里山コスモスブログ

シラキ(白木) ナンキンハゼに似た花と果実












上:シラキ     下:ナンキンハゼ

シラキ (白木 トウダイグサ科 シラキ属 学名Sapium japonicum 落葉小高木 花期5月頃 果期10,11月) 和名は材が白いことに由来する(未観察)。葉は互生、葉身は広卵形、縁は全縁、葉脈はやや湾曲し縁に至らず。5月頃枝先に上向きの穂状の総状花序をつける。雌花は花序の基部に長い花柄を伸ばしてつく。花柱が3裂しカールしている。その上方に花柄を持つ雄花が多数つく。果実(さく果)は長い果柄につき、3稜からなる直径1.7cmほどの扁平球で、花柱が宿存している。秋に褐色に熟すと3室に裂開し種子を散布する。種子は脂分を多く含み、斑模様がある。紅葉が大変美しく、その紅葉から下垂する果実は涼しげで風情あり。
属名Sapium ラテン語Sapiumは風味。ラテン古名で粘るという意から来るとあるが不詳。英語Sapiumはナンキンハゼ。ナンキンハゼはトウダイグサ科の落葉高木で蝋が採取される。花序はシラキと同様に基部に数個の雌花がつき上部に多数の雄花がつく。以前シラキ属に分類(Sapium sebiferum)されていたが独立してナンキンハゼ属になった(学名Triadica sebifera 子房が三室に分かれ、果実は脂肪分を多く含む意)。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「樹木 花と葉と果実」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
2019年
人気記事