こちら
なかなか、耳に残る歌なんですよ。
最可ちゃんは舞台にも登場するんやけど・・・多分、初舞台やね。

若者が未来に夢を持って生きていく、そんなお話し。
私の大好きな俳優さんは、そんな若者たちに夢を持たせてくれる、
夢がある未来への道をつけてくれる、カッコいい音楽プロデューサー、
でも、歌は下手という設定で(苦笑)日替わりでアドリブで歌い、
環状線の中にいるお客さんがみなコケる・・・
コテコテの大阪を演じてます~ 
主演のジャニーズの二人をいじり倒すしね~~
楽しそうに演じてるのがいいですね。
衣装はともかく(苦笑) 足が長くてカッコ良いし~~!

松竹座は難波にあります。
もう、大阪で一番混みあうところ。
平日は人が少な目やけど、土日はすっごい人です。
観光客もいっぱい・・・松竹座の近くにあるラーメン屋さんは、
早朝から、中国の人?がラーメンを食べてます。
朝食は外で食べる文化らしいけど、朝からラーメン・・・

その横を通って松竹座通い~~





法善寺横丁の水掛不動~

戎橋商店街にはポスターが!







終演後の御堂筋。

仕事もあるし、演劇鑑賞会の例会もあって、
とにかく多忙な2週間・・・

25日の千秋楽も行きます・・が、友だちが行けなくなって、
どなたか、行ってもらえないですかね・・・昼公演です。

・・・こんな年末の水曜日、皆さん、忙しいですよね。
ことごとく、みんなにフラれてます・・・

ダンナ?? 

まさか~(苦笑)

ダンナが呆れてます~ 

コメント (2)

笑って年越しを!

2019-12-09 21:37:21 | 演劇・舞台
朝、寒いですね~~
昨日は、昼間も寒かった気がします。
まだ、寒さに体が慣れてない感じかな。

もちろんヒートテックですよ。出陣してます!
デスクワークは足首が冷えるんで、レッグウォーマーも出陣!
ファンヒーターも、フル回転してますよ。
今年はダンナが家に居てるので、石油もかなりいりそう~(汗)

さてさて、先月から彦根に何度も行ってます。
ひこね演劇鑑賞会の、12月の例会は、
加藤健一事務所の「パパ、I LOVE YOU!」
ライトコメディです。笑劇と言われるジャンル。



先月、下見に、名古屋まで観に行ってきました。
もう~、ほんとに笑いましたよ! 涙が出るほどね。
台本も読みましたけど、やはり読むと観るでは大きく違います。

喜劇だからって、ええ加減にはできないんですね。
間が大事やから。ヘンな顔をしたときにドアを開ける、みたいな、
相手が見えてないのに動く、というタイミングが絶妙なのです。

毎年、12月の例会は喜劇が多いんですが、
今年は、格別ですよ!!

加藤健一さんももちろん見事ですが、
もう一人の主役と言える清水明彦さん(文学座)が、
役にハマり過ぎて、面白いんです!
詠ったり踊ったり?たいへんです。

今回も、滋賀民報で紹介記事を書かせていただいてます。


※クリックすると大きくなります。

演劇鑑賞会は全国にある組織ですが、
全国をいくつかのブロックに分けて、ひこねは近畿ブロック。
9つの鑑賞団体があって、近畿ブロックで、毎年、
どの劇団、どの作品を上演するかを相談して、
2か月に1回、計6作品を決めます。

劇団など創造団体からできる作品をノミネートしてもらい、
1年かけて、次々年度の作品を決めるわけです。

来年も素適な作品を上演しますが、再来年のラインナップも決まりました。
なかなか、ワクワクする作品が多いですよ。

上演にかかる費用など、すべて会員の会費で運営しています。
なので、昨今の会員の減少は深刻な問題になっています。
私が入会した5年前は、600人以上いた会員さんが、
今は460人足らず・・・汗、涙・・・

会員の高齢化や、趣味嗜好の多様化・・・
いろいろ原因は考えられるのですが、
演劇が好き、という人が減ってるんでしょうかね~?

