矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

自分さえ良ければの孤独の自由が必要なのは…自分の精神体のためです。

2018年04月22日 | Weblog
宇宙自然界から見ての…人間として生きている価値ではなくして…
己の好き嫌いの感情や己の思いでもっての善悪優劣損得で判断したその価値観でもって生きているところが大いにあります。

すなわち宇宙自然界から見た価値ではなくて…己の思い思惑や感情でもっての価値観で動いているのです。

だから不完全にして矛盾に満ちているこの世人間界の中で…面倒なことや無駄で余計なこととなる特別な事を成して…満足したがる・自慢したがる・見せかけたがる・目立ちたがるのです。

ちなみにそれが自己主張や堅持ともなり、また見栄であり世間体や自尊心を満足させることにもなっているのです。

然るに衣食住でもって生きている価値・事実を味わっているのではなくして…己の思い感情で生きていることにもなるのです。

早い話が肉体や感情体に拘り執着しての価値観・喜怒哀楽を味わうも…人間本来の精神体で生きることの価値が疎かになっているということです。

だから自然界と調和しながら生きて、その自然界の諸々の価値を味わうことよりも、人為人工的な変化刺激の価値観に富んだ諸々に拘り執着することにもなっているのです。

そして己の思い感情から評価判断していることは…現れ出た事実価値ではなくして…仮そめの仮想の世界・思いの世界の価値観という…非実在の想像の世界で生きていることになるのです。

しかも欲絡みからして人が集まり、そして束縛制限しあったり、否定反発しあったり、比較競争差別しあったりしているのですから、
自由平等調和のないのが当たり前ですし、また不完全にして矛盾偽善意識に満ちた世界で生きているのですから…
この世人間関係だけは「どうしようもない」のが事実なのです。

なのにその自覚がなくして生きていいれば…人間として生きているのではなくして…己の思い感情の世界・夢幻の白昼夢が如くの世界で生きているのと同然になるのです。

だから納得できないままに・拘り執着未練を残した…思い残しのある人間人生で終えるのです。

然るに思いの世界・白昼夢が如くの生き様から目覚めて…生きている価値を自覚し納得できる生き様に修正改革する必要があるのです。

だから欲と不満とその執着から卒業するために…欲張らない実践と個人の自由にして…
己の精神体のために生きる…自分さえ良ければの個人意識丸出しの正直さでもって…
その人間関係から離れた孤独の自由が必要にもなるのです。

然るに…宇宙生命体の一員として…
然るに自然界の仲間として…己の精神体・自力自信の精神力を育み育てるために…矛盾偽善意識から卒業するために…大元の宇宙意識・神意識・愛意識となるために…意識次元上昇のために…

地球自然界が仕組まれ、人間が誕生し、実在しているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自らが<幸せを放棄>してい... | トップ | 納得できなければ不満になり... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事