うつぎ窯

天草  薪窯で焼き物つくり・・・・  

そして・・・  最近認知症のぱーちゃんとバトルを繰り返しております。

短パンTシャツ姿の窯主とうつわたち

2020年09月14日 | 日記

いよいよ、今週末 窯元巡り開催。

で・・・

ここんところ、  はて・・・

展示の具合はどんな風にすべーかなぁ。 と  まずは玄関にアルコールとマスクなどは常識として

あれこれと考えてみたのですがねぇ。

んーーーーー。

んーーーーー。

と・・・

どうにもこうにも

なかなかいいアイディアも浮かばず。

今回は・・・

自宅を展示会場として使うのをあきらめて

工房のみを展示会場として・・・

今までにしたら、ハーフな感じになっちまってまことに申し訳ございません。

ふつう、展示会っていったらねぇ。

国道沿いのウェルカムボードで 「ん! 今回はどんな器焼いてるかな?」なんてワクワク感を盛り上げて

この狭い道がちょっとあぶねぇんだよねぇ。  なんてひやひやさせて

やっと窯主家に到着。

玄関を入ると

まずはこのでっかいので、びっくりさせて・・・

壁に目をやると・・・ おや?  と考えさせられるような仕掛けを作り・・・

足元のテーブルを見ると そこには焼き締めの器が・・・

奥へ進むと・・・むむむ?・・・・

こ・こ・これは!

なんていうように    その空間全体にお客様を楽しませる仕掛けをちりばめて

で、、、

最後には

ちょっと湯飲みの一つでも連れて帰ろうかねぇ。

という気分にさせちまうという 

窯主のマインドコントロール的手法を今回も・・・・と、思うておったのですが

いかんせん、このコロナ禍。。。

もうしわけございませーーーーん。

今回 秋の窯元巡りは    

工房にて、くるくるろくろを回す ヨレヨレTシャツ姿の窯主とうつわたち

というコンセプトにて    スタートいたします。

(ん? コンセプトってなに?)

 

コメント (4)

秋の行事。

2020年09月13日 | 日記

朝夕は秋らしさが感じられるようになりましたなぁ。

いかがお過ごしでございましょうか・・・・

昼間の日差しにもどこかしら柔らかさが   おおーーー。秋ですなぁ。

秋になれば・・・

こーーんなことや

あーーんなこと・・・・

なんかが・・・

めじろおしでございまして。

 

むむ?

めじろ押しって・・・・   

あの小鳥のメジロ?  そんなに押し合いながら小枝にとまってる?

という本日の疑問でありました。

 

あーーぁ。 今日も茶碗仕事出来んかったなー。  

 

コメント (2)

焼き物って?

2020年09月11日 | 

人間 70年 80年と生きていれば

その重ねてきた年月の分だけ、いろんな思いが積み重なっておるのですが・・・

藤原てい。

やっぱりこの時代の人は経験してきたことの重さが違うです。

 

終戦を 満州でむかえ

背中に乳飲み子 両手に息子二人を引き連れて 38度線を越えて南下。

そして、引き上げ船で日本へと・・・・という。

そういえば

牛深にも、ついこの前まで焼肉三八というお店がありまして・・・

店の名前の由来が

38度線を越えて 引き揚げてきたから という話を聞いたことがありました。

その時は・・

「ふ・ふぅーーん 38度線ねぇ。 あの北朝鮮と韓国の間にあるラインだよねー」

なんて 聞き流しておりましたが

物事を知らんっちゅうのは おそろしいことで・・・

現実の体験者を前にして、ふ ふーーーんっちゅうて、ただの酒の肴にしてしまって聞き流してるんですからねぇ。

ってことから考えてみると・・・

どんなに、重要で 大きな展開を望める局面が近づいてきてたとしても その電波を受信できるアンテナをこちらが持ってなきゃ ただの酒飲み話になっちまうってことなんですよねぇ。

 

まあ、それはそれとして・・・

いよいよ来週末 連休   秋の窯元巡りとなんですが・・・

おいおいおい! どーーすんだよ!

