クルシャの天地

ラガマフィン(猫)のクルシャ君。飼主はあらゆる秘密を彼に伝授する。

梅の盛りの天神社

2020年02月17日 | 取材報告


京都の天満宮というと、北野と大体決まっているようなことに
なってますが、飼主がいつも寄るのはこちらさま。

道真が産まれた場所とかで、居館もこちらにあったようです。






その道真が、梅を愛する心を育んだ場所なので、境内は昨日の
梅の満開を迎えて、清芬あたりを払うといった天神社らしい
空気で満ちておりましたよ。









暮れかかっていたので、梅の白さは浮かんでくる雰囲気。

今日はずっと雨降りなので、昨日撮影しておいて良かったかな。









このとき、観梅に来ている参拝者は飼主ひとりでしたけどね。










田舎の春の素朴さによく似合う梅が、飼主も大好きなわけで
狛犬の獅子もクルシャ君に似ているようでもあり、嬉しい。










冷たい雨が降ってきたので、来週まで、まだ楽しめそうですよ。








 

コメント   この記事についてブログを書く
« 箱正月 | トップ | 紅梅もある花盛り »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

取材報告」カテゴリの最新記事