気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ばあちゃん悲しんでる暇ないよ②

2014年05月04日 | 介護

香典の収支教えろよ!と電話よこした次男。

教えるのは、別になんでもないことですが怒鳴るような事ですか?

告別式の夜に、電話で文句言うようにですよ。

初七日に叔母さん(姑の亡くなった弟の嫁)と次男の嫁が来ましたのでわざと・・・香典の金額やら葬儀の詳細をコピーしたものやら茶封筒に入れて

叔母さんの前で「弟に頼まれてた収支です」と主人が、渡そうとすると。

次男嫁は、目配せして(叔母さんの前で辞めて!みたいな)受け取らなかった。ムカついたので旦那に続きどうぞって言ってやりました。

いい人ぶって、陰で請求してたくせになんなの?

何日か後に、郵送しましたよ。

葬儀が、家族葬的にしたのが面白くなかったようなので四十九日を小さな会場で行うことにしました。

特に大勢呼ぶわけじゃありませんが、仏壇のあるばあちゃんの部屋には10人は入れませんので。しかしこれにも文句!わざわざ会場なんかでやらなくてもいいのにと・・・

もう何やっても文句言うんでしょう?違うの?

さてとそれからです。

三男と次男でびっくりするような話になっていて情けないと言うか、もう私本当に人間不信と言うか・・・やっぱり次男の事許せないです(ごめんね。ばあちゃん)

それは、お通夜の日の日中の出来事

主人が私の母の事を次男に話したのです。私は心の中で話さないでほしいって思いましたが目の前で話しているので止めることができません。

でもその内容は「おふくろと同じ病院に転院してくる予定なんだ」みたいな・・・「今おふくろみたいに、点滴だけになって」

次男の顔つきが変わりました。『兄貴も変わってるけど、男の兄弟居ないのか?』気づかない主人は「兄さん居るけど埼玉だから、札幌に居る姉さんと看てる」

そしたら次男『普通は、息子が看るの当たり前だろう!なんで兄貴が』

私がえっ?????!!!!と声を出した所で主人もようやく気が付いたようで「違うよ。札幌で受け入れてくれる病院がおふくろの入ってた病院だけっだった」と   私もまだはっきり決まってもいませんよ。

それで納得したと思ってましたよ。

甘かった。

はぁ~~~~~。

私の母親を看るためにさっさと施設に追い出して亡くなったらさっさとばあちゃんの部屋に自分の母を置くみたいな。

そんな話になっていて私は、やっぱりひどい嫁として次男と三男の間でされてたみたいです。

あり得ない!!!!

てか、私の母は今胆のうの手術も結局できなくて(肝臓に癒着の恐れあり)管を入れていて・・・

結局食事できない上に、熱も出ていて点滴だけであり・・・

93歳ですし長いことはないだろうなって思ってます。

札幌までも熱があり、連れて来れないでしょう。

なのになのに、何も知らない義弟達ひどくありませんか?吐き気がします。人に対して吐き気がするのは初めてです。

ばあちゃん、ごめんね。

私ね、義弟がうるさくてもその裏にはばあちゃんの事が心配で心配で私がちゃんと看ててくれてるか不安で

あんな感じになるのかなって頭のどこかでは、そう思いたいなってところあったんだよ。

でもね、酷すぎるよ。

私同居しなければ良かったのかな?最初から施設に入れたら良かったのかな?

ばあちゃんが長男(主人)の事大好きで一緒に住みたいって知ってたから・・・私同居して喧嘩もしたけどいろんな事あったけどばあちゃんの気に入る嫁じゃなかったろうけどさ、頑張ったんだけどな。。

どうしたら良かった?

同居してからずーーと言われて亡くなってからも言われて、主人もクタクタです。

見てると可愛そうになる。なのに話しているとやり場のない気持ちで夫婦喧嘩にもなってしまいそうになる。

ばあちゃん『兄弟仲良く』ってよく繰り返し言ってた意味、次男と三男にはわからないんだね。

私の母親まで巻き込まれると思わなかったよ。

コメント (6)

ばあちゃん、悲しんでる暇ないよ①

2014年05月02日 | 介護

少し落ち着いた・・・。

いえいえ気持ちは、何も落ち着いてないかもです。

ばあちゃんは、4月に疥癬が良くなったと言われたのとほぼ同時に熱が出始めました。

背中と頭に、アイスノンをして眠ってました。

39度になったり37度台になったりの繰り返し・・・そのうち脈拍が、170くらいになって息遣いが荒くなっていました。

抗生物質の点滴・・・黴菌が入ったようです。

なかなか抗生物質が、効かずばあちゃんの息遣いは本当に辛そうでした。担当医から「心臓が、もってるから動いているけれど・・・」と

全速力で走ってるようなものだったのでしょう。

 

ばあちゃん、そんなに走ってどこに行こうとしているの?

同じ部屋に居た人が、移されました。

遅番の仕事に行く前に、会いに行きました。

娘たちにも会いに行かせました。

義弟にも連絡させました。

そして次の日の11日亡くなりました。最期に全速力で走り抜けて逝ってしまいました。

夜中の電話で急いで駆け付けました。20分ほどで着きましたが、間に合いませんでした。

近くの病院に居ても間に合いませんでしった。

ほんの10分か20分悲しんでいたかな?

後は、葬儀の事など考えることやることが多すぎて悲しむ暇もありません。

次男は、仕事で郡山に居ました。三男は、仙台です。

まっすぐ、会場へ運び仮通夜です。主人と2人でバタバタと出たり入ったりしながらばあちゃんと一緒にいました。

次男が、夜10時ころ娘2人を連れて会いに来ました。嫁はいませんでした。

戻るような事を言って戻りましたが、そのまま朝6時まできませんでした。その時も嫁は来てません。

嫁は、通夜の日の湯灌の時まできませんでした。

私たち夫婦は、ばあちゃんが病気になってから10年近く経つし親戚ともほとんど10年近く付き合ってなかったので親近者だけの家族葬と考えていました。

それでもたくさんの親戚は、来ていましたが。。。。

このことも次男は、気に入らない。

通夜ぎりぎりに着いた三男は、着いてすぐに明日の告別式や繰上げ法要は何時に終わる?何時の飛行機には乗りたいとか。。。

札幌では、お香典をもらった方にお茶やのりなど1000円前後のものをお返しします。

お香典の金額に関係なくです。

火葬場まで行った方には、食事を出し繰上げ法要まで居てくれた方には忌中料理のお弁当と引き出物を渡しています。そのほかに供物やお花を分けます。

仙台では、半返しのようでまず。。そのことをこの香典返しでは足りないと。

しかもです。

香典は、全て封を開けて現金と封筒を別に持ってきました。。。ぐちゃぐちゃにされていました。

そんな中でやっと家に帰り祭壇を作ってもらい。

夕飯を自宅で食べていると次男から電話。

「香典の収支ちゃんと教えろよ!」と興奮してかけてきた。

 

 

コメント (2)