あひる坂

山小屋を拠点にして、ログハウス製作、フライフィッシング・ダッチオーブン料理・石窯ピザ、冬は薪ストーブ生活を楽しむ毎日

週末の十勝

2018-07-23 | フライフィッシング

先週の週末に十勝に弟、甥っ子と3人で久しぶりの十勝に釣行に出かけてきました。

いつもお世話になっている知人宅に泊まることが出来ない為、新得町の宿を予約して一泊2日の

釣行を楽しんできました。

何時もの本流は3年前の豪雨の影響で、昔の面影が全くない河川になってしまいました。

河畔林と蛇行していた河川が直線化して、川幅が広がり魚釣りポイントが全くない状況になってしまったのです。

本流は諦め支流の河川に行ったのですが、2週間前の雨で水量が増して徒渉することが出来ず藪こぎの連続で

とても疲れた釣行でした。

帯広は30度を越える暑さだったようですが、山岳渓流の釣行なのかあまり暑さを感じない日でした。

2日目は他の河川に行ったのですがこの河川も水量が多く、昨日の河川に戻り入渓したのですが帰り路の林道が分からず

携帯アプリを参考に林道を探しながらの笹薮を潜りながらの彷徨った日でした。

       
支流の上流、全く反応がありません。甥っ子がキャスト


       
弟が仕留めたグットサイズ52のアメマス。

コメント

雨の合間に釣行

2018-06-30 | フライフィッシング

月曜日から毎日雨模様の天気、久しぶり天気になって山を越えた河川へ釣行に出かけました。

下流域に行くと先行者が2台駐車しているため諦めて上流に向かい入渓するが反応が今一つ、ようやく釣れるが

小さすぎて気合が入らずじまいです。

その後、二時間ほど上流に進んで3匹、終点地点の橋に到着して道路に出て20分程度歩いて軽トラに到着。

近くに無料温泉があるので汗を流すことにします。

ここの地域は温泉が豊富に出ているので無料温泉をいつも利用しています。 近くの温泉ホテルは

日帰り温泉が800円、ここはかけ流し温泉なので重宝しています。

         



コメント

山岳釣行

2018-06-02 | フライフィッシング

数年ぶりに友人から釣行の誘いがあって出かけることにしました。

友人も私も歳をとると何かにつれ、所要が多くなって釣行の回数が減っていたのですが3年ぶりに

町内の山岳渓流に向かいました。

入渓してしばらくすると上流から声がするので、タケノコ採りかなと思っていたら釣り人、話をすると

5月に入渓して良い思いをしたので2回目の入渓だったのですが、あまり良くない釣行だったようでした。

せっかく来たので上流に向かったのですがフライには全く反応なし、友人のルアーは2回フッキングがありましたが

痛恨のばらし、友人も私も姿を見ることがない1日になりました。

     

     
第2滝、この場所が素晴らしいポイントですが友人が1匹バラシましたがルアーを追ってくる魚の姿はありませんでした。

     
最後のポイント、いつもビックレインボーがいますが今日は出ません。

コメント

散々な釣行

2017-07-29 | フライフィッシング

自宅を6時に出かけ現地入渓地点に着いたのは6時30分、この時間帯なら先行者がいないと

確信していたとおり誰もいなく入渓。

いつものとおり、入渓地点は全く反応がなく30分ほど進むと最初のあたりがあったのですが

小さなにじちゃんばかり、このころから渓相がすばらしくなってきます。

最大のポイントでフッキングしますが、岩陰に潜られてライン切れ、次のポイントでもまた、

ライン切れ、この川の一番のポイントでグッドサイズも格闘の末、ライン切れ、今日は釣れる

気配がなく納竿にしました。

遡上する際には藪漕ぎで、ロッドのガイドを木に引っかけて壊れてしまい最悪の日になって

しまいました。

帰り道に下流から6人ほどの団体さん、沢登りをする人たちで、話をすると同級生の沢登り

では北海道の著名人「genさん」の知り合いでした。

自宅に戻ったのは10時、4時間の釣行でした。

      
      最後の滝が見えるポイント、ここでもライン切れでした。
      

      
      セルフタイマーで自撮してみました。

      
      山アジサイが綺麗ですね。
      

コメント

単独釣行

2017-07-01 | フライフィッシング

ようやく初夏らしい天気恵まれた日で、自宅を7時に出かけ地元の小河川に向かいました。

この河川は3年前に集中豪雨で見る影もないほど荒れてしまった川になり、そろそろ現状回復した

のではないかと行ってみたのですが、いつもの駐車場に先行者の車が3台あります。

ナンバーを見てびっくり、石川、香川、札幌ナンバーどうなっているの?

