気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

毎日の事

2010年05月31日 | 介護
ばあちゃんが、歯磨きしてるとき・・・様子を伺って『入れ歯外して洗ってね』と声をかける。でないと95パーセントくらいの確率で外さないからである。
外した後の歯も言わないと磨かない。

ばあちゃんの磨き方は、入れ歯入れたままハブラシを適当に力だけ入れてゴシゴシして終わるのである。
最初に入れ歯を外させてやってみたが、自分の順番があるようで余計わからなくなってしまうようだ。
なので見計らって言うのである。

だが・・・・ちょっと目を離して言うのが遅れると『もう洗ったよ。外して洗った!』とそれはそれは強い口調で返事が返ってくるのである。
それでも歯槽膿漏になりかけているばあちゃんの歯茎が悪化すると困るので・・・追い討ちかけて言うと私が見ていなかったのをわかって言ってるんじゃないか?って感じで顔つきまで変わって洗った!と言う。

そこまで言われると私も『そうなの?』と言って終わらすけど。
きっと洗ってないと思う。

あの強気は、どこから来るのか?歯ブラシをカップに洗って仕舞う前に言わないと言い返すので、きっと外す・外さないは関係なく面倒なんだろうなって思う。

なのでばあちゃんが、歯磨きしている間私は何度も洗面所を覗きに行くのである。


夕飯のとき。
ご飯ばかりモクモクと口に入れてしまいがちである。
途中で『ばあちゃん、おかずも食べてね!皿に残ってると』などと何度か声をかける。
それでもお茶碗のご飯がなくなるとご馳走様と箸を置いてしまう。

ばあちゃんのおかずは、以前より量を減らしているので綺麗に食べて欲しい私は『まだ残っているよ。ばあちゃんの量少なくしているから食べてね』と再度声をかける。
2度3度言ってようやく食べてくれる。

もう、とっくに夕飯のときの会話はほとんど無い。
以前この静かな夕飯が、とても苦しく話しかけて会話しようとしたけれど・・・もうばあちゃんは食事と会話が一緒にできないようである。

なので様子みながら私もあまり話しかけない。
一見周りから見ると冷たい夕食の風景だろうなって思うけど。
仕方がない。

こんなに動けなくなって来ているけど、ばあちゃんの視線は時々恐い。
その目の奥で何を思ってるの?って聞きたい。
コメント (2)

ゴミ

2010年05月26日 | 何気ないこと
朝からゴミの話。

札幌市は、昨年から有料ゴミ(燃えるゴミ)と資源ごみなど分別されています。
この有料ゴミは、有料のゴミ袋に入れて出すわけなんです。

無料というか・・・通常の半透明のゴミ袋はきちんと分別された雑紙など資源ごみでないと持って行きません。

これが、なかなか分別されないで捨てられている。
町内会のゴミの捨てる所にも車で乗り付けて捨てる人なんかもしるのです。

カラス対策などもあり、木箱みたいなゴミ箱がいつのまにか出来上がって・・・
ゴミが散乱しないようになっていた。
町内会のだれか・・・たぶんあのお方が作成されたのではないかと思うのだけど。

これが、我が家のように燃えるゴミが多い家には捨てるのが大変なんです。
どうしてかと言うと、ゴミ収集車が持って行き易いように車道に向って歩道に設置してあるのですが。。。車道で車が来ないか気にしながら重いゴミをよっこらしょと持ち上げなければならないのです。

歩道にあるので車道からとなると1段低い場所から捨てるので余計高く感じるのです。
私は身長も低いほうじゃないので背の低い人は、大変なんじゃないかな?って思うけど・・・きっとお年寄りはゴミの量も少ないからあまり感じないのかもしれない。

おまけに、蓋を片手で押さえながら右手一つでゴミをよいっしょって持ち上げるのだから肩の痛い(50肩?)私は本当に辛い。

しかし、そんな事を言える立場でもなく。。。我慢して持ち上げるしかないか。
でも車道から捨てるって危険だと思うんだけどなぁ~。
特に冬場は、道幅も雪で狭くなるわけだし。。。

あんなに仕分けする意味が、本当にあるのだろうか?
資源ごみ・資源ごみって言うけど札幌の人口の資源ごみ活用されているのだろうか?
噂によると使い切れなくて・・・結局燃やしているとか。