って話なんですがね。

日々、展示棚を磨き  作品を精査し・・

換気扇の掃除も済ませたし  縁側のサッシ窓も磨いて・・・

着々と 進めてはおるのです。

 

どーーーも

ばーさんの 様子に引きずられてしまって   

よっしゃー!ってなってこんとですたい。

 

じーさんが、なんだかうなだれて

今年の夏は越せるとだろうか

なんて、つぶやきを聞くと   もーーダメで

こちらも うつ的スイッチが入っちまって茶碗どころじゃなくなるとですもんねぇ。

できるだけ、引き込まれんように 引き込まれんように こちらはこちらとは思うておるのですが・・

肝っ玉の小さい窯主のこと。 この気分の切り替えがなかなかうまくいかない。

・・・

棚を片付けてて  

コロンと棚の奥から出てきた ゆがんだ山土のカップを見てると(まだ、窯焚きの理屈がわかってなくてとにかく、焼きに焼いて 偶然にできたやつ)

うぅーーーん。  この焼き すげーなぁ。 というほどの景色ののり方で・・・

ああ、窯焚きは上手になってきた(無難に焼けるようになった)けど・・・

この時の作品のほうが力があるなー。

と、思ったりして

 

つまるところ

焼物屋っていうのは、展示室のきれいさだったり。 並べ方の云々じゃなくて

いかに、焼き抜いてるかってことだよね!   ってことに気づく。

以前、ギャラリーさんから

薪窯やってる人は、すぐ 「良く焼けてるでしょ。 焼きがいいでしょ。」って言うけど

そんなの見る人いやしないから。  色合いの見栄えだったり 形の可愛さ デザインだからって

へへ・・・

窯主、そんなところ目指しておりませんでね。  だから、いつまでたっても茶碗で飯が食えねぇんでございますが。

 

まあ、次回作はもうちょっと原点に戻って 

いかに焼き抜く根性を持ってるか(体力勝負だからねぇ)ってとこ 責める窯焚きを目指しておるのでございます。

 

あっ!

窯主に力のある焼きを思い出させた  ゆがんだ山土のカップ 次写真アップしますね。 

お楽しみに。

コメント

台風10号さんへ・・・

2020年09月06日 | 日記

台風10号さんに告ぐ

 

あなたねぇ・・・

いくら海水温が高いからって・・・

そんなに発達してどうしますの?

それにね・・・

天草なんてところ通ってみたところで・・・

こんな田舎の じーさん ばーさんがやっとこさ暮らしてるようなところ

なぁーーーーんも 見るところもなし。

うまいもんがあるわけでもなし。

どうか・・・

どーーーーか そこんところ

おとなしく

できるだけ、そーーーっと そーーっと 通り過ぎるっちゅうわけにはいかんですかね。

という

窯主からの 

せつなるお願いでございました。

コメント (6)

台風10号 最悪のコースじゃね。ふぅ。

2020年09月03日 | 日記

観測史上最高レベルの台風が近づいているとか。

かなり強烈で たぶん・・・ 

トラックが横転したり電柱が倒れるほど

だっていうもんで

小屋の片づけやら、シャッターの補強・・・

そうそう、何より・・・

そんなものすごい風が吹いた日にゃー

窯の屋根は吹っ飛び 煙突も倒れちまうですばい。

ってことで あたふたあたふた・・・・

なんとか今日のお片付けを終えて

たこきゅうでビール飲んでたら・・・

お仲間から・・・

「天草から、コロナが出たってよ!」 って電話が

はい はい はい。

もうね。

コロナなんかどこで発生してもおかしくないし、  あんま敏感に反応しないようになっとるとですたい。(って、それじゃー いかんとだろうけど)

それよりなにより、今の窯主には

煙突の補強

どうしようかなぁ。

という方が、心配の種でございます。

どうぞ みなさまも、もういっちょ鉢巻をしめなおして厳重な警戒を!

 

コメント (4)