すぐに諦め、下流域に戻り入渓しましたが、写真のようなヤマメが釣れるだけで良型ヤマメが

出ないので、2時間ほどの釣行で帰りました。

午後からは山小屋の草刈り、16時に自宅に戻りガーデンを見ながらビールを飲んでいると

甥っ子のK君から電話、近隣の河川でビックサイズのニジを仕留めたと嬉しそうに報告があり、

サイズ?はと聞くと60.5・・・・・・・・!すごい・・・・・後日、写真と動画を見せてもらいます。

      
      この時期のヤマメはパーマークがとても綺麗ですね。
      

コメント

ライズ

2017-06-24 | フライフィッシング

午後から山小屋の草刈りを終わられてから帰り道に1時間ほど魚釣りをしてきました。

釧路ナンバーの先客がありましたが人影は全く見えなく、下流に向かいながらフライを

流しますが全く反応がありません。

対岸のよどみにいくため、渡渉していると無数のライズを発見、思わず釣れるぞと

息を飲んでフライを流すけれど反応がなく、フライを付け替えて何度もチャレンジ

しますが見向きもしてくれません。

場所を移動して水中を覗くとビックリするほどのアカハラ(うぐい)が溜まっています。

ようやくライズの主が分かり納得、数年ぶりにアカハラの群れを見ることができました。

      反射しているので見づらいのですがアカハラが群がっています。 少なくとも300匹以上いるでしょう。
      

コメント

遠征

2016-07-10 | フライフィッシング

土曜日から十勝方面に弟、甥っ子3人で釣り遠征に出かけてきました。

目的の河川に着くと、いつもより水量が多く渡渉することが出来ないのではないかと気になりましたが、入渓して見るとなんとかなりそうなので釣りを始めました。


天気がよくてハッチが見られますが、たまにライズがある程度でしたが、コンスタントに釣れだしてくれました。

下流域に下るため、何度か渡渉することになるのですが、水量のせいでルートを決めて渡ろうとしますが流されそうになり何度も繰り返しで、下流域を目指します。


ドライフライ、ウエットフライどちらにもヒットしてくれた一日でした。

明日が雨の天気予報ですが、明日も釣りをしようと清水町の知人宅向かいました。

3人ともそこそこの釣果あったので満足した一日でした。

      
      私が出した今日の一匹、53㎝が今日の最高でした。
      
      上の写真と同じものですが、持って写すと大きく感じます。流れの乗ったので#5のロッドでも簡単にはあげることが出来ませんでした。
      
      逃げようとしません。しばらく浅瀬にとどまっていました。     

コメント

久しぶりの感触

2016-06-19 | フライフィッシング

釣り仲間4人で、近くの湖に出かけました。


春ゼミのシーズン中なので、活性が高まる日中に期待を込めて湖畔を目指します。

天気予報に反して曇り空で、数回ライズも見えますが4人のロッドは何も変化はありませんがたまに太陽の日差しが出てくると、セミの鳴き声が一斉

にボリュウームUPしてきました。



ようやく2時間が経って私にあたりがあり、セミダブルのロッドが水面に引き込まれる強い引きがありました。

