10代目の家づくりと趣味のブログ

ウッドショック

福島 木の家 株式会社氏家

 

福島県も独自の緊急事態宣言がでましたが、

コロナ禍がなかなか収束しません。

ワクチンが全国民にいきわたる頃には、

落ち着いていくのでしょう…。

ところで、このコロナ禍に加えて、

建築業界では、「ウッドショック」という聞きなれない言葉が出てきました。

 

北米産の米松が色々な理由で入って来なくなったのは、

ちょっと前にうちの材木問屋さんから聞いていました。

その頃は個人的には、

あまりたいしたことにならないと思っていました。

しかし、実際に北米産の米松が入って来なくなりました。

なぜかというと、コロナ禍で貨物が動きにくいのと、

コロナ禍にあって、なぜか株価が好調なのと、

更に低金利政策もあり、

また、郊外に住みたいという希望が増えたということで、

アメリカの住宅建設ラッシュが起きている。

などの理由によるようです。

 

もっと言えば、日本の細かい品質に対応するよりも、

アメリカや中国などの、

多少品質にバラつきがあっても大丈夫という、

対応の方が楽だからということもあるようです。

(日本はその品質にとてもこだわっている、という事でもあるのです)

自国の材木を使うよりも、

輸入された材木の方が安かったというのも問題があると思います。

そして、米松の代替品として、国産材を使うようになり、

結果として、生産も追いつかず、

だんだんと値段も上がっているということです。

本来であれば、政府主導でこの材木不足を解消すべきなのですが、

まだまだそんな気はないようです。

 

ところで、日本には、

沢山の杉が植林されているのはご存知だと思いますが、

それを、何年も放っておいた結果、

その杉の木から出る花粉が国民病とまで言わなくても、

それに近い状況を生み出しています。

この機会に、国産の杉(杉だけに限らず)を使っていくようにすれば、

花粉症対策にもなりますし、

良いのではないでしょうか。

 

このウッドショックが長引く可能性がありますので、

ちょっと心配ではあります。

弊社としても、ある程度の在庫を持っております。

当面は心配ありませんのでよろしくお願い申し上げます。

 

健康な暮らしとまじめな家づくり


読んでいただきありがとうございます
ランキングに参加しております。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「ひとりごと」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事