気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

疥癬完治

2013年10月21日 | 介護

さてと何から書けばいいのやら?

今日1日で書き綴るには、眠れないかも?

とりあえず、ばあちゃん(姑)は2回目の判定も陰性で疥癬は治まりました。ほっとしました。

疥癬が治ったことで次の段階へ進めるということになります。

ですが、以前話が上がったというかほぼ決まってた胃瘻はばあちゃんの体が背中を丸める形で固まっているため無理だということで。。。

高カロリー点滴をするポートを埋め込む手術になるそうです。まだはっきり担当の先生からは聞いてませんが・・・

その前に移転の話です。

療養病院です。3つ名前をあげられましたが・・・返事が来ているのは1つ。

もし、現在返事の来ていない病院が希望であればとりあえず現在OKの病院へ転院してもらってそこからまた転院してもらうことになると。。。

ようするに、疥癬も治ったしここにはもう置けませんよって宣言されたって事ですよね。

先日、見学してきました。

古い病院で介護病棟や療養・医療とありました。外来もある病院でしたが。。。

1人部屋になることは、ないかもなぁと言う感じです。

今まで居た介護施設とは、あまりにも違いがあります。病院ですものね・・・

服も着ることなくなるみたいだし・・・

なんだかなぁって感じです。

病院からの紹介で特養は全くありませんでしたが、このような状態では特養は無理なのかしらね?

あの病院で最期を迎えることになってしまうのだろうか?

見学したときに、ケアマネがそのようなお話も入院となると先生からお話があると思いますと言われた。

なんだか、寂しいですね。

 

コメント (2)

疥癬その後のその後

2013年10月06日 | 介護
一回目の判定が、終わり家族は短時間面会が許されました。
と言ってもマスク、手袋エプロンなどをして物持ち込み禁止です。
2回程いきましたが、2度目は目を開けていました。言葉は出ませんでしたが主人の事はわかってるみたいです。少し痩せていました。点滴だけで栄養が足りてないのかな?
2回目の判定が、無事に陰性だと胃ろうの手術となるようです。
昨日は、88才の誕生日…米寿でしたが。こんな状態になるとは思っていませんでした。
もちろん本人もそうでしょうね。
コメント (2)