矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

欲張らない実践は三次元を超えた真理です…だからアセンションが言われているのです。

2018年04月14日 | Weblog
いま思えば…過去の私が精神世界に無関心無頓着だったと言うよりも…違和感や不信感があっての事でした。

そんな私が宇宙・神・愛の仕組みの必然ご縁で仕組まれ…霊魂の世界・想念の世界の愛を説く霊能者が我が家に来られたことからして…いきなり精神世界に目覚めた格好になり、そして現在があります。

ちなみにその頃は西暦2000年の世紀末が騒がれていたころですが…その頃すでに人間関係の矛盾不調和に違和感や不信感を持っていました。
それゆえに霊能者が説く自然体の愛を素直に理解できて納得したことからして目覚めたが如くになり…そこで人間関係の違和感不信感と併せてニフティに投稿するようになったのがブログの始まりです。

そして何度も書いているように…娘夫婦が望んでいた田舎暮らしのお鉢が私に回ってきて(仕組まれて)…結果的に2000年のシドニーオリンピックの開催日が私の過疎地暮らしの始まりとなりました。

しかも霊能者との不調和からして離れていた時に…その娘から山田耕栄さんの完全真理の録音テープが届けられ…暇ついでに聞いたことからして…これまた一気に目覚めました。

何でこんなこと・仕組まれごとをいちいち書いているのか不審に思うかもしれませんが…
私が無縁だった精神世界・霊魂の世界に目覚め・また完全真理が此れしかないとばかりに納得確信となったことは…
前もっての学識知識教養があってのことではなく…
私の意識が原因からして仕組まれ続けたことだと明記したいのと…
気付き目覚めるだけの要素・前世の学びで・すでに我が身に備わっていたことを書き添えるためです。

簡単に言えば…それなりの専門知識や学識知識教養があってのことではなくて…私が気付いたことを私の中の精神に自問自答しての結果なのです。

…ハッキリ言えば…私が自ら切り開いた・私だけの道なのです。

そして自惚れついでに書けば…欲張らない実践真理を「お伝え」するために…宇宙・神・愛の仕組みから選ばれし者なのです。

更に自惚れ慢心からして書けば…欲張らない実践は…人間界の次元を超えた実践真理なのです。

ちなみに政治経済や指導教育や文化芸術や伝統などの諸々を動かすには…人集め金集めの勢力がなければなりません。

しかも巷の精神世界・神仏霊魂の世界・信仰宗教やスピ系にしても同じでして…人集め金集めの勢力がなければ何ら注目されることなく消滅します。

然るに…欲を持った人が集まらなければ何も始まらないのが人間界なのです。

だから欲張らないということは…この世人間界の次元とは異なっているのです。

だから欲張らない実践なんて…できっこないのも…当然と言えば当然なのです。

そこで結論を速めれば…不確かなこの世人間界だけに巷で終末予言が言われるのも当たり前なのですが…時を同じくしてアセンションが言われているのも…

矛盾に満ちたこの世人間界と関係ないところで…己一人が離れて・孤独の自由にして・己の自力自信の精神力で独り立ちし・恵まれた自然界の中で生きていることで十分となった・諸々の欲から卒業できた人に訪れる「その時」が…アセンション・次元上昇なのです。

然るに…此れではダメだ何とかしなければと欲と不満からして人が集まった…弥生時代以降の太陽信仰意識が消えるときがアセンションなのです。

と言うことは…人が集まる必要がなかった…勢力争いがなかった・逃げるが勝ちにして人殺し戦争のなかった…成り行き任せの自然体にして・素朴謙虚で心静かに暮らしていた…縄文時代が如くの意識に戻ることになるのです。

だからこのブログが原因からして人が集まることもありませんし、その必要もないのです。

ゆえに人それぞれの個性性格に似合った個人の自力・自己結果と自己責任でもって生きながらにして…それが精神の学びの積み重ねとなればいいのです。

またそのためにも肉体や感情体に拘り執着することから卒業しなければ…その変化刺激快感快楽に惑わされ…気付き悟ることになる精神体が疎かにもなるのです。

とどのつまり…精神体でもって生きるのが宇宙生命体であり・その肉宮を持った人間の役割使命なのです。

またそれが無限に続く宇宙の進化拡大につながっているのです。
コメント