気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実母・・・良好かな

2014年01月26日 | 介護

22日に仕事が、3時半に終わってからで病院へ向かいました。

途中雪が、すごいのですぐ通行止めになる高速は乗らず3時間ちょっとです。

母は眠そうでおしゃべりはあまりしませんでしたが、帰り際目を開けて寂しいと涙を流してました。

先生の話によるととても元気みたいで車いすで、詰所にたまに連れていきお話しているそうです。

ベッドの上に居る時は、拘束しています。点滴や胆嚢に入れてる管を取ってしまうためです。

検査結果は、熱もほとんど無く・・炎症数値も40以上だったのが5まで下がりました。後は食事をまだ取っていないのでこれから食事を始めて胆嚢が、炎症を起こさないか様子見ながら食事をするそうです。

食事をしてまた胆嚢が、炎症を起こすようであれば・・・胆嚢を取る手術が出来ないので食事しないで点滴だけになってしまうかもです。

あ~~~・・・なんとか、胆嚢が大人しくしてくれますように。

卵巣も見ると大きいのですが、心配ないと思いますよと。膿腫が何かだと思いますがそのままでいいでしょうと。

90超えてると開腹するといろんな物が、出てくるそうです。

進行も遅いのでそのままの方が、いいそうです。

順調に回復しますように・・・。

姑は点滴だけですが、変わりなく状態は落ち着いてます。

面会に行くとたまに起きていて、声をかけるとうなずきますがそれが答えなのかどうかは神様だけが知るって感じです。

でも主人を見たときは、ちょっと違うように思います。

やっぱり親子だなぁ。

PS,私も16日から仕事始めました。なんとも5年ぶりくらいなので緊張です。

   なんせ主人が退職してからダラダラしすぎましたから早起きするのも大変

   でもなんだか緊張感や規則正しい生活に新鮮な感じもありワクワクとした感じもあります。

   また、その辺のお話は改めて

コメント (4)

母のその後

2014年01月09日 | 介護

母の病院へ行ってきました。

日曜日に先生のお話を聞いたところ、胆のう炎を発症してそこから膿がはみ出した?

胆嚢のまわりと横隔膜の下に膿瘍があるとのこと。

その為白血球も多くなり、炎症の数値も40超え熱は40度ありました。

通常肺炎で入院となる人も炎症の数値は、せいぜい10くらいとか。

40以上なんて1年に1人2人くらいしか受診が、ないとの事でした。

胆嚢には、石が見えませんが無石症の胆のう炎らしいです。

回復して胆嚢を摘出するのが、1番ですがなんと言っても高齢93歳なので管をいれて出すことに・・・

月曜日に管を入れて

今日行くと痛みもだいぶ無くなったようですごくおしゃべりもしていました。

暗くなるから早く帰りなさいと何度も言ったり、私をみて可愛いね~と姉をみて

『あんんたの子供かい?大きいね』と

何もやるものないからこれ持ってけと・・・小声で話し・・・点滴を指さします(笑)

点滴かぁ~~~~~貰えない(笑)

それにしてもどうなるかと思ったけれど今のところ大丈夫そう。

あとは、お腹の中に散ったばい菌が、抗生物質で死ぬことを祈ります。

なんせ札幌から3時間。

雪道なかなか行けません。姉と相談して札幌の施設か病院を探してみようと思ってます。93歳。退院してもきっと何かこれからあるかもしれません。

すぐ顔見れるように、探してみたいと思ってます。

コメント (4)

今度は母が入院

2014年01月05日 | 介護
昨日4日は、美容室に行ってきました。帰宅すると実母(93歳)が、入院したと姉から連絡です。

地方なので明日と言うか朝になったら車で向かいます。
横隔膜に膿ろう?が出来たとか?そのため便が出ないとか。
よくわからないのですが、今日5日先生の話を聞いてきます。

高齢なので、何があるかわかりません。
暮れに行ったとき、便が少し出たけれどお腹痛いと言って機嫌悪かったのはこれが原因だったのかもしれませんね。
コメント (2)

8年続けてます

2014年01月04日 | 
このブログ8年と2ヵ月過ぎました。
いやぁー、いろんな事がありました。
このブログの前に書いていたものは、綺麗さっぱり消えてしまった(笑)あれも何年も書いていたのだけどなぁ…。

今年も書きたくなったら書く。
この適当な精神で行きますわ。

さてと私は、今月中旬から仕事に行くことになりました。
昨年主人が、退職になり2人でダラダラとまったりしすぎてる毎日を過ごし
このままでいいのか?って思うようになりました。
主人は、定年まで頑張って働いてくれたので特にこれからのことは自由にしてくれたらいいと思ってます。

私は、今年51歳。
姑も療養病院に、入り家には戻れる状況ではないので
私が、これからも元気で居られるように自分の為に働きたいと思ってます。
もちろん水泳も続行します。

今年もまたまたバタバタするんだろうなと思いますが、バタバタできてるうちが幸せなのかな(笑)
コメント (2)

2014年あけましたぁー。

2014年01月01日 | 
2014年かぁー、バタバタしてる間に年があけました。
昨年は、姑の腸閉塞。手術 入院 施設退所 

末娘の彼とママがNew Zealandからきて…

彼の就職 娘の引越 主人の退職

末娘の結婚(式は、今年の夏)

それからそれから…まだ何かあったような??

そうそう彼の終身雇用も無事にきまりました!

そして、30日彼の親友が旅行の途中で札幌に寄ったので大晦日は彼も一緒に年越しです。

一気に国際化してる我が家です。
次女の二番目の男の子は、全く違和感なく相手が英語だろうが目の色違おうが慣れたようです。

刺青もお絵描きと言ってました(@_@)

国が違い色んなことが、違って戸惑うことも多々あります。
刺青もその一つです。

まあ、じょじょに慣れてもらい私たちも慣れるしかありませんね。

大晦日は、すき焼き囲んで英語や日本語が飛び交いました。

我が家に、外人がきて一緒にすき焼き食べるなんて…
想定外でしたね(笑)
先の事は、わからないものです。

今年も姑の事、母の事、孫や娘たち、主人のこといろんな愚痴がでると思いますが…
お時間ありましたら、お茶は出ませんけど休んでいってくださいませ。

今年もよろしくお願いします。
コメント (6)