人気ミュージカルはチケットも取れへんのにね。
商業的ないわゆる興行とは、新劇は違うのですが、
心を揺らされるのは、変わらないと思うんですが・・・

今回、「パパ・・・」の作品は、私はお当番なんですね。
搬入のお手伝いや、お通し(お昼ご飯の差し入れ)など、
担当する仲間(運営サークルと言いますが)と一緒に、
上演のお手伝いをします~

終演後は、キャストの皆さんと打ちあがります~
それも楽しみですよね~



先日、演劇鑑賞会の事務所から見た夕景。
彦根城の外堀に、夕日が反射して赤くなった空が映り込んでました。
キレイですよね~



帰り道、ライトアップされた彦根城内。
内堀の石垣に、家紋が映し出されていました。



5時過ぎやのに、もう真っ暗ですね!

今が一番、日が短くなる時ですしね。

ひこね演劇鑑賞会は、会員を募集中!
詳しくは、HPを見てくださいね → こちら




コメント

戸田監督作品

2019-12-05 21:41:38 | 舞台・映画・ドラマ
ツイッターを使い始めて9年ほどになるのですが、
情報をいち早く得たり、広めたりするのに役立ってるなと思います。

始めた翌年に東日本大震災が起こり、ツィートに震災関係の情報が飛び交いました。
例えば、被災状況、避難状況、生存確認、応援物資の情報発信、
いろいろな情報が並び、便利やなと思う一方で、
フェイクなつぶやきが拡散されて大騒動にもなりました。

そういや、阪神・淡路大震災の時は携帯電話の便利さを知りましたね~

時代やな~とも思いますが、最近、私がフォローしている噺家さんが、
「いいね!」をしたり、RT(再リツィート)したりして、
目に留まるようになったのが、俳優の林与一さんのツィート。

御年77歳のベテラン俳優さんですが、男前の方です。
(永遠の二枚目、長谷川一夫が大叔父なんですよ!)
出演舞台のことだけでなく、スィーツの写真がアップされたり、
女優水谷八重子さんのツッコミにタジタジ(たぶん)したり、
なんともかわいいツイッターです~

その林与一さんが、「守山市に行きます」とつぶやいて、
思わず、ナニナニ?? と思って見たのが、
「主演の林与一さん来場予定!」というチラシの写真。



主催は、戸田博監督作品上映実行委員会・・??

戸田監督、知らない人やな・・と思いながら、
曜日を確認、場所が、なんと、市立図書館ですやん~
チャリでも行ける距離・・・あらま、そんな御大がいらっしゃるなら行かねば。

ミーハーとしては行きますよ。やっぱり(笑)

予約なしで行って大丈夫かなと思ったけど、意外に?
そういうのがあることを知ってる人が少ないみたいで、

受付で、「予約してないんですけど」って言ったら、
大丈夫ですよ~って、女性の方がおっしゃって。
(後で知ったけど、戸田監督の奥様で、プロデューサーでもあり、
 音楽も担当されてる、とっても重要な方なんです~!)

そしたら、その女性の横に、ダンディな与一様が!!

「どうしてお知りになったんですか?」

「与一さんのツイッターで」

「ほらね~、ツイッターは情報発信するのに良いのよ~」
(戸田監督の奥様におっしゃってました~)

チラシに書いてあるように、10月にも上映会があったようやけど、
私、知らんかったわ~~ 何度も図書館は行ってるのにね。



戸田監督って?どんな人なんやろ・・・
ネット検索してみたけど・・・ようわからんな・・・

時間が来て、その戸田監督が挨拶されました~

60代の、見た目はちょっとこわもて?な男性ですが、

「私の本来の職業は看護師です」

えっ、看護師?? 

