気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週1の介護へ

2011年07月29日 | 介護

昨日ケアマネが来て2時間お話ししました。

5月に次女の出産の為、長く泊まれるようにと今の施設に変更して・・・2か月半でばあちゃんの

状態は、みるみる進んでしまいました。

昨日の朝なんですが、朝起こしにいくとドアが、開いていて(ドアチェーンで全開にはならない)

椅子もひっくり返ってますその奥にばあちゃんは、又床に倒れてました

目が覚めていて起こして・・・て言ってました。

トイレをさせて着替えさせましたが、足運びも悪く・・・

2階へ連れ出すのを止めました。ばあちゃんの部屋に朝食を持っていき食べさせました。

椅子に座らせ、動かないでね。立たないでねと声をかけてゴミ捨てに行ったりしましたが、部屋でうろうろしてまた転倒するんじゃないかと思うと気になりばあちゃんの部屋に急いで戻ることになってしまいます。

結局居間の掃除やばあちゃんの洗濯物などを干すのもばあちゃんが、デイに出かけるまで何も出来ませんでした。

午後からの話し合い。ケアマネは、特養の申込みと来月の予定を立てるいつもの話と思ってきたと思います。

特養は、いつ入れるかはっきりまだわかりません。

申込みをして何番目かということは、教えてくれるそうです。

今回申し込むのは、2か所。一か所は20年ちょっと経った古いところで個室ではありませんが100床くらい。

現在通ってる施設の2階にある特養は、春にできたばかりの新しいところで29床の小さ目です。

出来れば新しいところに、入れてあげたいなと思うけど・・・入ってみなければ中身ってわかりませんよね。

しかし、問題はその特養に入れるまでです。

ケアマネにもう階段を上げ下ろしするのは、本人も可哀そうだし私もいつか一緒に落ちるんじゃないかと恐怖感があることを話しました。

あと夜中の床に落ちるばあちゃんを抱きかかえて立たせること・転倒して打ち所が悪かったらどうしようという不安。いつか頭から血を流して倒れてるんじゃないかと・・・

毎日、体のどこかにあざが出来ていて・・まるで虐待にでもあってるかのようで。それも気になります。

自分の血圧上昇・・・とにかく平日1人で夜みることへの不安を訴えました。

少しの物音でばあちゃんじゃないのか?って思ってしまう。

今の施設は、小規模多機能なのでズート泊まりっぱなしと言うのはちょっと難しいというか本当は出来ないらしい。急用など理由があるときは、良いらしいが。

それでケアマネと話し合いの結果、火曜日だけデイをお休みと言う形にして朝9時に帰宅。

その火曜日の3時過ぎにお迎えが、来てお泊りと言う形で乗り切ろうということになった。

その話が出る前に、ばあちゃんを寝かせる時間に階段降ろすのにスタッフが家に来て手伝うということも提案してきたけど・・・それでは、夜中の不安がなくならないのである。

しかし・・・その火曜日病院がある日は、10時から昼くらいまでかかるのでそのまま1階のばあちゃんの部屋に置いておけばいいかなと思うけど

何もない日は、どうしよう?ずーとばあちゃんの部屋に置いておいても・・・

なんだか落ち着かない。かと言ってばあちゃんの部屋に一緒に私がずーといるのもなぁと。

帰り居間まで迎えにきてもらって降ろしてもらえばいいのかな?