我が家は、ばあちゃんの紙パンツやパット・孫の紙おむつ・猫の砂などもあるので毎回40リットルの袋で捨てる。ゴミが多いです(汗

近所の人にしたら、あそこは本当にゴミ多いねって言われてるのかも。
たかがゴミだけど・・・されどゴミ。

あのゴミ箱今朝行ったら、ワイヤーでくくってあった。
他の人がきてパッと捨てにくいようにと考えた上でのことなんだと思う。

今は、ばあちゃんの仕度が終わる8時45分前後で捨てに行くが・・
8時半までに捨てに行かないと鍵締められちゃう?

早めに捨てに行ける様に、行動考えなくっちゃ!
コメント (6)

25周年

2010年05月24日 | 
先週は、週末以前にも書いたよく行くお店(スナック)の25周年ということでばあちゃんがショートのときに行ってきました。

待ち合わせした友人は、以前にすご~~~く騒いだ友人。

まっ・・・やっぱり騒いでしまいました。

25年かぁ~。
私が行き始めて13年だから。。。すごいですね。

お客さんも子供世代になってたりして面白いです。

30周年目指すと言ってました。
その次は、自分の達の体が動かない時はカウンターの中にお客入れて働かせると(爆

マスターもママも還暦を越えていて。。口も悪いです。
でも。。。なんだかいいんですよね。
コメント (2)

私なら・・・

2010年05月19日 | 友達
私は万屋かい?って言いたくなるほど・・・
いろんな事が、舞い込んでくる。

私より何歳年上だろうか50ちょっとの彼女の事である。
ご主人が3人目を妊娠中浮気をしたらしい。いやその前にも何度もあったらしい。
許せないのは、自宅に女を入れたこと。それも何度も。

許せないまま離婚に踏み切れなく50過ぎまで来てしまった彼女。
子供3人も大きくなり末の子は、もう高校3年。

札幌にいたのだけど、ご主人が単身赴任していた栃木のほうへ引っ越していきましたが。。。
どうも彼女にも札幌で仕事しているときに好きな人が出来たようなのです。
深い関係は、全くなかったそうですが気持ちは真っすぐに向っていたようです。

今は全く何も連絡取り合ってないようなのですが、彼女はもともとご主人への愛情などなかった上にその彼への気持ちは忘れることが出来ず。

全く夫婦の会話が無い状態で暮らしているのです。
同居している子供2人も1人は、ちょっと引きこもり状態になってるみたい。
今は生活費も貰わず、ご主人がたまに大量に買ってくる食物で料理し・・・どうしても足りないものはご主人名義のカードで買うそうです。
いったいいくらの給料を貰っているのか・・・水道光熱費がいくらなのかも知らないとのこと。

ねえ?何故一緒にいるの?
もしこれから一緒に生活するにしても離婚という道を取るにしても、2人は向き合って話し合いをしないといけないじゃないの?
何度も私は言いました。

でも返事ははっきりしないのです。

子供を通しての会話。それもすぐ喧嘩になるらしい。
離婚というのはもちろんいろんなことで将来不安が、残ると思うけど・・・
このままで幸せとは言えないと思うし、それで老後お互いにどうにかなるの?って思う。

私の主人に話してみると『自分だったら離婚するな』と言う。

彼女は今末の子が、札幌の学校へ進学してくれたら自分も一緒に付いてこようと思っている。それって何も解決になってないような気がするんだけどな。

話を聞いてるだけで、私なんかイラついちゃうんです。
ご主人も彼女も子供達も今のままでは、不幸だと思う私はおかしいのかな?

どうしてこうお悩みばかり舞い込んでくるのだろう?
コメント

誰か教えてください!

