10代目の家づくりと趣味のブログ

創業以来88年の伝統を誇る建築会社の10代目の家づくりに対するこだわりと、趣味について

あれから7年…

2018年03月19日 18時10分58秒 | 家づくりのこだわり
本当に久しぶりの更新です

申し訳ありません


東日本大震災から3月11日で7年経ちました。

原発事故のニュースは地元でもあまりやらなくなったような気がしますが、いかがでしょうか。

去年、飯舘村と川俣町山木屋地区等が避難解除になりました。

それから1年、解除になったとはいえ、戻っている住民の方々もまだまだ多いとはいえません。

復興とは地域の皆さんが戻ってきて、

「以前の生活をする」

「地域のコミュニティが元に戻る」

という意味では、まだまだ遠いような気がして残念に思います。



7年というのは、私自身はあっという間だった印象を持っておりますが、

まだ7年なのかもう7年と思うのか、皆さんそれぞれだと思います。

7年も経つと、人の流れが変わっていて、

新しくできた友人、知人、または同級生の方が

前のそれよりも実は長く一緒にいるのかもしれません。

事故の起きたことで悪く変わったことは忘れられませんし、

忘れる必要もありませんが、

もしかしたら良く変わったとこともあると信じていたいものです。


ところで、最近、軽量鉄骨造の増築のご相談をいただくのですが、

近年では、混構造(木造と軽量鉄骨造など、違う工法でつくる構造)

が厳しくなっています。

工法が違うと、地震で揺れた場合に違う揺れ方をするので、

構造計算が必要になります。

軽量鉄骨造の建物は、特殊な建物でない場合、

型式認定というものを取得して、

許可申請を簡単にしたりしていますので、

メーカーがそのときの図面等を出さなければ、

計算しようにもできません。

不思議なことに、同じメーカーで増築しようとしても同様らしく、

全国的にも増築(元ある母屋にくっつけて)できるケースは稀のようです。



家を建てるときには、

「この家は増築したりしない」

と思っていても、

家族構成が変わることもありますし、

中には思いもかけない事が起こりますので、

やはり後から改築、増築を

しなければならないこともあると考えなくてはならないと思います。

しかし、メーカーの中にも悪質なところがあって、

「あとで工事できます」といって契約したのに、

結局後から「できません」の一点張りだったという話も耳にします。

弊社では、木造軸組工法にこだわっているのですが、

そういう理由もあるのです。



健康な暮らしとまじめな家づくり
はんどめいどレンタルボックスりら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まじめな家づくり | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家づくりのこだわり」カテゴリの最新記事