やってみるしかない。とりあえず、夜中の心配が無くなるだけ気持ちが楽になる。

ルーランも次回の診察のときに、出してもらうことにした。

ルーラン再開に寄って、もしかすると以前のように足も動き・・自宅に戻れるときもあるかもということで。

でもばあちゃんには、申し訳ないが・・・もう私の手をこうして離れてしまうと・・もう夜中看ることはできないように思う。

主人は、最初夜階段降ろせないときスタッフが来てくれるなら平日大丈夫?みたいなことを言ってきたが。。。

月・火・水と夜に毎回他人が、来るのもなんだか苦痛であるので私は拒否した。

それならあなたが、居る週末に変更すると伝えて。

ケアマネは、私に質問してきました。

『でも良く看られましたね、何がそうさせているのですか?』と

なんだろう?若いときは、そんなこと何も考えなかったけど・・・自分もそれなりに生きてきて受け入れることが出来たのかもしれない。

でも主人の母だからかな。と言いました。

ケアマネに『やっぱりそこなんですね。煩いだけの嫌なご主人だったなら看たいと思いませんよね?』と

そうですね~。主人も気持ちもわかるし私にも優しい人ですからね。

『愛なんですね。結局はそうなんですね』って頷いていた(笑)

愛だなんて大げさに考えたことも無いけど、そうなのか?

 

私の介護は、しばらくは火曜日の日中と言う形で続きます。

でも本当に、気持ちが軽くなりました。

細かいことを考えたら、まだたくさん考えることはあります。

少しずつまたやっていこうと思います。しかし、脳外科で何も異常なかったのにいったいなんなんでしょうか?

左足が前に出ない。力で出ない。ばあちゃんの頭の中・心の中を覗いてみたいです。

覗かない方が、いいのかな?心なんて・・・恐ろしいね。分からない方が、いいのかもしれない。

 

 

コメント (2)

汗だくで階段   もうーーーーーー無理

2011年07月27日 | 介護

日曜日に静岡から戻り、月曜日の夜地方から出てきてる友人と会うため

ばあちゃんは、通常のお泊りを一泊伸ばしてもらって昨日帰宅しました。

帰宅して2階へ上げるのに、ヨロヨロ・・・やっとあげて

眠る時、大丈夫かなと思ったけどなんとか、ヨロヨロしながら降ろせた。

そして夜中、又床に倒れていて起きていた。やっと起こしてトイレさせて濡れたリハパン・パット・パジャマを着替えさせ

危ないから起きないでとお願いして、寝かせた。

朝は、落ちていなかった。

ポータブルの中は、たぶんしてないんじゃないかな?ってくらい量が増えてない。

ただウロウロと言うか動いているうちに、落ちているようである。

ベッドの柵の上から落ちているように思う。

仏壇の灰が、こぼれそうになっていたので箪笥に上げておく。

今日はデイの日

帰宅後階段を上げるとわりとスムーズに上がってくれた。

眠る前に歯磨き、倒れないように横に立って見守り←なんだあばあちゃんの鬱のひどいとき、お茶碗洗う私の背後に立っていたばあちゃんみたいだなって思った。本人いい気分しないのかもなぁ。

