気ままに・・・

2011年まで5年姑を介護その後施設へそして亡くなり…。なんだか複雑な思い。さぁ、私も再出発です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母の四十九日無事終了

2015年03月16日 | 介護

実母もだんだんと問題が出てきていました。

その前に義母が亡くなり・・・ゴタゴタしたまま実母が高カロリー栄養できなくなったり熱が出てきたりと

私は、仕事しながら母の病院へ帰り寄ったりしていました。

もう仕事の事、義母の事、義弟の事、クタクタの状態で母の容態が悪いと聞いてもなんだか集中できないというか

なんと表現したらいいのかわからない。

12月から気をつけて母のところのも顔を出していました。

1月には熱が出始め・・・点滴のポートのところにも細菌がついたようだし。。。。

高齢なので仕方がないのだろうな。せめて苦しませたくない。その思いだけ。

1月の中旬から容態が悪くなり熱が出て個室へ・・・

仕事を早退していき夜中に家に帰ったり・・・その合間に、義弟達との問題。

弁護士さんへ通知書のお願いをしてきた。

攻撃的なメールも電話も受け付けない。あとは、弁護士さんを通してと通知を出す。さっさとしてもらうべきだったと本当にくやむ。

1月24日・・・母は亡くなった。眠るようだった。前日にはなんとなく孫やひ孫の声が届いているようだったし・・・

とても穏やかな顔をしていたし、みんな会いに来てくれた。

振り返ると・・・・その前後はあっと言う間に流れていたのか記憶があるような無いような?

親が居なくなるのは、本当にぽっかりと私の中に何か無くなった感があります。

前日四十九日を少し早めて無事終わらせホッとしています。

主人の弟たちは、弁護士に次男が納得できないと1度電話かけたようですがその後何も音沙汰無しです。

裁判かける準備しているのかもしれないし。わからないけど。

もうすぐ姑の一周忌です。

もちろん義弟達は、呼びません。静かに主人と行うつもりです。連絡ももう取ろうと思ってません。

主人には、兄弟なのでかわいそうだなって思ってます。

私が居なかったら、わだかまりもないのかもしれないなとか。

考えたらキリがない。

それでも考えてしまいます。私が死ぬまで考えてしまうことなのかもしれないですね。

これからは、自分達の老後もあります。

どんな老後を迎えるか?迎えたいのか?主人と話したいと思います

 

コメント (6)

母が亡くなりました

2015年02月16日 | 介護
1月24日実母が94才享年96才で逝ってしまいました。

なんか疲れてるところに、インフルエンザにもかかり…
もう少し落ち着いたら、ゆっくり書きたいと思います。

最期は、眠るように孫や曾孫にも会い。良い最期を過ごせたと思います。

コメント (3)

強い意志を持って向かいます。

2015年01月08日 | 介護

主人の疲れ方。それは尋常な感じではなく・・・

遺産のゴタゴタに私は、関与したくないと思っていましたがあまりにも言ってくることがひどく。

私たち家族が長年介護してきた事なんかこれっぽっちもありがく思ってもいないし、私の事を何もしらない癖に勝手に想像して自分の中で話を作り上げる義弟をもう本当に許せなくなりました。

主人は兄弟だしまるくまるくおさめようとしたのでしょうけど・・・・。

私は言うとおりにする意味がわかりませんでした。そんな事をしたら私が何年も泣いたり怒ったり笑ったり悩んだりしながら介護してきた40代は、なんだったのだろうかと思う事になるからです。

