ことの葉から雨雫

日々つれづれに創作した言葉の作品いろいろ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

022:梨(藤原湾)

2013-05-16 20:54:00 | 題詠2013
梨からの滴る汁を舐めとりて 秋のはしりを舌で味わう
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 021:仲(藤原湾) | トップ | 023:不思議(藤原湾) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

題詠2013」カテゴリの最新記事