歯磨きのコップ片づけての言葉がわからないようで、動かない。返事もなく固まっている。ただ鏡に映る自分の顔を見つめたり鏡を通して私を見つめたりする。

思わず、目をそらす・・・

歯磨きで立っているのが疲れたのか?濡れた手をタオルで拭いてにも反応無しである。

時間が経つので、そのままトイレ誘導するが足が動かない。

体を支えられない。私が背後から支えて立たせてる感じで・・・トイレへ

リハパンを下げるのに、便器の前で立たそうとしても立っていられない。

私の体につかまらせてリハパンを下げ座らせる。

便器に座らせてもお尻をずらして前に、くる。。。

背中をぐーと後ろにやりよしかかっている。

普通に座る体制が、取れないのであろうか?居間の椅子でもお尻をずらして・・・

その結果落ちたのであろうと思う。

立たせてやっとのことでリハパンとズボン履かせた。階段降りれるかな?不安・・・

よほどお婿さんに、頼もうかな?って思ったけど8時少し前・・・

小さな子2人いる娘宅では、1番忙しい時間である。取りあえず、自分でやってみるかと降ろす。

手すりを掴む手を外してしまう。階段の途中で足が出ない。足動かさないまま体は倒れてくる。

私も足に力を入れて、いつ倒れてきても対処できるようにした。

ばあちゃんは、顔から汗がダラダラと流れている。

最期の3段は、抱きかかえて降ろした。私も汗だくである。

やっとのことで部屋にたどり着き、着替えさせて寝かせた。

心配で1時間もしないうちに、見に行くとベッドの上で両足を天井にむけて上げてなにやら動くばあちゃん。

あんなことしてうちに、落ちるんだなぁ。

落ちるから起きないで寝てと言い、枕の位置に体を合せ寝かした・・・が

ベッドの上でグルグル動いているのだから、ポータブルがどこの方向にあるのかもわからないのかもしれない。

寝かせるときに、気がついたけど左足の親指が紫色になっている。

昨夜落ちたときに、ぶつけてるのかも。

触ってみたが、痛くないと言う。

もう限界。

明日ケアマネが、きたら特養申込みと、家ではもう危険と話して来週もどうするか相談しようと思う。

ルーランをもどしてもらったところで、もう夜中ベッドから落ちなくても階段の上り下りがばあちゃんには辛いようである。

グループホームいろんな方向で考えたい。

どうか今夜、大けがなんかしませんように。

PS,主人に電話。施設申込みは納得しているが・・・実際に大変なのを実感してない様子がムカつく。

   私は、何か月前からもうそろそろ無理と伝えてたのに。

   今回の私の切り札は、特養申し込んでも入所は一か月先になるか1年先かわからない。この状態だと私

   1人の平日にばあちゃんを看ることが出来ない。

   特養まで今までのように自宅でもと言うなら平日泊まりで週末主人が居る時に、ばあちゃんを帰すと言い

   ました。・・・・・ということは、マラソンどころの話じゃありませんから。。。と。

   もう私1人の介護は、無理なんだから仕方がない。

   

 

コメント (4)

静岡へ行ってきました。

2011年07月26日 | 家族

21日から、静岡の長女の家に行ってきました。

今回は、新築祝いを持って・・・次女の長女と主人と3人で行きました。

モジモジと動いたり、歌ったりしてはいましたがまあまあ良い子の孫でした。

主人が、飛び上がってからずーと眠ってると・・・

着陸態勢になってきたときに、私がもうすぐ着くよと声をかけると

孫は『じじーー起きて!じじーーー寝すぎだよ』ってそれはそれは大きな声で言ってました

静岡に無事に着いて長女とその子供に会って、以前は顔合わせるとイチャモンつけるかのように喧嘩

ばかりでしたが今回は手をつないで歩いたりしていました。

それもズートじゃありませんが

お祝いを渡して、孫たちを遊ばせて・・・施設からの電話もなくホッとして過ごしました。

帰りの飛行機は、孫もすっかり慣れていて・・・『テーブル出して!今ジュース持ってきてくれるんだからぁ~』と

言ってました。すごい記憶だな

気温も台風のあとのせいか低く、私たちにはちょうど良かった。

9月には、産まれる予定なので又出かけなければいけません。

それまでに、ばあちゃんのこともはっきりさせたいです。

木曜日にケアマネが、来るのでしっかりと話したいと思います。

コメント (4)

特養申込みを決めたけど

2011年07月19日 | 介護

特養申込みを考えている。いや決めた。

きっと主人は、出来ることならば・・・最期まで看てほしいと思っているだろう。その気持ちもわからなくはない。

しかし、もう私の中でいっぱいになってきているのである。

本当にいっぱいいっぱいなのか?体も壊してないじゃないか?

そう考えていくと少し自己嫌悪に落ちてしまう。

かと言ってこのまま続けていく自信も無く・・・ストレスのあたり場所は、主人しか無く。

言い訳かもしれないけど、いや言い訳です。

もう少しでもばあちゃんに、笑顔があれば・・・もう少し会話のやりとりが出来れば・・・もう少し優しい表情を

見ることが出来たなら・・時期が延びたかもしれない。

自分が、もう無理と思いつつあるから余計にばあちゃんの表情がキツク見えてしまうのかもしれないけれど。

しかし、この特養も遠い夢なのかもしれない。

介護者が、居ない。仕事をしている。虐待されてるなどなど・・・審査の対象がたくさんあるらしい。

けど・・・介護者の心の負担を審査員の人は、どこで計るのだろうか?