そんな私を出張先から心配してきた主人の気持ちもです。

早くに専門家に相談にいくべきでした。スッキリしました。

しかしこのままに、しておくような義弟じゃないので裁判になる可能性は大きいです。

しかし私にたいする侮辱する数々の言葉。許しません。

昔・・・義弟は義母にお金を貸してそのお金で土地を買ったはずで設けたお金をもらっていないと言い始めて

デイに面会に行き・・・お金返せとか貸したよなと言い。義母を泣かせた事もあるようです。信じられません。

その話は、施設の方から話を聞いてましたが義弟本人も今回主人に話していたそうです。

ありえないです。

義母が最期まで話せるうちは、兄弟仲良くとよく言っていましたが。

ごめんね。そうはいかないみたいです。でも主人の事は守ります。何かあちらが言ってくるかもしれませんのでもっと書きたい事は山ほどありますが、そうそう書けません。

 

コメント (4)

母のこと

2014年09月25日 | 介護
昨日母は、点滴のポートを入れる手術するため系列病院に出向きました。

以前の病院で入っていたポートは、ばい菌がついてるらしく高熱がつづくのはそれが原因と取りました。

その後点滴で栄養を入れようとしても血管を確保できなくて…
皮下注射で水分と塩分を入れるだけでした。

まだ意志の疎通も出来て会話も出来るのでなんだかそれもいたたまれなく今回お願いして再度ポート埋め込みをしていただきました。

もしこれから高熱が、でた場合は抗生物質を使いそれで治まらないときはまたポートをとりだし…あとは、皮下注射のみにすることになります。

こんな行為も母にとってどうなんだろう?って思いながらなんですが、主人とは意見があいません。

また書きますね。
コメント (2)

状態安定

2014年06月27日 | 介護

母は、抗生物質を2種類使ったところ・・・効果あったようでしばらく発熱していません。

少し安心です。

でも高齢なので体力は、確実に無くなってきているように思えます。

痛みもやはりあるようですが、高熱を出したときよりは良いみたいです。

痛みもなく熱もなく余生を静かに、生きてほしいものです。

 

猫ちゃんの高齢化も進んで梅は、痩せてきています。

でも食い気がすごいので甲状腺かもと思い血液検査をしていただきましたが、大丈夫でした。

猫は、あまり認知症もないようです。

何故あんなに食い意地はって食べてるのに痩せていくのか?

不満があるようでウン〇をトイレでしないのも何が不満なのか?

餌を考えながら、大好きな缶詰を与えています。

あっちもこっちも高齢化です・・・

コメント (2)

実母は危険な状態です。

2014年06月10日 | 介護
四十九日も終わり、祭壇が無くなり少しずつホッとしています。
毎朝仕事に出る前に!行ってきまーすと手をあわせる日々です。
義弟たちとは、7月に仙台の三男が来て話すようです。
母親を看るために、追い出したとか…
お金が、うちの親に流れていくとか有り得ない事を言われ私としては怒りで煮えくり返っていますが関わりたくもないです。

実母は、胆嚢が炎症を起こして肝臓に癒着して手術も出来なく腸の細菌があり抗生物質も効かなくなってきました。三日に一度は、41度までの高熱を出し解熱剤で下げるかたちです。

仕事が休みの時に行ってますが、体力が無くなってきたようでこわい、あーこわいって。(身体がしんどい)

お腹も痛いようだし、みていて辛いものがありますが熱の無いときはかなり会話が出きるので今たくさん話しています。私の髪の毛なぜてくれたりするんてすよね。とても嬉しく悲しくなります。
いつまでも母親ですよね。

コメント (4)

ばあちゃん悲しんでる暇ないよ②

2014年05月04日 | 介護

香典の収支教えろよ!と電話よこした次男。

教えるのは、別になんでもないことですが怒鳴るような事ですか?

告別式の夜に、電話で文句言うようにですよ。

初七日に叔母さん(姑の亡くなった弟の嫁)と次男の嫁が来ましたのでわざと・・・香典の金額やら葬儀の詳細をコピーしたものやら茶封筒に入れて

叔母さんの前で「弟に頼まれてた収支です」と主人が、渡そうとすると。

次男嫁は、目配せして(叔母さんの前で辞めて!みたいな)受け取らなかった。ムカついたので旦那に続きどうぞって言ってやりました。

いい人ぶって、陰で請求してたくせになんなの?