「30年前から映画を撮ってまして。でも、まったくの独学です」

約30作品ほどを撮ってるそうで、欧州の数々の映画祭に出品し、
多くの作品が入選。監督賞や脚本賞など、27の賞を獲得してるらしいです。

主演の林与一さんが登場。

戸田監督の作品は7作品、出ているそうです。
2013年の「京都、夏」で、モナコ国際映画祭で主演男優賞受賞。

戸田監督の方からオファーがあったとおっしゃってたかな。
ギャラは、他の作品からすると50分の一ですって。
横で、戸田監督が苦笑い。
それでも、魅力があるから出続けてるんですよね。

今回上映されたのは、「黄金の大地」というモノクロ作品。

「なんでモノクロか、この作品のオファーをもらったとき、
 膀胱がんが見つかってね。でも、どうしても出たいから、
 薬で押さえてもらって撮影したんですよ。
 そしたら、共演者がもう死にそうな役なのに、私の方が顔色悪くてね~
 だからモノクロにしたら、かえって良くなったんですよ~」

ご病気は、膀胱がんやったんですね。
さすがに途中で降りたいと思ったくらい、辛かったそうです。
撮影期間は2週間やったそうですが。
撮影後に治療されて、今は復帰されて、おいしいものをいろいろ食されてますね!

91歳の伯母も膀胱がんで手術(内視鏡)しましたが、復帰ましたよ。

映画は、戸田監督がおっしゃる通り、
説明的な台詞は何もなく、見ている人を誘う説明もない、映画でした。

「白寿液」なるサプリメントを作っているオジサンが与一さん。
夜中に、山に白寿草と呼ぶ花を採取しに行ってるんです。
花は、作り物という感じでしたけど、設定がもうすでにSFチックです(苦笑)
薬局の女性(若原瞳さん!)に、ちょっと気があるようです~

薬物中毒の夫を洋服の縫製で養ってる妻、というカップルがいて、
夫の役を演じてる弓澤公望さんがめっちゃ関西弁の人なんですが、
パンフを見たら、元劇団NLTの役者さんらしい。
「OH!マイ・ママ!」に出演してたらしいんですけど、
5年前に彦根も来られた時も出てはったのかな・・・
私は観てないねんけどね~(忙しくて観に行けなかった~汗)

もう一人、よくわからん?おじいさんが出て来ます。
砂金を探す不思議なおじいさんなんですけど、
・・・戸田作品にはほとんど出ているという山田昭二さん、
なんと、プロの役者さんやないらしい。

与一さん曰く、この作品に出てるプロの俳優さんは、
与一さんのほかに、薬物中毒の夫婦、薬局の若原瞳さん、
金を買い上げるロックカフェの店主、国木田かっぱさん
(ほんまに、ご自分が経営してるお店らしいです!)
この5人だけらしいです。エキストラはボランティアさんやし。

与一さん演じるオジサンと砂金のおじいさんが出会い、
ラストに、もらったチケットで和太鼓のコンサートに行きます。
そこには、立ち直ろうとする夫と一緒に来たあの夫婦もいます。
ここに、登場人物たちの接点があるんですね。

不思議な世界観のお話しやけど、ちょっと笑えたりもします。
ラストで、いろいろな伏線も回収されてる感じで、
そういうお話しなんやな~と。

終演後に、またお二人の挨拶がありました。

縁があって、戸田監督はも京都からこちらに転居されたんですって。
どこかで上映できないかと思ったら、この図書館があったと。
前回の10月の上映会も好評だったので、これからも、
(まだ作品はたくさんあるので)ここで上演したい、そうおっしゃってました。

「私の作品が、なぜ映画館で上演されないか・・まぁ、嫉妬ですね」

そう、おっしゃってましたね。
誰かに師事したのでもなく、スポンサーがあるのでもない、
そういう人が作った作品は、海外でいくつも賞を取っても、
なかなか上演される機会はないんでしょうかね。

プロの俳優さんが出てはるのに。

奥様の話しでは、看護師のお仕事もされてるようです。
海外での授賞式の様子も流れてましたけど、
映画好きが高じても、なかなか受賞できるものではないですよ。

監督とカメラマンと奥様の3人で作り続けているそうです。

またの機会、ぜひ、見に行きますね!



与一さんに、サインをいただきました! 握手も!!

パンフも買いました。

なんせ、入場料が、500円ですから。

カンパの気持ちを込めて。少ないけど~~





コメント