もちろん私よりも大変な方は、たくさんいるであろう。それも承知でありますが。。。

あまり考えると頭痛が痛いと言う堂々巡りになりそうであります。

どんなに、至れり尽くせりの介護をしても悔やむと言う。

手をかければかけるほど悔やむらしい。

そんなものなのかもしれない。

結局は、何も手を出していない義弟夫婦は痛くもかゆくもないはずである。

気になるのは、特養の費用くらいなのだろうと思うと恨めしくなったりもする。

いやいや・・・

可哀そうな義弟夫婦なのだ。

私は、少しでもいろんな心の痛みがわかったし

娘達に同じ苦しみをさせたくないと言う意思というか決意も出来た。

 

介護とは、全てが暗く不幸とは思わない。

そこから得るものもたくさんあったように、思う。

もちろん辛いこともその倍はあったかもしれないが。。。いや継続中であってまだ何も終わってはいないけれど。

 

ばあちゃん・・・どうしちゃったの?急にこんなに進行しちゃうんだ?

ばあちゃんは、どうしたいの?

まだ居たいって気持ちはあるの?

ばあちゃんの気持ちを聞いてみたいなって思います。

コメント (7)

椅子からまでも

2011年07月19日 | 介護

今朝は、とりあえずベッドに眠っていました。

が・・・ポータブルの中の尿量はほとんど無いのに

ポータブル前の防水シートの上は、水浸し。。。溢れそうな感じである

もちろんベッドの上の肌掛け布団・シーツ・防水シーツ・シーツ・防水シーツ・パジャマとすべて汚れていました。

ミルフィーユにしているので全て汚れたときは、すごい量となってしまう。

それでもベッドパットやベッドマットまでいかなくて良かった

朝やはり歩行困難。。。やっと階段上らせた。

主人が、仕事から抜け出し病院へ一緒に行ってくれると言うので・・・

整形へ。

左足の力が無い感じとバランス取れない・左足を前に出せないなどを説明。

念のため脳外科受診を勧められて・・・

木曜日から静岡の娘のところへ行き留守にするので

そのまままっすぐ以前脳出血で入院した脳外科へ

結果から言うとMRIを撮りましたが、異常無しです。

まあ良かったけど。。。

歩行がおぼつかないのは、治らない。

体力の衰え?認知症の進行?

車に乗せるのも降ろすのも大変。

帰ってからは、そのまま昼寝をさせた。

昼寝から起こして2階の居間へ連れてきて、椅子を座らせた。

かき揚げを作っておそばにしようと・・・20分くらい台所に居た。

一応見に行くと椅子から落ちていた

正確には、半分落ちてた?

でもってすごい力で中途半端な恰好で居たので一旦絨毯の上におろしてから抱きかかえて

座らせた。

こんな事は、初めてである。

椅子からも落ちてしまうの?本当に目が離せない・・・どうしたらいいの?

椅子から落ちる前だったけれど、ケアマネに電話して脳外科の結果と特養のパンフレットをお願いしました。

ここのところばあちゃんが在宅のとき、すごい力で持ち上げたり起こしたりするので

左手首が、痛い。

ばあちゃんに話しかけると怖い顔してこっちを見る。

悪気は、無いのかあるのか定かではないけれど世話の仕方が悪いって責められてるように感じてしまう。

本当に疲れたました。

 

コメント (2)

