ウズマニーブ活動日記

ラトビア共和国に伝わる伝統音楽を演奏する日本初のユニット、ウズマニーブ/UZMANĪBUの活動日記です。

Latvian folk music

【延期】ライブのお知らせ:3月21日 ラトビアの文化と手しごと展内 『春待つラトビアの調べ』@蒲生図書館/滋賀県東近江市

2020年02月18日 | ライブのお知らせ
【2020.03.04追記】
新型コロナウィルス感染対策の為、3/21(土)のコンサートは延期になりました。
変更後の日程は決定次第お知らせします。
尚、展示の方は引き続きご覧いただけます。


滋賀県の東近江市立蒲生図書館で開催中の『ラトビアの文化と手しごと展』の一環で3月21日(土)にウズマニーブもコンサートを開催させていただきます。
展示期間中、館内にはラトビアの手工芸品や写真が展示されており、ラトビア関連書籍も並んでいます。
あらゆる角度から『ラトビア』をお楽しみください♪



ラトビアの文化と手しごと展

自然豊かなバルト三国の一つ、ラトビア。
四季の移ろいに沿った暮らしと伝統文化を大切にする人々が暮らし、編み物や織物、木工品などの手工芸が盛んに行われています。
また古来より、めぐる季節や年中行事など様々な事柄を歌や音楽で表現し伝えてきたことから、「歌う民」とも呼ばれています。
展示では、温かみのある手しごとの数々と美しいラトビアの写真を、またコンサートでは素朴で心に染みる伝統音楽を味わっていただけます。
豊かなラトビアの文化を、どうぞお楽しみください。

会場:滋賀県東近江市市子川原町676 東近江市立蒲生図書館
会期:2020年2月15日(土)-3月21日(土) ※休館日 月曜日・火曜日、2/23(日祝)、3/20(金祝)
お問い合わせ:蒲生図書館 電話 0748-55-5701、IP電話 050-5802-8342
「後援」 駐日ラトビア共和国大使館、在大阪ラトビア共和国名誉領事館、関西日本ラトビア協会

●ウズマニーブ・コンサート「春待つラトビアの調べ」
ラトビアの伝統的な弦楽器「クアクレ」とヴァイオリン、パーカッションの編成からなる 日本初のラトビア伝統音楽ユニット・ウズマニーブが、素朴で温かみのある音色を奏でます。
3月21日(土)開場19:00、開演19:15/定員70名(要申込)/無料

コメント