気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイケルが逝ってしまいました。

2015年12月23日 | 

 

10月31日マイケルは、逝ってしまいました。

何度も書こうとしたけれど・・・書けなくてこんなに時間が経ってしまいました。

姑や実母の死も続いてその合間にタマ・梅と逝って・・・マイケルもその時が来てしまった。

このマイケルが、本当に私にベッタリで他の猫たちと少し違っていたんですよね。いつも私を見て私が悲しいとき、楽しい時、辛いときを本当にそばで慰めてくれて私はどんなに助けれたことか。

にゃ~~ん、にゃ~~んって大きな声で鳴いてグリーンの眼でじーーーっと見つめて寝ている私の髪の毛を引っ張ったり、頭を甘噛みしたりしてました。

主人が餌をあげていてもマイケルの私に対しての気持ちは、変わることなく私だけ特別な感じでした。それは私もマイケルに対して同じだったんですよね。

亡くなる数時間前、ベッドの載せて横に寝ました。ゴロゴロして小さな声でにゃ~んって泣きました。

さよならって言ってたのかもしれない。

私が仕事へ行っていたので、その間主人が良く介護してくれました。

親が亡くなっても夢見なかったのに、マイケルは感じました。傍にいるのを感じました。私の枕まわりを歩く感じ。

指先に触る毛の感触。

それも今は、無くなりました。本当にさよならしちゃったんだね。

思い出したら、今でも悲しくて・・・書きたいことは山ほどあるけれど書けないんです。

今年ももう少しで終わり、やっと報告できました。

マイケルさようなら。そしてありがとう。タマや梅と会えたかな?

マイケルの亡くなった日は、私の父と同じでした。

調子悪くなる1か月ほど前のマイケルです。

コメント