気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母は、泣き虫

2012年06月21日 | 介護

母の所へ行ってきました。

詰所で看護士さんが、相手をしてくれてました。

今日は、冷麦を茹でて持って行きました。少しでも食べてくれないと・・・これで風邪でもひかれたら体力がもたないでしょう。

詰所から車いすで部屋に、戻り冷麦を一口。

『もう、腹一杯だぁーー』

まだ一口しか食べてないよ~~~。

あーばあちゃん、私誰だかわかる?

『わからん』

娘だよーーー。末っ子だよ。

なんて話して二口目を入れる

『もう腹いっぱい。ご馳走様』

あれ、ばあちゃん昨日1人で眠ったの?

なんて関係ない話をしながらようやくお椀1杯くらいのそうめんを食べさせた。

なかなか、看護士さんにこの食事の介助を時間かけてやってもらうのを望むのは無理でありましょう。。

夕飯も食べさせること出来るといいけど、それから帰るのもきついのである。

お願いだから食べてぇと思う子供たちです。

母は

『寂しい。一緒に寝よう。帰らないで。一緒に帰りたい』などなど・・・

『すぐ、泣いちゃう。情けない。ごめんねぇ~』

可愛い駄々っ子になっております。

車いすにベッドから移動するのも一昨日行ったときよりも楽そうで回復は、しっかりとしているようです。

食べて体力つけないと。。。と悩む娘達です。


コメント   この記事についてブログを書く
« 2人の母 | トップ | ばあちゃん顔あげて。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

介護」カテゴリの最新記事