世界自然遺産に登録された北海道知床にある斜里町立知床ウトロ学校のブログ日記

2016年4月より、「斜里町立ウトロ小中学校」は、義務教育学校「斜里町立知床ウトロ学校」に移行しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

僕たち、私たちがつくるウトロ小学校!

2008年04月25日 | 学校のこと
先日、平成20年度前期児童総会が行われました。
後期委員会反省報告、前期委員会計画報告、各学級から出された質問・意見への応答、そして議事承認という流れで進みました。
児童総会は4年生から6年生までの参加となります。
4年生は少し緊張した面持ちでしたが、声を張って一生懸命質問をしていました。
5年生は昨年の経験を生かし、なかなか鋭い質問を投げかけていました。
6年生は最高学年にふさわしく、積極的に児童総会に臨もうという姿勢が見えました。
また、新旧各委員長も堂々と応答をしていました。予期せぬ質問にどぎまぎする場面もありましたが…それもまた良い勉強です!
最後に、校長先生から「自分たちの行っている活動を、もっともっとみんなにアピールしていきましょう」というお話がありました。よりよいウトロ小学校をつくる原動力は子どもたちにあります。ウトロっ子持ち前の元気の良さ、そして多彩なアイディアでウトロ小学校をどんどん盛り上げていってほしいと思います。
(スピカ☆)
コメント

二月の世界遺産子供大使フォーラムのことを思い出しました。

2008年04月24日 | 学校のこと
 二月に三重県で行われた世界遺産子供大使フォーラムのことを想い出しました。
気候はちょうど北海道の今頃の季節でとても温かかったことです。
「雨三粒 雨戸開けば ぬっと虹」の色紙のかかった温泉宿紀伊松島旅館の部屋で小学生のD君と二泊しました。馬越峠を歩いたり、知床のことを電脳紙芝居で紹介したりしたことを思い出しました。尾鷲市は紀伊半島のほぼ中央の海岸線に位置していています。馬越峠は先達の歩いた紀伊半島の代表的な古道で、神武東征の神話にでてくるナガスネヒコやニギハヤヒに代表される日本古代史の深さや重みを感じました。また機会があれば訪れてみたい気持ちを抑えきれず、資料として配布されたパンフや地図を見て、あの時の石仏や苔むした石畳を懐かしんでいます。
                  (実はクラシック系スナフキンとらねこ)
コメント

冬のオロンコ岩は美しいなぁ~

2008年04月18日 | 学校のこと
 二月に写しておいたオロンコ岩の写真です。児童生徒が学校の登下校中に眺める場所で撮りました。子どもたちはこんなに美しい眺めを見ているのです。季節の移り変わりの一番お気に入りの時期をそれぞれ押さえているようです。秋のオロンコ岩もいいなぁ~。去年の秋に三度メタボ予防のため登りましたが、360度すばらしい眺め。あのときの黄色い花や海鳥も感動でした。(一年前からいたのにブログ初登場 スナフキンとらねこ)
コメント (1)

春のひざしに!こころうきうき!

2008年04月18日 | 学校のこと
ここ数日、ウトロの気温も上がり!春本番を迎えそうです!ふきのとうや福寿草が咲き始め、子鹿たちは、道ばたの若芽をおいしそうにほおばっています。
子ども達は、雪解けを待ちきれず、雪のない狭いスペースで、サッカーをしたりして遊んでいます。先生方や子ども達の服装を見ても春が近し!といった感じです!
先日のブログで鹿の写真を載せようとして、失敗してしまいましたので、今回載せます。鹿はこの写真に何頭いるか?数えてみてください。
                 (まだ、パソコン修行中のシロクマ君)
コメント

児童会・生徒会認証式

2008年04月16日 | 学校のこと
 小学校は12日(月)、中学校は16日(水)の朝会で、児童会・生徒会の役員と学級の役員の認証式が行われました。それぞれ校長先生から凛々しい顔で、認証書を受け取っていた姿に!”頑張るぞ”という意気込みを感じました!笑顔が満ちあふれる楽しい学校になること間違いなし!
                             (シロクマくん)
コメント