気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

問題児の梅亡くなる

2014年10月28日 | 家族

また時間が経ってしまいました。

家の周りの木々は、黄色やオレンジそして赤ととても鮮やかになっていて・・・その葉も風に乗ってハラハラと落ちて

きます。

今日は、雪マークだったのだけど6時半に目覚めたときには降っていませんでしたがとても寒い(市内のどこで降ったのかな)。

風邪をひいて喘息が出て昨日は、1時間早退して今日は休みです。

じーとしてるとそんなに咳き込むこともないんですけどね。でもたまにこうしてパソコンに向かう時間もいいかな。

先月9月27日飼い猫が、亡くなりました。ここのブログの私のアイコンの梅です。

小さな時から気が強い猫ででも甘えてくる猫でした。

姑が亡くなった頃から異常な食欲を見せて、人間の食べてる時も容赦なくなんでも食べようとしていて・・・

そのうち痩せ始めたのであれ?って思い、甲状腺の病気?と思い病院で血液検査をしてもらいましたがその結果

は出なく。腎臓も年相応だけれど治療が必要と言うほどではないと。

どんどん食べるけれど痩せていく。お腹が満たされないから食べたがる。そしてたまに吐く。その繰り返しで痩せていく。

病院へ行き、超音波で診てもらうと腸の中をすごい勢いで何かが流れて行ってると言う。通常の猫はこんな流れ方は

しないと言う。全身麻酔をかけて詳しく調べる体力もないだろうしとそのまま様子を見ることに。

梅は頑張ります。食べて食べて必死に生きようと栄養を蓄えようとしていました。

背中の骨が、出てきて・・・口の中は白くなってきて栄養失調です。強い貧血症状も出てきました。

鉄分を注射してもらいましたが、追いつきません。

ふらふらしながらも私が仕事帰ると廊下の柵の間から小さくなった顔を出して待っています。

食事もだんだん摂れなくなり、最後は高カロリーのミルクを飲ませました。とても喜んでたくさん飲み、最後に柔らかいブラシでブラッシングをしてあげるとお尻をぐーんと持ち上げて喜んでくれました。もう後ろ足はヨタヨタで立つのもやっとなのにね。

翌日仕事の間末娘に居てもらい、仕事から帰ると廊下に迎えに来てませんでした。

そして1時間後ミルクを少し舐めって私の腕の中で亡くなりました。15歳です。

結局なんの病気だったのかはっきりしませんでしたが、消化器の病気だろうということでした。先生もこんなふうに餓死する感じで亡くなるのは、珍しいとのお話でしたが。

梅頑張ったねぇ。

ブラシにまだ梅の毛が絡み付いているよ。餌の場所で梅が横たわってるのが見えるようだよ。

でも辛かったね。お腹空いてたね。

お空のうえでタマと会ってるかな?遊んでるかな?

今までありがとうね。

コメント (6)