どちらかと言えばトコブシ

日記ですけど覗かない方がいいと思います。
ろくなこと書いてないんで、時間の無駄ですよ。

にゃうんどほらいずん。

2008年09月01日 | ゲーム、アニメ系
Sound Horizon 6th Story CD『Moira』の感想を・・。

運命ですか・・。

今回も凄いクヲリティーです。
と言うか、音楽は今までに無いくらい豪華。←聞けば解る。
2期になってどんどん派手さが加速しますね、Revoさま。

オープニングから壮大なんですよね。
というより、その次に続くじまんぐ凄すぎます。あのおっさんホントすげーよ。
スンゴイ。
ってか、毎回じまんぐの所の曲だけはサンホラらしいと思えます。


一応曲順。

1.冥王
2.人生は入れ子人形
3.神話
4.運命の双子
5.奴隷市場
6.雷神域の英雄
7.死と嘆きと風の都
8.聖なる詩人の島
9.遥か地平線の彼方へ
10.死せる者達の物語
11.星女神の巫女
12.死せる乙女その手には水月
13.奴隷達の英雄
14.死せる英雄達の戦い
15.神話の終焉


ココからははっきり言って愚痴ですな。

「続きたいのはアルヴァレス将軍でつっ!!!!」フンだ。


しっかし、ずっと好きなだけにイベリアからの流れがどうしても苦手・・。
というか、受け容れ難い。

台詞が日本語に戻ったけども・・・。もどったけどもぉ~・・・。
最初、歌詞カードも何も持たず聞くと、英語の閑話、何言ってるか全然聞き取れないから、何が伝えたいのかさっぱりわかんないんだよにゃ~。

悲しい事に、耳だけで物語が残らないの。


サンホラの良さは、音楽に平然と日本語の閑話をぶち込む所にあったのにぃ~~!!


英語力云々の前に母国語の重さを理解して欲しい気がする。
1期と2期との明らかに受け取るメッセージの重さが異なる事実に気付いてほしい。
『Chronicle 2nd』とどうしても比べちゃうんですよネェ。
個人的にコレが最高作品やと思ってるので・・。

日本語の閑話。重くのしかかってくるし、凄く救われる言葉がキャラとの間に入らないと臨場感が薄すぎて・・。
あれが無い音はシンクロ率がダダ下がりすぎた。

Revo様いい加減英語間に挟むの飽きてくれないかな~。

でもじまんぐいっぱいでよかったぁ。

全てが同じ言葉の物語なら、こんな美しい物語をあたしは聞いた事無かったんだと思う。

「君は君の地平線をめざして」


だって、物語は常に一つの言語で綴られるのだから。
コメント