2010年05月18日 | 家族
娘の友達のお話です。

まだ20代前半の子のお父さん(50代前半)なんですが、仕事を辞めたのか?リストラなのかよくわかりませんが現在はしていないようです。もとは薬剤師とか。。。

病気がちなおばあちゃんも同居しているようなのですが、そのお父さんがどうも話を聞くと普通じゃないんです。
鬱じゃないかと思います。

今は食事もほとんどしなくてお酒を飲んでるようです。
お酒は無くなると買いに行ける時といけない時があるようで、2週間とか飲まないときもあるという話からアル中ではないと思います。
もうこの様子がオカシイと言う話を私は、いつ聞いたのだろう?
かなり経っているのは記憶にあります。

かなりやせ細ってお腹がポーンと出てきているようなのです。
奥様は、子供が小さな時に亡くなっているらしく・・
以前聞いたときに、嫌がっても誰かお父さんの親戚とか兄弟とかに相談して無理矢理にでも精神科受診しなさいとはなしたのですが。。。そのままらしいのです。

若い子なので近所との付き合いもそんなに無く。。。ただこのままじゃいけないと思いつつ仕事に行ってるようなのです。

なんだか話を聞いていて、栄養失調起こしてるんじゃないの?って思ったんです。
目はギョロギョロしている感じだと言うのです。

お父さんが、もし入院となるとおばあちゃんも1人で家に置いておけないという現実もあるとか。。。認知症とかではないけれど体が弱いらしい。

こんなときは、区役所などに相談するところがあるのでしょうか?
本人きっと表面上は、ある程度まともな受け答えするだろうし病院進めたところで拒否すると思う。

母親が居ないって・・・大変なことだなってすごく感じました。

なんだか他人事じゃなくてとても心配です。

こんな状態でもしものことがあったら?
その娘さんは、一生後悔するに違いないのです。
誰かこんなときにはどこに相談したらいいか教えてくれませんか?
コメント (4)

プロレスも好きかも?

2010年05月18日 | 介護
今日はばあちゃんの精神科。
とても混んでいて時間がかかりました。
ばあちゃんの隣にいた綺麗な格好したおばあさんが、私に『時間かかりすぎる』と文句タラタラでした。

混んでるから時間かかりますね。でもみんな待ってますから仕方がありませんね~と返すとまだブチブチ言っていた。

病院から帰って急いで昼食つくり食べた。

先ほど3階へ行く前に、ばあちゃんトイレない?と聞いたら『無い』と返事。
わざとじゃないの?って言いたくなるくらい・・・3分ほどで降りてくるとトイレに入っていた。。。おいおい。

それもうん○したとか。
『もう拭いたよ』と言う。後ろから覗くとペラペラのトイレットペーパーが、便器の中にペタっと貼り付いていた。
こんなペラペラで拭いたって??手で直接拭いたようなもんじゃないのよぉ。
ウオシュレット使いやり直し。

何故聞いたときは、『無い!』って断言するんでしょうか。

ちょっとムカつきながら、プロレス見せたら前のめりになって観てる。
戦う相手は、私に見えてたりして~~~
コメント (2)

少し春かな

2010年05月17日 | 
ほんの少し春の陽気が漂い始めました。
今日は、23度くらいあるとか。
今日は、ショートからばあちゃんが帰る前にセーター類を仕舞いこみました。
それと外したシーツと毛布布団カバーなどをセッティング。

これが、何枚にもシーツ重ねてあるので意外と大変。
以前は、ベッドマットの上にベッドパット→防水シーツ→シーツ→横に防水シーツ→大判バスタオル  とこんな感じだったのですが。

夜中に何度もベッドからずり落ちるようにポータブルに座ってる模様のばあちゃんには、この大判バスタオルごときではグチャグチャになってしまい・・・朝起こしに行くと防水シーツも何もかもゴチャゴチャによれてしまってた。

うーーんもっと大きなバスタオルを買わないといけないか?と思っていたけど。
横にしてシングルのフラットシーツで防水シーツを巻き込んでみた。
ちょっと長さがありすぎて大変だけど、成功!!朝行ってもよれてはいない。しっかり濡れてはいますが(汗

まるで病院のベッドみたいになったばあちゃんのベッドであります。
真っ白なシーツなので小さな黄色い色が、まぁ~はっきりと目について確実に毎日結局シーツ洗濯ですが仕方がないです。

高齢者=洗濯ですものね。

明日は病院だあ。
明日も天気がいいらしいけど、ばあちゃん前みたいに歩けないのでtaxiでとなる。
途中には、桜も咲いているんだけどなぁ~。
最近デイの事をなんと言ったらいいのかわからないようで『会社』と言う。
会社で桜見に行った~とかね。
まあ、ある意味会社かもね。
コメント