最近は、足が遠のき湖に行く機会が減っていたので、湖の釣りは数年ぶりだったので、強引な引きにしばらく感触に酔いしれました。

セミダブルなので強引に岸に引き寄せることができ、満足していると甥っ子のK君が来てくれて祝福をしていただきました。


実はK君は、先週から60UPを数本あげたと言うことから今日ここに来ました。

K君は私が釣った少し前に岸寄りでバラシテしまい残念がっている姿を横目で見ていました。

         
         釣りの準備を入念にして、いざ出陣です。バックを背負ったのがK君、最近は60オーバーをゲットし絶好調です。

         
         久しぶりに引ったくりの強引な引きを楽しむことが出来た一日でした。




コメント

シーズン最初の釣行

2016-06-11 | フライフィッシング

今年最初の釣行、弟と二人で地元の山岳渓流に向かう。

自宅を出てから30分、ようやく入渓地点に着いた。

笹が伸びて林道を歩いていくが、行く先が見えないので、熊親父が心配になるが、そんなことを

言っていても釣りにならない。

入渓したが、小さいサイズがフライに向ってくるが、咥えてくれない。

何とか釣れるが小学生サイズばかりだ。

終点の砂防ダムで大物を期待したが出てくれない。

何時もだがこんなものだろう。

初めてなのでちょっと疲れてしまった。還暦を過ぎると足にきますね。

        弟がポイントを狙っていますが、でません。
      
        
        ようやく30cm、が出てくれました。

        
        午後からは山小屋でガーデン整備をします。

        

        

        
        ドウダンツツズがかわいい。

        

        

コメント

十勝川遠征

2015-09-22 | フライフィッシング

9月20日から2泊3日の日程で十勝方面に弟、甥っ子と私の3人で、何時もお世話になっている

清水町のMさん宅を拠点に釣り三昧の遠征に行ってきました。

3日間、十勝晴れに恵まれたのですが、釣果のほどは対した結果になっていません。

友人のMさんの還暦のお祝いをしながら、いつものように夜は楽しい宴が2日間あって、

釣りの疲れと、夜のアルコールの飲み過ぎで自宅に帰ると疲れが一気に出てしましました。

それでも、十勝川の本流、支流を探索できたので次の遠征に役立ちました。


十勝川本流水量が安定して入渓しやすかったのですが、釣果は期待をしたのでしたがちびちゃんばかりでした。
    
弟、甥っ子、夕まずめのポイントですがライズはありません。

    
2日目に入渓した良型のあめます、甥っ子のルアーにヒットしました。 とても目が大きく感じます。

    
私がかけたあめますですがちょっぴり痩せています。

    
上流部にあった松浦武四郎の野宿地の碑、1858年3月13日に蝦夷地の探索した時に立ち寄った場所です。

    
2日目にMさん宅の車庫で還暦のお祝いを兼ねたBBQで盛り上がりました。中央がMさん、私も還暦を迎えましたが、Mさんは

1カ月、遅い還暦になったのですが、ちょっと遅いお祝いでした。

遠征のときはいつもお世話になって大変有難く思っています。 Mさん、ありかとうございます。

    