進行してるようです

2011年07月19日 | 介護

1週間がたってしまいました。

12日の火曜日の朝、左足に力が入らないような感じでバランスを保てないばあちゃん・・・

階段をやっと上がらせました。

歯磨きも歩くのやっとでしたが、何故かその後私の居ないときにトイレに向かって1人で

転ばず歩いたのを発見。

夕方リハビリの人にも伝えましたが、階段降りて・・・朝の状態は見られなかった。

水曜日は、それなりに普通だった。

ただやっぱり私が眠るときに、トイレ誘導で行くと床に倒れて眠っている。

どんなふうに転倒したのかは、不明である。

木曜日、お泊りに行く日。

朝左足が、前に出ない・・・バランス保の難しく歩行も困難である。着替えも階段も一苦労だった。

状態を説明して見送った。

金曜日、友人とライオンキング&お食事と私はウキウキ

ライオンキング良かったねと言いつつ友人と話しながら、いつもの店に。

携帯をオフにしてたので電源いれるとショートメールがドコモからたくさん入ってる

それも知らない携帯番号であります。

でもこれだけしつこいと言うことは、ばあちゃん関連だと思い最期の着信があってから5分少々だったので

掛け直してみたが、出ない。何度かかけたけど出ない

家に居た主人に電話すると、やはり施設から電話があったようで。。。

ばあちゃんの様子が変だったらしい。

それで私に、いつもの様子を聞きたかったらしいのです。今夜は取りあえず眠ったので様子見ますとの

事だったらしい。

翌日電話すると、どうも動きは朝のように悪く・・・ウンチの失禁もあったようで(下痢じゃなく)トイレ誘導して座らせたら体が、なんだか固まったらしい。

これは、電話では把握しきれなかったけど。。。

でもその後眠ってあとは、いつもの状態だったらしい。

こうして私のライオンキングの楽しさは、少し半減してしまったのです。

何事もなくて良かったのですが

そして今日は、ばあちゃんが帰宅。

孫は、私の背中に張り付いていた(とにかく赤ちゃん返り)

左足は、やはりいつもより動き悪いようである。

さようならと挨拶して階段を四つん這いで上がらせたが、何段か上がると左の足の力が弱く倒れ込んでしまう。1度抱き起して再度上がらせたけど・・・背中に14キロの孫も居たので・・・

私の力では、無理になった。とりあえず階段に座らせた。

ちょうど旦那が、帰ってきたので上げてもらった。

歩かせてみるとバランスが取れなく(左足が、どうもダメ)倒れそうになる。

夕飯は、普通に食べて寝かせるため主人に階段降ろしてもらう。

私も部屋に行ってパジャマに着替えさせる。

11時に『ばあちゃんおしっこさせなきゃ。行ってこようよ。床にまた居るかもしれない』と言うと

旦那は、2階まで連れてくるの?寝てるからいいんじゃないの?などと発言。

私は、もうしばらく家に居る時自分が眠る前にトイレさせてるって伝えていたけど・・・

なんにも聞いてなかったようです。すごいショック

おまけにやっぱり床に倒れて眠っていて・・・旦那に起こしてもらっておしっこさせて寝かせた。

私『重いでしょう?』

旦那は、なんで床に寝てるのよ?起きなさい!何やってるの?と責めていた。

私は『半分寝てるのに、そんなこと言っても無駄だから。力も入れること出来ないしね』と冷めた口調で

言いました。

やれやれ・・と居間に戻り

私『ねえ?毎回あーなんだよ。私が寝ようとしてトイレ誘導したら・・・床に居てやっと立たせてトイレさせて

目も覚めちゃうし、大変なのわかる?力入れない50キロの人間を床から起こすのってすごく大変なのよ。それも朝もだったりするんだからね』

旦那・・・そうなぁ。。。なんでだろうなぁ。

なんでってもう認知症が、進行してるのに今更理由なんかわからない。

それよりもそのうち、どこかに頭ぶつけたりしてたらどうするのよ!半分リハパン下げて寝てるときもあるし。

と。

それでやっとやっぱり施設考えないといけないんだなぁ。

申込みするかぁとのお言葉が、出た。

少しホッとしたけど、申込みしたからと言ってすぐ入所できるわけじゃない

この状態で家でってちょっと無理かもしれない。どうしましょう。

明日は、病院。私一人で階段上り下りさせれるかな?

