気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

順調に、快復してるようです。

2013年08月31日 | 介護
22日に手術して昨日は、入浴。
今日から食事をすこし食べました。
丁度病院に行くと目が覚めていて、呼びかけにかなりハッキリと表情読み取れました。
長女は、姑がとても可愛がっていて…
名前を呼びました。ひ孫の事も孫と呼んでました!
ハッキリ話せないだけで、かなりこちらの言ってることは理解出来てるんだなとおもいました。
笑ってーと言うとすこし微笑んだようにも見えましたが、どうなんだろうか?
食事が、進んで点滴取れるようであれば元の施設へ
天敵が外れないようであれば、違う病院へ転院。もしくは違う施設を探すことになります。
看護師さんが、姑の体をみて床ずれもないし綺麗ですね。リクライニングに載せてみるとしっくりとして、結構載せていたんですねと。
いい施設に入られていたんですねと言われました。
しかし…またもや次男です。
高カロリーの点滴をして少しふっくらした姑なんですが『あんな施設にいれておくから点滴も出来ないで痩せしまうんだ』とここに(病院)に、ずーと入ってた方がいいとか言い出してます。
頭痛いです。
食べることって大切だとおもいます。
例えゼリー食でも口からいれて甘味や苦味など感じるって人間らしい事だと私は思うし、施設ではゼリー食だけでは足りないのでエンシュワもあけてました。それでも高齢者ってどうしても痩せてきますよね?

かかわりたくないです。
私は、ばあちゃんの穏やかな顔みたいだけです。
コメント (2)

小腸が壊死?!

2013年08月24日 | 介護
うーん、何から書けばいいのか?
まぁー、大きな事だけ…
8月の初旬に、長女が里帰り。
孫は5才の女の子ともうすぐ2才の男の子がいるのですが、下の子は喘息が酷くお婿さんのご両親に預かっての里帰りです。
いろんなアレルギー持ってるので、こちらに来て入院となると大変なので昨年からこうしております。
約2週間程でしたが、次女の家に泊まったり(子供の年齢が同じ)
中学、高校の友達と久しぶりに会ったり…その合間に大きな公園連れて行ったりとハードな毎日を過ごして20日に空港へ送りました。
孫も昨年よりは、人見知りしなくて楽しんでもらえたかなと…
帰宅した次の日に、泊まっていた部屋の片付けしたりペンキ…そうそう居間と台所の壁を主人と私で娘が帰る前に塗ったんです。



そのためかざりものや玩具など空いてるばあちゃんの部屋に移動して片付けする暇なくって感じで21日に、要らない物など選別して22日に、大型ゴミの運び入れる所へ持って行き
もう少しでってところで

ばあちゃんの入院です。
それも緊急手術。
腸閉塞です。
結果から言うと手術は、成功してますが高齢なので一週間ほどは安心できないそうです。

で、今日は仙台から義弟がきて面会
トンボ帰りするってことで夕飯食べさせておにぎり持たせて…
ふぅー。
明日は、帰ったばかりの長女がもどってきます。

また、詳しく書きたいと思います。
ばあちゃんの生命力に乾杯!
頑張れー!です。
コメント (4)

老後

2013年08月01日 | 

私とちょうど一回り違う姉が居ます。

姉は、離婚していて娘家族と同居しています。

経済的には、裕福な娘夫婦であります。姉は、今は仕事もしていませんが夕飯の支度や洗濯掃除など・・・もともとだまって居られない性格なので良く働いています。

その娘と姉が喧嘩・・・

久々に息子に孫が生まれたのです。

それが、きっかけなのか?どうも娘の心はかき乱されてしまったようで姉とぶつかり合っています。

ぶつかり合うと言っても所詮姉は、世話になっている身なので何も言えないと言うか辛そうです。

同居とは、難しいですね。

私は、娘ばかり3人。将来どうなるのかは全くわかりません。

今は、主人も元気ですし2人で生活していて不便は何も感じません。

それでも将来は、いろんな不自由をかんじるであろうと思います。

私は、出来るなら主人ともしくは1人で頑張っていきたいなと思ってます。

娘とは、行き来しながらお互い帰る家は違うという道を選びたいと今現在は思っています。

しかしこの考えも・・・歩けなくなったり熱が出たりしたら・・・心細くなるのだろうなと思います。

姑と同居して、いろんな事を感じました。

辛いときもあり、高齢者の痛みも少しわかり・・・それを介護する気持ちもわかり。。。

なんだかんだ文句言ったり、わがままになったりしながらも1人暮らしをなんとか出来ている高齢者すごいと思います。

それだけでとても有難いことだと思います。

高齢者になって一人暮らし・・・いじけたり・ひねくれたり・頑固になったり・・・

周りは、振り回されますがそれでも頑張っているのです。

そのくらい頑固じゃないと1人暮らしは、出来ないのかもしれませんね。

なかなか元気な今老後のことは、ぼんやりとしたものであって。。。

認知症になったりしたら、やはり娘達と住みたい。

住んでくれない娘達を恨んだりしてしまうのかもしれない。

先は、まだ見えませんね。

コメント (1)