コメント

真夏日の釣行

2015-08-02 | フライフィッシング

今日は久々の釣行、弟と峠を終えたところにある河川を目指しました。

弟の自宅から30分ほどで到着、峠を終えると夏らしい青空が広がっていました。

事前の情報で、甥っ子が2週間前に入渓して大物をばらした場所に向かうのですが、あまりにも気温があがり

反応があまりありません。何とかかけた1匹目は、尺以下のにじちゃん、大物がいそうなポイントに着きましたが暑さのせいか

全く反応が無くてここから入渓地点に戻ります。

車に着くとちょうど11時半、ちょっと早めに食事を炎天下のしたでいただきます。

30分ほど休んで、今度は友人が3日前に入渓して大物を3回ばらしたポイントに向かいます。

下流よりも良いポイントが多くありますが、ちびにじがたまに出てくるだけで、手ごたえのあるサイズは一向に

姿を出してくれません。

上流で弟のロッドが結構しなっているので、いくと40cmほどのにじをあげていました。

その後も反応がなく今日の釣りを終了することにして、帰り道にある温泉ホテルの日帰り入浴を

することにしました。大きな風呂にゆっくりと浸かって体を休めて帰宅しました。

        
弟が40をあげたポイント、中央の白泡にフライを流すと出てきたそうです。

        
こちらは我家のガーデン、チョコレートサンデーが咲いています。

        
ホップが大きくなってきました。

コメント

プチ遠征

2015-07-05 | フライフィッシング

昨日から帯広方面に遠征に弟と甥っ子4人で行ってきました。

土曜日は、曇り空で帯広地方は午後から雨マークがついていたのでどうかなと

思っていましたが、何とか夕方まで持ってくれました。

現地到着は11時、入渓地点に室蘭ナンバーに車が2台駐車していたので、

先行者が上流なのか下流なのか心配しながら入渓すると二人がフライを振って

いたので、聞くと一人が上流に行ったと聞いてちょっとがっかりしながら釣り始めた。

いつものビックポイントで10ほど投げるとフライに向かってきたあめますがヒット

最初は小さいと思っていたのですが、なかなか姿が見えてこないのラインを撒いて

引き寄せるとまあまあの大きさ、流れがきついので自分であげれないと思ったので

上流にいた甥っ子を読んで何とかネットインできました。

姿を見ると丸々太ったアメマス、10分位のやり取りがあったので右腕がパンパンに

なってしまい筋肉痛になってしまいました。

今回の遠征は自分だけが40センチオーバーを3本そろえたので満足した釣行になりました。
         
46センチですが胴体がとても太くて銀色のアメマスでした。


         
2匹目の44cmこれも銀色です。

         
夕まずめを狙ったのですが気温が低く水温が冷たくて体が冷え切ってしまいました。

帰りは新得駅の横にあるトムラウシ温泉のお湯を運んでいる温泉に浸かって体を温めます。ここから15分位で清水町の友人宅

宅に向かいます。

         
今日は午前中の釣行をしてお昼に美味しいそばをいただきました。12時前に到着したので、並ばないで入店できました。

         
今日はとりごぼうそばを頼みました。これは温かいたれと冷たいたれがついているセットです。

コメント

山岳渓流

2015-06-21 | フライフィッシング

弟と二人で、プチ遠征、最初に入渓したところは全く反応がないため、場所を移動して支流に入った。

崖を下って入渓するとそこに先行者がいたので、挨拶をして遡上するのか確認をすろと

右手側の沢に向かうというので、私たちは左側の本流に行くことにした。

すぐに大きな砂防ダムをたかまきして上流に向かう。

20センチ前後のニジチャンがポツポツを釣れ始める。

この沢で2時間ほど遊んで、帰りに温泉に浸かって帰宅した。

      
弟がにじちゃんをかけています。

      
こんなクラスが釣れました。

コメント

災害の爪痕

2015-06-07 | フライフィッシング

今シーズン最初の釣行に甥っ子達と地元の山岳渓流に出かけた。

この渓流は地元の数ある河川の中で、渓相が良く、超大物が潜む最高の穴場であった。

しかし、昨年の9月のゲリラ豪雨で下流域の牧草地や大型ハウスが濁流に飲み込まれた大災害になった。

5月に甥っ子達が下見に行ったが林道が途中で決壊し、徒歩で歩かなければ入渓できなく、遡上する

途中でザイルを使用しなければならないところがあると分かった。

前日にホームセンターでとらロープ50メートルを購入して入渓した。

遡上して最初の難所に何とかロープをかけてよじ登った。しかし、入渓した所から以前の渓相が消え

全く違う渓流になってしまった。

遡上して1時間ほどで、これ以上進むことが出来ない所に着いた。

最終の滝つぼまではもう少しの所なのだが、諦めるしかない。もう少し大がかりな道具が必要なので

次回に攻めることにしょう。

もうひとつ驚いたのは、魚影が全く見えない、甥っ子の一人はルアーなので、魚がいれば必ず魚影が

見えるはずだがいない。昨年の洪水で魚ごと流されてしまったのか?・・・

 

      
入渓地点右側に砂利が堆積してしまった。川全体が岩盤で両側が林になっていた。

      
赤丸の所に流れがあったが川が右側に移動してしまった。このポイントで60オーバーを写真の甥っ子があげている。

      
昨年の春になかった大岩が転がってきた。

コメント

釣行

2014-09-07 | フライフィッシング

 秋空の爽やかな日に、地元の小渓に弟、甥っ子、3人で久しぶりに出かけてきました。

先週に雨が降って、やや増水ぎみの小渓、期待をしながら釣りあがったのですが

エッサマンが入ったのか望む釣果はありませんでした。

超大物が2週間前にいたという場所も残念ながら魚影は見ることが出来ませんでした。

              
甥っ子が藪の陰から狙いすましてルアーを流しますが、反応がありません。

              
このようなザイルを使うところがあってちょっとスリリングな小渓です。

              

コメント