矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

自らが<幸せを放棄>していることに気付いていますか、

2018年04月20日 | Weblog
人間として生まれたからには自己中心にして思い考え行動する個人意識を誰もが公平にして持っています。
だから恥ではありません。

ゆえに「自分のため」個人の自由にして思うがままに生きるのが人間本来の道であり正直者になります。
…ちなみに…私は世間や家族から離れた孤独の自由にして・自分だけの幸せ・自分が納得した生き方を味わっています。

ところが私は世のため人のために何かと尽くしているとか…
また個人意識はダメよと促し諭している輩のほうが…
世間に善人ぶる・見せかけ・見栄っ張り・思い上がりの偽善者になります。

そして何よりも人間は生まれた時から「欲」を持っています。

となれば自分さえ良ければの「個人意識」と「欲」がセットになっているのが人間です。

だから己一人して欲張っているくらいなら大したことにはなりませんが…
しかし同じ欲を持った人が多く集まるほどに大ごとになります。
…ちなみに…古今東西の歴史史実がそれを示しています。

また人が集まれば何かと束縛制限したり否定反発することにもなり、また比較競争して差を付け合うことにもなります。

と言うことは…不自由・不平等にして矛盾偽善のある不調和の人間界の中で私たちは生きているのです。

となれば…不完全意識にして矛盾に満ちたこの世人間界でもって…まっとうに生きていくには・安心安全健康健全のためには…欲張らない実践しか他に道はありません。

また数に限りがある有限の世界ですから、欲張ることは生活弱者を虐める罪作り加害者にもなりますから、俗にいう天罰が如くのしっぺ返しが我が身に起きることにもなります。

だから欲張っている限り…天地がひっくり返っても…絶対に幸せにはなれないのです。

然るに欲張ることは自らが「幸せを放棄」しているのです。

ところがその自覚認識が欠如しているから…この世人間界がヘンテコになり、またどうしようもない状態のままに時代が推移して文化文明が進化発展するも…
生きていることの幸せを実感できない・どっちつかずの中途半端な満足感・価値観で生きているのです。

然るに欲と不満からしての喜怒哀楽でもって生きていて・そのストレスからして心身を痛めているのです。
またそれが原因からして老後が困ったことにもなっているのです。
特に要介護や認知症が増えています。

ちなみに不完全にして矛盾偽善に満ちているこの世人間界で<幸せ>とは…ストレスのない精神安定にして生きることしか他にありません。

それを言い換えれば…肉体や感情体に拘り執着し欲張ることから卒業して・喜怒哀楽のない・ストレスのない・心穏やかな精神体でもって生きていくのが人間本来なのです。

ちなみに個人意識丸出しにしている私に良いことは他の人にも良いことなのですが、ただ人それぞれに思いが異なることからして…肯定する人や否定する人がいるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« このブログではこの世人間界... | トップ | 自分さえ良ければの孤独の自... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事