病院行ってからケアマネにも電話して相談してみようと思ってます。

 

 

 

コメント

床にばあちゃんが。

2011年07月12日 | 介護

一昨日も昨夜もぐっすりと眠れなかったので、今日は早く眠るぞと・・・

歯磨き済ませトイレも済ませ・・・

残るは、寝てるばあちゃんをポータブルでトイレさせて寝ようと部屋へ行くと

ばあちゃんは、床に眠っていた。それも重い手すりの向こう側にであります

おしっこをしようとしたのか?でもパジャマは、着用している。

寝かせる時に、又部屋の中をウロウロされて転倒したらと思い手すり2つの間をゴミ箱・そのゴミ箱の後ろに椅子を置いたのです。椅子はそのままで・・・

ばあちゃんを起こして両手を引っ張っても起き上がらない。

泣きたくなりながら、手すりの方を向かせて手すりを掴ませて体を抱きかかえてやっと起こした。

トイレをさせて・・・どうしたの?って聞くと

「起きようと思った」と。

お願いだから寝てて・・・転ぶからと伝えた。

本当にお願いだから。

悲しいやら腹立たしいやらで又眠れないかも。

ルーランは、体に負担をかけると言う。

そうなのかもしれない。でも・・・でもそれを止めると1人じゃ危険なのに歩きはじめる。

それってどうなの?

転倒して骨折とかしても止めるべきなのでしょうか?

施設は、夜中もばあちゃんに付っきりじゃないけれど仕事で夜勤の人が居る。

私にも夜勤をしろと?

ばあちゃんの横で寝ろと?

精神を病んでるばあちゃんと健常な私(たぶん)

ばあちゃんに負担をかけず・・・私が病めと?

夜中起きて、昼間休めと?

ばあちゃんオンリーの生活になれと?

ルーラン止めてから、床に眠ってたのが2回。

いいのか?これで。

なんだかわからない。

絶対に起きないでと何度か繰り返して言ったけど朝までに又起きる。

朝、起こしに行ったときに又床にいる?

以前軽い脳出血したときを思い出す。朝、起こしに行くと下半身は何も着ず垂れ流しの状態で眠っていた。

その姿は、痛ましく私のトラウマになっている。

大変だ汚い。嫌だと思っていても・・・

そのままに出来ない、投げ出せない私も居るのです。

だから辛い。

あーーー眠れるようにワイン飲んで・・・気分よく寝ようと思ってたのに

ドラマは、簡単に終わってくれないようであります。

主人公は、ばあちゃん?私?

すんません。酔ってないけど(ワイン半分なので)壊れてる?

ついでに・・・高いリハビリ、介護保険が効くのでうちの負担は30分800円ちょっと。

階段の上がり降り・・・と部屋に行って何をしてるのか?休ませてせいぜいベッドからの起き上がり?

高すぎじゃない?

なんかちょっと必要性を感じなくなってきました。

可愛い兄ちゃんだから、まだいいけど臭いオヤジだったらとっくに断ったに違いない。

月末まで様子みるけど、あんまり必要性ないかも?

800円と考えても800円×4=3200+口のリハビリ(月に1度30分)800円=4000円

介護保険がきかなければ8000×4=32000+8000=40000

暴利バーだなやっぱり。と私は思ってしまいます。

 

 

コメント (6)

猫も怯えるばあちゃんの声

2011年07月12日 | 介護

今日はばあちゃん休み。

病院も無く孫も居ないので7時に2階に降りてきた。

猫達に餌をあげてると1階からドアをギコギコする音。猫が怯えてる。

『〇〇ちゃ~~~~ん・〇〇ちゃ~~~~~ん開けて~~~』私だって怯える。

名前言えるじゃん。

ばあちゃんの部屋のドアは、ドアチェーンを逆バージョンで外側から付けてある。以前夜中に階段上ってきたので危険と判断して。

しばらくその心配は、ないかなと思ってたけど先週に引き続き今週もお目覚めでウロウロしてるらしい。

「今行くから待ってね!」って上から大声張り上げたけど・・

そんなことは、ばあちゃんに通用しない。

私が、行くまでドアをバタバタさせながら叫んでる

すごいストレス。

朝の一服くらいばあちゃんの顔見る前にしたかったもんだ。

ポータブルでトイレさせて着替えさせ上に連れてくる。もちろんシーツもパジャマも濡れている。

2階の掃除を終わらせ、3階の掃除してると下でドアを開ける音急いで降りていくと

ばあちゃんにトイレに入るところ、その姿はもうリハパンを下げている

慌ててトイレに座らせて済ませた。パットはもちろん濡れてる。

お願いだから、1人で立たないで呼んでね。必ず家の中に居るんだからと何度も言う。

こんなときは、良く転ばないもんだと感心してしまう。

あのまま1人でトイレさせると、トイレの床は洪水になってしまう。

座る時に、床に出してしまうのだ

そんなことでイライラするくらいなら、最初から私が連れて行ったほうが楽なのである。

しかし・・・ばあちゃんは息子の家に居たいのだろうけどはたして私に面倒看てほしかったのだろうか?

大嫌いな嫁なのだから。

この調子なら部屋での転倒も時間の問題のような気がする。

夜中にドア開けて叫ばれたら?それこそエクソシストの世界だ

最近私は、また夜ぐっすり眠れない。どうも眠りが浅いのです。

どんなに疲れていても何度も目が覚めて、覚めたあとすぐ眠れない。

そんな夜中に声を聞きたくない絶対に

動くばあちゃん、見張るように私はばあちゃんの向かいに座ってPC開いている。

ばあちゃんには、ランボー見せている。字幕スーパーは決して読んでないと思うが。

少しでも私から視線が、ずれてくれればそれで良い。

怖いんです。ばあちゃんの目が。

 

コメント (6)

母・私・姑

2011年07月11日 | 介護

日曜日に実母の入所している施設でお祭りがあり、孫を連れて行ってきました。

車で2時間半ほどのところにあります。

母は、やっぱり私のことはわからず・・・姉たちも来ていたのですが・・・なにやら疲れた様子で途中で部屋に戻り横になりました。

去年より少しふっくらとしたので一安心です。

でも今年の秋91歳ですからね。。。いつ何があるかわかりません。

要介護2です。

姑は、要介護4です。

旦那は、簡単に私の親を札幌の施設に入れたら?と言います。

そりゃあ、私も1人で行ける距離の施設に入所させたいです。でも・・そんな簡単なことでもなく

慣れた施設からの移動は、母にとってまた負担になるのだと思います。

しかし、91歳。

姑ことばあちゃんは、今年の秋86歳です。

あと5年・・・私介護出来る自信ありません。言葉もたいしてなく・・・介護度が軽いときも感謝の言葉も無く・・・

介護する前も優しい言葉もありませんでしたし。。。

あと5年だと私も50歳を超えてしまいます。

こんなことウダウダ言いながら5年過ぎてしまうのでしょうか?

なんだか悲しくなります。

今日は、帰ってくる日。明日はリハビリ。

少し・・・いやだいぶ憂鬱になってます。

2か月ぶりに自分の病院へ行きました。高血圧のです。

ばあちゃんと入院とともに高くなった血圧です。最近ストレス感じてるせいか薬飲んでいても高くなっていて

また・・・朝晩測定するように言われました。

私は、あと5年持つのだろうか?って思った

 

コメント (4)   トラックバック (1)

なんでしょうね。

2011年07月07日 | 

松本龍・・・

どうしたんでしょうね?

大臣になって自分が、すごく上だと勘違いされたんでしょうかね?

でもって辞任してから・・なんだかニコニコ笑って・・・被災地回ったりしてポケットマネーとかで

わざとらしいですね。

でもってなんのインタビューにでも出てくる鳩山さん。。。

あの人って議員辞めてないのですね。

たしか辞めるって言いませんでしたか?私の記憶違い?嘘つきだったんですねぇ~。

 

 

 

コメント