何日か後に、郵送しましたよ。

葬儀が、家族葬的にしたのが面白くなかったようなので四十九日を小さな会場で行うことにしました。

特に大勢呼ぶわけじゃありませんが、仏壇のあるばあちゃんの部屋には10人は入れませんので。しかしこれにも文句!わざわざ会場なんかでやらなくてもいいのにと・・・

もう何やっても文句言うんでしょう?違うの?

さてとそれからです。

三男と次男でびっくりするような話になっていて情けないと言うか、もう私本当に人間不信と言うか・・・やっぱり次男の事許せないです(ごめんね。ばあちゃん)

それは、お通夜の日の日中の出来事

主人が私の母の事を次男に話したのです。私は心の中で話さないでほしいって思いましたが目の前で話しているので止めることができません。

でもその内容は「おふくろと同じ病院に転院してくる予定なんだ」みたいな・・・「今おふくろみたいに、点滴だけになって」

次男の顔つきが変わりました。『兄貴も変わってるけど、男の兄弟居ないのか?』気づかない主人は「兄さん居るけど埼玉だから、札幌に居る姉さんと看てる」

そしたら次男『普通は、息子が看るの当たり前だろう!なんで兄貴が』

私がえっ?????!!!!と声を出した所で主人もようやく気が付いたようで「違うよ。札幌で受け入れてくれる病院がおふくろの入ってた病院だけっだった」と   私もまだはっきり決まってもいませんよ。

それで納得したと思ってましたよ。

甘かった。

はぁ~~~~~。

私の母親を看るためにさっさと施設に追い出して亡くなったらさっさとばあちゃんの部屋に自分の母を置くみたいな。

そんな話になっていて私は、やっぱりひどい嫁として次男と三男の間でされてたみたいです。

あり得ない!!!!

てか、私の母は今胆のうの手術も結局できなくて(肝臓に癒着の恐れあり)管を入れていて・・・

結局食事できない上に、熱も出ていて点滴だけであり・・・

93歳ですし長いことはないだろうなって思ってます。

札幌までも熱があり、連れて来れないでしょう。

なのになのに、何も知らない義弟達ひどくありませんか?吐き気がします。人に対して吐き気がするのは初めてです。

ばあちゃん、ごめんね。

私ね、義弟がうるさくてもその裏にはばあちゃんの事が心配で心配で私がちゃんと看ててくれてるか不安で

あんな感じになるのかなって頭のどこかでは、そう思いたいなってところあったんだよ。

でもね、酷すぎるよ。

私同居しなければ良かったのかな?最初から施設に入れたら良かったのかな?

ばあちゃんが長男(主人)の事大好きで一緒に住みたいって知ってたから・・・私同居して喧嘩もしたけどいろんな事あったけどばあちゃんの気に入る嫁じゃなかったろうけどさ、頑張ったんだけどな。。

どうしたら良かった?

同居してからずーーと言われて亡くなってからも言われて、主人もクタクタです。

見てると可愛そうになる。なのに話しているとやり場のない気持ちで夫婦喧嘩にもなってしまいそうになる。

ばあちゃん『兄弟仲良く』ってよく繰り返し言ってた意味、次男と三男にはわからないんだね。

私の母親まで巻き込まれると思わなかったよ。

コメント (6)

ばあちゃん、悲しんでる暇ないよ①

2014年05月02日 | 介護

少し落ち着いた・・・。

いえいえ気持ちは、何も落ち着いてないかもです。

ばあちゃんは、4月に疥癬が良くなったと言われたのとほぼ同時に熱が出始めました。

背中と頭に、アイスノンをして眠ってました。

39度になったり37度台になったりの繰り返し・・・そのうち脈拍が、170くらいになって息遣いが荒くなっていました。

抗生物質の点滴・・・黴菌が入ったようです。

なかなか抗生物質が、効かずばあちゃんの息遣いは本当に辛そうでした。担当医から「心臓が、もってるから動いているけれど・・・」と

全速力で走ってるようなものだったのでしょう。

 

ばあちゃん、そんなに走ってどこに行こうとしているの?

