世界自然遺産に登録された北海道知床にある斜里町立知床ウトロ学校のブログ日記

2016年4月より、「斜里町立ウトロ小中学校」は、義務教育学校「斜里町立知床ウトロ学校」に移行しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1年生を迎える会

2016年04月28日 | 学校のこと

4月28日(金)に、1年生を迎える会が開催されました。

前期課程の5,6年生が中心となり、この日のために準備を進めてきました。

内容は、

①縦割り班の顔合わせ

②名刺交換ゲーム

③三班鬼

④1年生の出し物

⑤校長先生のお話  です。

名刺交換ゲームも、三班鬼も、大喜びで楽しんでいた子どもたち。

とっても楽しく、仲を深めることができました。

1年生の出し物では、覚えたての校歌を、元気よく歌ってくれました。

12人でも、体育館に響き渡る歌声で、聞く人に驚きと感動を与えました!!

1年生の今後の活躍に、期待が膨らみます♪

 

 

コメント

コラボレーション

2016年04月20日 | 学校のこと

 4月16日(土)に、知床ウトロ学校になって初めての全校参観日が行われました。1時間目の授業の後に、催されたのがなんと!体育館でのコンサート♪遠軽から、『ホラネロ』という男女二人のフルートとギターのデュオをお招きし、素敵な音色に酔いしれました。コンサートの最後には、ウトロ学校の自慢「海鳴り太鼓」とのコラボーレションもあり、会場は大喝采となりました。

コメント

3年生 理科の学習

2016年04月13日 | 学校のこと

3年生から学習を始める「理科」

まず、こんなことをしました。

牛乳パックの選別♪

みんなきれいに開かれている牛乳パックを一生懸命選んでいました☆

あれあれ・・・リサイクル運動をしているのでしょうか・・・(;一_一)

 

 

 

 

 

次に、こんなことをしました。

左上の写真で、手前にある赤いのはセロハンテープです。牛乳パックにテープをはっています。楽しく取り組んでいる子どもたち。何をしているのでしょう。

緑色の物体を発見!!

そして・・・・

牛乳パックと合体!ほかけ車の完成!!

 

 

 

牛乳パックを「ほ」にして、うちわであおいだ風をあてることで、ほかけ車は走ります。

つまり、風の力で「ものが動いた」のです。

そこで、力に注目しました。力のはたらきを理科担当教諭(中学校の理科の先生)に指導していただきました。

「力のはたらき」とは

ものを「動かす」「ささえる」「変形させる」

子どもたちは一生懸命聞いていました。メモをとる子もいました。7年生(中1)で学ぶことを学んだ3年生。これが小中一貫教育の良さの1つなのかもしれません。4年後、「あっ!なんかそんなことを前にやった!!」と思ってくれたら、この上なく嬉しいです(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

説明のあと、理科担当教諭は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもと うちわで ほかけ車対決!!

子どもの風の方が強かったので、子どもの勝ち!

 

 

元担任も参加(*^_^*)

 

 

 

 

 

この後も理科担当教諭は、ほかの3年生と熱戦を繰り広げていました。昨年度までは中学3年生を指導してきた理科担当教諭。小学3年生の目線で、一緒に楽しく取り組んでくれました(*^_^*)

 

楽しく学びつつも、専門的な知識も習得する。これも小中一貫教育ならでは。昨年度も中学校理科教諭に大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。

 

子どもたちが理科の魅力をたっぷり実感できる授業を今後も実践していけるよう頑張ります!!

文責  鹿山FOX熊男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント