気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プレゼント貰っちゃった♪

2011年02月28日 | 

昨日は、娘の定期演奏会がありました。

今回の演奏を最後に、辞めて海外へ行くので最期となります。

だあーりんと出かけて久々に音楽に浸り・・・その後私の誕生日だったので食事をするため

大通りへ出かけて行きました。

でもって以前から欲しかったネックレスを買ってもらいました・・・とどうしてここ何日か食べたかった“とらや”のちいさい羊羹を買ってもらって

その後お食事と言っても居酒屋でを5杯ほど飲み帰ってきました!

でもって羊羹食べて大満足

ネックレスと羊羹ってどんな組み合わせなんでしょうか?

私羊羹なんて普段食べないんです。ただこの“とらや”の羊羹は、たまに無償に食べたくなってしまいます。

48歳の誕生日・・・羊羹を食べたと・・・φ(..)メモメモ

コメント (7)

近所で飲み会しちゃった。

2011年02月25日 | 

昨夜近所の友人なのだけど、なかなか会えなくて・・・1年半ぶりに歩いて3分ほどのところにある居酒屋で飲みました

ばあちゃんは、在宅だったのでいつもより30分早めに寝かせ(娘達は家に居たので)こっそりと行きました。

2時間半くらいの時間だったけど、友人も翌日早いので2人ともすごい勢いで飲んで食べて機関銃トークしてそんじゃまたって

×5  グラスワイン×1で気持ち良くなって帰りました。

友人は、×2 白ワイン×1 冷酒1 熱かん3号・・・飲みすぎ(私より30分早く行ってました)

もちろん玄関入る時は、深呼吸して静かに鍵を開けて・・・ばあちゃんを起こさないようにそ~~~~っと部屋覗いて寝息を確認して私も眠りました

滅多にばあちゃんが、在宅のとき夜家開けることないのだけどどうしても週末以外しか会えない人もいるので。。。少しの時間行ってきました。

不良介護者です。私

そして呑兵衛です

このいい加減さが、介護続くのかもしれない。いい加減すぎ?かしら

 

 

コメント (8)

ひ孫は、アルツハイマーに勝つ

2011年02月23日 | 介護

月曜日の夜の話。

早めに夕飯食べて娘2人とばあちゃんと孫でダラダラとしていた。

ばあちゃんは、ダラダラしてるつもりじゃないと思うけど

孫が『ママのポンポンに弟居るの』とささやくように、末娘に教えていた。

なんで小声で教えるわけ?って笑ってた。

ばあちゃんにも教えてあげて~~と言うと

ばあちゃんの傍に行き、『ママのポンポンに〇〇〇の弟居るの!』

ばあちゃんニコーーーって笑って「そうかい^^弟かい」

おっ!久々の笑顔。

その後に、孫は『ばあちゃんのポンポンにも弟入ってるの!』と言った

ばあちゃんは「あ~~~~っ」と笑い声を出していた

声だして笑ったのは、本当に久々だった。

孫の力は、すごい!どんな介護しよりも偉大だ。

それにしても・・・ばあちゃんのお腹にも弟居たら大変だけどね

コメント (6)

出産とばあちゃん関係無い様でおおあり

2011年02月21日 | 家族

もうすぐ指折り数えて・・・私は48歳になる。

あっと言う間の40代。

本当に、毎日バタバタして終わってる。

これじゃあいかん。

やはり楽しまなきゃ!って思ってる矢先・・・末娘は、4月にワーホリで一応1年の予定で海外へ

5月には、次女出産・・・

娘が、1人遠くへ行ったと悲しんでる暇もない。

こうして48歳の1年が、あっと言う間に又過ぎ去るのが目に浮かぶ。。。

でも家族は、増えてるし。幸せは、いろいろ-のこと考えてもプラスになってる?

ってことは、=幸せプラスってことで良しとしましょう。

私ってなんて単純なのかしら?

次女の出産のときは、ばあちゃんをお泊りさせてもらうことにもう多機能に話してあるし安心。

長女の第一子のときの大変だったこと。今の多機能じゃないとき。

そのときも書いたのだが、まず陣痛起きたのがばあちゃんの病院の火曜日。。。

痛みが出てきた長女を横目に、ばあちゃんと病院へ

帰宅してばあちゃんが、当時通っていた施設にお泊りをお願いする連絡を入れるが。。。デイの休みの日はお泊り出来ないと言う。知らなかった===!緊急事態ですと言っても出来ませんの一言。

じゃあ、明日からは大丈夫ですか?と聞くと大丈夫だと言う。

なんとか1日乗り越えなきゃと。。。必至です。

夕方長女は、末娘に付き添わせて入院。電話で何度も様子を聞くが。。行くことが出来ないモドカシサ。

早めにばあちゃんに夕飯を食べさせて、6時半に寝かせて私は、大急ぎで病院へ

娘は、最初は軽い痛みだったけどだんだん強い陣痛へ

夜10時ころ、唸る長女にすぐ戻るからとばあちゃんの様子を見るため自宅へ走る(車じゃなく本当にダッシュ)寝てるのを確認して再度病院へ

夜中2時、8か月の次女を連れて自宅へ帰る。

ばあちゃんを再度確認、次女だけ置いて私は再度病院へ・・・

夜中の暗い道を走りながら、なんだか泣きそうになったのを覚えている。朝方娘は、痛みが絶頂期。

私にも帰らないでと半泣き状態。

ばあちゃんのデイに行かせる支度や朝ごはんもあるし、私の体は1つ。どうしたらいいのか途方にくれた。

そんなとき、7時ころ生まれた!

産まれたあと、娘と孫を見て又ダッシュして自宅へそしてばあちゃんを起こしごはん食べさせてデイに送り出した。

私の足は、もうガクガク状態で顔をみると恐ろしいくらい老け込んでいた。

それから病院へ戻り、又長女と孫を見てほっとした。

そのときの写真は、笑えるくらい・・・目の下にクマが出来ていてまるで私が長い陣痛を経て出産したようだった。

こんなときに、かぎって旦那さんは接待で使えないし。。

私ばかり何よ!ってばあちゃんを、恨めしく思ったことはない。

結局は、自分のことは我慢できるけど娘に寂しい思いをさせることは許せなかった。

だから今回は、早くから確認をした。

長女の2か月あとに生まれた次女のときは、ちょうど施設がお泊りを廃止と言うことで多機能にたどり着いたときだった。

産まれる半月前に、決まり半月後に泊まってもらった。嫌もくそもない(下品でごめんなさい)

強制執行なのである。

あんなに、最初ショートさせるとき悩んだ私たちだけど娘達が絡んだとき私は強かった!

何言われてもいい。お泊りだ!!

さあ、今年も出産がやってくる。淋しい思いはさせたくない。

今度は、孫もいることだしばあちゃんと孫を私1人でみるのは無理。

ママと離れて寂しい孫をめいっぱい抱きしめてあげたいし、ばあちゃんはお泊り!

と次女のお腹が大きくなるにつれて・・・あの感情が甦り・・興奮した私でした(汗

最初は、違うこと書こうとしてたんだけど。。。

 

コメント (4)

どこかのデイサービスの車に轢かれそうになった。

2011年02月21日 | 家族

今朝娘と孫が、車に轢かれそうになった。

検診に向かうため、病院の途中のうちへ孫を預けにきた娘。

そこで車とぶつかりそうになったと言う。

もう、びっくり!

信号の無い横断歩道を娘が、そりに孫を乗せて歩いていると近づく車があったそうだ。

もう渡っているので止まるだろうと思っているとブレーキを踏むのが遅れたのか?

路面は、ツルツルのアイスバーン状態で回転して車の後ろが娘達に近寄ったらしい。

とっさにそりごと歩道へ力いっぱい押して孫は、歩道でそりから落ちて娘も四つん這いになった状態で、歩道のほうに転んだらしい。

娘の体から30センチちょっとのところに車は、あったらしい。

ぶつからなくて良かった!もちろんである。

しか====し!その車の運転手、大丈夫ですか?の言葉も無く車を発進させて行ったらしい。

しかも。。。どこかのデイサービスの車らしい。

お腹が大きいのは、コート着てるからわからないかもしれないが、小さな子も歩道で投げ出されて女性も転んでる状態。

一言言えないのか?

そんな運転手が、高齢者の運転手?

どこの施設だ????

なんでもなかったから、良いけれど。

そのままお腹が痛くなっていたら?

考えると頭に、くる。

何事もなかったけど声をかけようよ。常識としてそうでしょう?

雪解けと一緒にやってくる、アイスバーン。歩道もツルツルになってどんな靴でも歩くのが大変な時期がやってくる。冬場より怖いのである。

明日、待ち伏せしたいくらいだわ。その車!!!

 

コメント (4)

漏れないリハビリパンツは?

2011年02月18日 | 介護

ばあちゃん寝かせるときに、トイレでおしっことうん〇をさせて、リハパンに夜用パットをして寝かせる。

あとは、パットにもすごい量しているけどベッド脇のポータブルにも自分でしている。

しかしである。5回吸収リハパンと7回吸収のパット・・・そのほかにトイレにもしているのに、漏れるのである。

いったい夜中にどんだけ流してる??

夜中に、取り換えに行く元気も無しだし

一応私が、眠る前には様子を見るけど起こしてまではさせない。

なんとなく今使ってるリハパンは、最初病院で使ってたサルバというメーカーのだけど。。。そのままずーと使い続けてるけど

ちょっと今回違うの試してみようかな?

どのメーカーが、お勧めとかあるのかな・・・

値段は、高くても漏れないのが1番。

コメント (2)

その笑顔は、本物だろうか?

2011年02月17日 | 介護

火曜日にケアマネが、来て計画をたてた。

暖かくなるまでリハビリ出来る人をデイに呼んで足の力をつけるとのこと。

それは、有難い。

最近足の力が弱ってる。

例えば、靴を履くときはもうだいぶ前から小さな椅子を玄関に用意して座って履いてもらう(もしくは履かせる)

帰宅時に、脱ぐときは

いつも壁につかまって片足ずつ、うまく脱いでいたのだが、それが出来なくなっていて

おまけに私が、足元で靴を脱がしていると片足で支えていられなく・・よろめくのである。

靴を脱ぐときも椅子が、必要になってきたというわけか?

階段も降りるとき、完全に1人だと落ちるなって感じ。

いつか私と一緒に雪崩のように・・・落ちるのではないかと頭をよぎる。

デイでばあちゃんは、とても笑顔が増えたらしい。まっ好いことだ!

家にいるときは、ほとんど変わらないけどね。

もしかしてデイの方が、良くなったのかもしれない~。看てる私には複雑な心境だ。

連絡帳に、美味しいねと笑顔で言ってくれましたと書いてあるので帰宅後聞くと

そうでもなかった。あんまり好きじゃないからなどと言う。

やはり笑顔は、体裁なのか?

たまに、体裁でも見栄でもなんでもいいから笑ってほしいもんだわ。

私は、また風邪をひいてしまったようだ。今回は喘息っぽいので吸入を忘れずしている。

治ったと思えば風邪。。。

もうすぐ50・・・あと2年と10日あるけど(ここ大事)やはり体力減少なのか。。

体重減少は大歓迎なのになぁ~~~。

 

 

 

 

コメント (4)

古い話だけど

2011年02月16日 | 何気ないこと

この頃は、教師で病気によって休まれる方が多いそうです。

新聞やTVで言ってました。

たしかに、ばあちゃんの通ってる精神科にも・・・

私の娘達が、通っていた中学はその当時大変荒れていて放火事件や校内での喫煙・授業中徘徊・妨害など数えきれないほど・・・

もしくは、近くの中学の生徒が入り込んでくるなどもあったかな。

男子トイレのドアは、全て壊されて無い状態。

下駄箱も直しても直しても壊される。

学校のガラス戸も割られる。本当にパトカーが良く来ていたし、少年院に入った子もいました。

その頃、やはり精神的にダメージを受けて休んでいた教師が居ました。

何か月か休んで戻られましたが・・・

私は役員もしていたので学校に行くことが多く、職員室なども入ったりいろんな先生と話す機会も多かったのですが。。。

その先生は、挨拶をしてもまず目を合せないんです。おはようございますと声をかけてもちょっとうつむいたかな?って思う程度で言葉無し。

近くで話しかけても目を合せません。

娘に聞くと生徒にもそうらしいのです。授業中もなんとなく授業している感じで注意も何もしない。読み上げてるだけの授業だったらしいです。

学校が荒れて精神的に病んでしまったのは、とても辛かったのだろうと心痛しますが。

どうなんでしょうか?

あの状態で学校へ戻っても良いのでしょうか?

それから1年しないうちに、その先生は又休まれました。

一般の会社で通用するかな?

冷たいけど、考えてほしいなって思ったのを思い出して書きました。

退職させろ!なんてことも思ってませんが、先生も被害者だろうけど生徒も違う意味で被害者になってしまうような気がします。

コメント (4)

ランドは寒かった。

2011年02月14日 | 家族

先週の大阪に続き・・・以前から決まっていたディズニーランドに三連休行ってきました。

末娘と2人の旅行のはずが、静岡の娘夫婦とも合流して団体となりました

しかし、この三連休・・・寒い。

ランドに着いても寒い。。。雪が降ってる。札幌からきたのに雪なんてなんにも嬉しくない

雪が積もってないのに、寒いからとても寒く感じる。

私は、寒さを想像して着込んで着込んでもともとの雪だるまの体型に追い打ちをかけて・・・

そのおかげで寒くなかったけど。その写真もすごいぼんボンボンボ~~~ンって感じです

寒くてもそれなりに、異国の感じ?を満喫して疲れ切って帰ってきました。

千歳は、猛吹雪で着陸できないかと思いましたわ。

終わってしまうとあっと言う間です。

明日は、ばあちゃんもお休み。

もう少しばあちゃんが、会話出来たら・・・ランド行ってきたよ楽しかったよって写真も見せたいけど。

私にその勇気は、ありません。なんだかばあちゃんの居ない間に楽しんだのがとても悪いことしたような気になってしまい。何も話せないし、写真も見せれない。

本当は、ばあちゃんありがとうって。。。泊まってくれたから行けたよって言えればいいのかな?

うーーん、言えない。

以前ショート使い始めたときに、ばあちゃんが帰ってきたあと言った言葉。

夕飯のときに娘たちと私に向かって『ばあちゃん居なくてせいせいしたでしょう?』

・・・・はい。確かに居ない間のんびりとさせていただきました・・・・・・・

ってまさか言えない。これこそ本当に・・・ってした感じの空気が漂ったのを今も憶えている。

だから怖くて言えません。

すんなり話せたら、もっと楽しい介護が出来るのかもしれないなぁ。

なんとなく仮面介護です。

2月は遊びました!

さあ、来月はどうするかな?

明日はケアマネが、来ます。

2週続けての旅行で用事が、たまり放題。。。

ランドの写真は、また載せますね~~~。

 

コメント (4)

雪まつり私も行きたい~!

2011年02月09日 | 何気ないこと

昨夜は、泊まってた娘と孫

孫パパが。帰ってきて今日は雪まつりに行くと言う。

私は、ばあちゃんが帰ってくるので時間気になるし・・・パス。本当は、行きたい。明日でも行こうかな。

最近孫は、出かけると言うとふざけて上着を着ない・靴下履かないなどをケタケタ笑いながらやっていて・・・

最終的に泣くことになり、嵐のように出かけていく。

そして静かになった我が家は、散乱した玩具やら折り紙やら・・・としっかりと孫の形跡が残されているのである。

泣かないで滑り台できたかなぁ~。

昨夜、ままごとの果物をばあちゃんに『これなんだ?』と聞くと「桃」

それを聞いた孫は<みかんだよ!>

『ブブー!柿だよ。これは』

しかし、オレンジ色の桃っていったい。。。

 

コメント (4)