ウズマニーブ活動日記

ラトビア共和国に伝わる伝統音楽を演奏する日本初のユニット、ウズマニーブ/UZMANĪBUの活動日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レポート:第210回ランバス演奏会@関西学院

2017年11月23日 | ライブレポート


振り返るのが遅くなりましたが、先日11月9日に関西学院ランバス記念礼拝堂にて「クアクレとヴァイオリンによるラトビア伝統音楽の調べ 」を開催させていただきました。
礼拝堂を響き渡る音が、弾いていながらとっても心地良かったです。
「来年も!」というお声もいただきましたので、建国100周年に向けてしっかり準備しておきたいと思います!
大勢のお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

セットリストはこちら。
ラトビアの民謡、フォークダンスの曲、合唱曲、ラトビアのフォーク音楽の大御所Iļģiのカバーなど、アンコールを入れて26曲演奏しました。

第一部
1.Eņģelītis 
2.Dvieļu Dancis 
3.Šūpojiesi, tautu meita 
4.Zīedi, ziedi, rudzu, vārpa 
5.Ai, Jānīti, Dieva dēls 
6.Saule grieza zelta riņķi
7.Māte savas meitas sauca 
8.Ar gailīti Rīgā braucu 
9.Ar vilciņu Rīgā braucu 
10.Sidrabiņa lietiņš lija 
11.Eima Bišu Klausītiesi 
12.Dvēseles dziesma 
13.Pūt vējiņi 

第二部
1.Diždancis 
2.Pankūkas 
3.Saulīt vēlu vakarā 
4.Saulīt vēlu vakarā 
5.Apkārt kalnu saule teka 
6.Es maza meitiņa 
7.Tumsa, tumsa, kas par tumsu 
8.Šķērsu dienu saule teka 
9.Dāvāja Māriņa 
10.Manai Dzimtenei 
11.Saulīt Mana Krustamāte 
12.Mugurdancis 

アンコール
Augškojenieku polka


ご縁を取り持ってくださった方が当日まで入念に準備してくださいました。
本当に嬉しかったです。


そして・・・、関西学院はラトビアと深い縁がある学校です。
今から約100年前にラトビア人英語教師イアン・オゾリン氏がこの学院で教鞭を取りました。
そのオゾリン氏はラトビア領事も務めていたそうです。
そのオゾリン氏の写真の前で演奏するという特別な日でもありました。
(※氏の功績について気になる方は「イアン・オゾリン」で検索してみてください。)


このコンサートに向けてご尽力いただきました皆様、本当にありがとうございました。



さて、そんなウズマニーブですが、今月はフルメンバーでのコンサートがあります。
約1年ぶりに4人でのリハを行いましたが、新曲も含めあれこれ準備万端です。
フルメンバーが揃うことは滅多にありませんので、是非ご来場ください!

●こうべガーデンカフェ
日時:2017年11月26日(日)11:00-17:00
会場:神戸KIITO
公式Facebookページ

●ウズマニーブCDリリース記念ライブ
日時:2017年11月28日(火)19:00OPEN/19:30START
料金:2,000円+別途1ドリンクオーダー
会場:space eauuu 神戸市中央区元町通2-6-10 ミナト元町ビル3F
ご予約・お問い合わせ:uzmanibu_music@ybb.ne.jp TEL078-331-1884、又は各メンバーまで


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ライブのお知らせ:11月26日 ... | トップ | CD Jurnal と &Premium »

コメントを投稿