目が自然と

2010年05月16日 | 
ばあちゃんと暮らしてから思うこと。
こんなに愚痴愚痴言ってるわりに、周りの高齢者に目がいくことである。
買い物行ったりしたとき、デパートの重いドアなどを開くのが大変そうそうとか。。。
階段の重い荷物持ってる人など。。。

いろんな高齢者に目が行く。

あと小さな孫も居るから、お子さん連れのママにも目が行く。
泣き止まないで居る子に困ってるいるお母さんなどには、大人になるまで泣いてる子供はいないから安心してねって声かけたくなってしまう。

あ~、40代。
高齢者と小さな子供にだけ目がいって・・・素的な男性に目がいかない私はどうよって思うことがたまにある私なのだ。

もちろん男性に目が行ったからといって別に~~~って感じだけど。
コメント (6)

仕事がしたい

2010年05月16日 | 家族
ってこれは、私のことじゃなく
実母の話です。

施設では、なんにも仕事がないのに有難いことに3食しっかり出てくる。
なんにも仕事していないのだからお腹なんかたいして空かないと言うのです。

姉が「母さん、今の世の中30代40代の人だってなかなか仕事がないんだもの。母さんに仕事ないさぁ~。母さんもう90歳になるんだよ?そりゃあ仕事ないしょう?」

そうかあ~、若い人もないのかぁ。。
なんか仕事したいなぁ~とつぶやいてたそうです。

もともと働きもの。昔の人はみんなそうだったのかもしれない。
朝は、早くから起き出して朝食の前に畑仕事それから朝食作って食べるって形だったと思う。

お年寄りに何か仕事をさせた方が、よいというのはこの母の言葉からもこういうことなのかなと思いました。

我が家に居るばあちゃんに仕事かぁ。
何がいいだろうか。
コメント (2)

実母の外泊

2010年05月10日 | 家族
連休は終わっても何かと忙しい毎日です。
仕事に行かなくなっても何故かゆっくりする時間は、増えない

連休に私の姉が、実母を施設から連れてきて外泊させてくれると言う。
有難いことです。
私は、気になりながらも何もしてあげること出来ないでいるし会いに行くのも出来ないで居る

帰っているのを見計らってメールをしてみたが、返事なし・・・
どうしたのかなぁ~?と思いながら実母もアルツハイマーなのできっと大変なんだろうなと帰った頃見計らって再度メール。
その後電話で話したのですが。

実母は今回施設から姉の家までのの中『遠いね~。ずいぶん遠いんだね~』などから始まり、家に着いても食事を取るたびに『悪いけど送ってもらえるかい?』と何度も言うのだそう。
それでも「娘の家なんだからいいんだよ。泊まっていいんだよ」と言うと『あんた娘なのかい?私の娘なのかい?ここ娘の家なのかい?そう言われてみたら・・・顔見たことあるような気がするわぁ』と言ってボロボロ泣き出したそうなんです。

それでもやはりアルツなのでそれも忘れてしまい。『送って頂戴』の連発。
終いには『今日は、ここ私1人なんだね~。他の人は居ないんだね』と。。。

もう姉は「そうだよ今日は、1人だから特別大サービス出来るんだよ」と伝えて眠ってもらったみたいです。

翌朝朝食を食べても『送って頂戴』攻撃
2泊の予定でしたが、朝食の後送って行ったそうです。
帰りののなかで『○○さん、1人だけにいつもしてもらってすまないねぇ~』って初めて今回の外泊で名前を呼ばれたそうです。
「母さん、私のことわかるのかい?」と聞くと『分かるよ忘れるわけないしょ』と返事。

なんだか、聞いていて切ないなぁと思いました。
本当に切ないです。

救われるのは、帰りにまだ思い出せたことかな。
実母にとって、施設の方がもう安心できる場所なんだなぁ。

実母は足は、多少おぼつかないですがトイレもしっかりしております。

姉は、言います。
なんだかんだと言っても我が家のばあちゃんは、息子の家に居れるのだから幸せだと思うよ。

アルツハイマーの人の幸せってなんなんだろう?
私には、まだ分からないことだらけです。

今年は、なんとかして実母に会いにいきたいな。
きっと分からないんだろうケド
コメント (4)