同じ部屋に居た人が、移されました。

遅番の仕事に行く前に、会いに行きました。

娘たちにも会いに行かせました。

義弟にも連絡させました。

そして次の日の11日亡くなりました。最期に全速力で走り抜けて逝ってしまいました。

夜中の電話で急いで駆け付けました。20分ほどで着きましたが、間に合いませんでした。

近くの病院に居ても間に合いませんでしった。

ほんの10分か20分悲しんでいたかな?

後は、葬儀の事など考えることやることが多すぎて悲しむ暇もありません。

次男は、仕事で郡山に居ました。三男は、仙台です。

まっすぐ、会場へ運び仮通夜です。主人と2人でバタバタと出たり入ったりしながらばあちゃんと一緒にいました。

次男が、夜10時ころ娘2人を連れて会いに来ました。嫁はいませんでした。

戻るような事を言って戻りましたが、そのまま朝6時まできませんでした。その時も嫁は来てません。

嫁は、通夜の日の湯灌の時まできませんでした。

私たち夫婦は、ばあちゃんが病気になってから10年近く経つし親戚ともほとんど10年近く付き合ってなかったので親近者だけの家族葬と考えていました。

それでもたくさんの親戚は、来ていましたが。。。。

このことも次男は、気に入らない。

通夜ぎりぎりに着いた三男は、着いてすぐに明日の告別式や繰上げ法要は何時に終わる?何時の飛行機には乗りたいとか。。。

札幌では、お香典をもらった方にお茶やのりなど1000円前後のものをお返しします。

お香典の金額に関係なくです。

火葬場まで行った方には、食事を出し繰上げ法要まで居てくれた方には忌中料理のお弁当と引き出物を渡しています。そのほかに供物やお花を分けます。

仙台では、半返しのようでまず。。そのことをこの香典返しでは足りないと。

しかもです。

香典は、全て封を開けて現金と封筒を別に持ってきました。。。ぐちゃぐちゃにされていました。

そんな中でやっと家に帰り祭壇を作ってもらい。

夕飯を自宅で食べていると次男から電話。

「香典の収支ちゃんと教えろよ!」と興奮してかけてきた。

 

 

コメント (2)

姑が、亡くなりました

2014年04月19日 | 介護
先週の11日の3時50分
入院先の病院で永眠いたしました。

詳しくは、落ち着きましたらおいおいばあちゃんを想い出しながら書きたいと思ってます。
コメント (4)

実母と姑

2014年04月07日 | 介護

実母は、胆のう摘出手術に踏み切ろうかと思っていましたが・・・肝臓との癒着があるだろうとの事で

胆嚢に管をいれたままにして食事をとる事になりました。

連休明けには、札幌の病院へ転院してくる予定です。

姑は、またまた疥癬になってしまいました。以前の疥癬が、しっかり治ってなかったの?

また隔離されています。

昨日行ったときは、ばい菌がはいったらしく熱が出ていました。

早く疥癬良くならないかなと願うばかりです。

私はと言えば、仕事に行ってますが娘夫婦のゴタゴタがありクッタクタになっています。

これは、書いていいのかどうなのか??

ハッキリとしたら書けるのかもしれないし、ずーと書けないことになるかも?

3人いれば。いろいろですわ。

先日も末娘の旦那(外人)ビザが、切れてたらしく焦って今日手続きにいきました。

国外退去もなくほっとしました。

仕事しながら・・・気になることが多々あり本当に疲れてます。

年より2人・・・娘達・・・孫達・・・主人・・・

特に主人は、問題ないですが仕事してない中でいろんな問題おきるのでかなりのストレスだろうなと感じています。

優しくするとしますか。。。

 

コメント (2)