CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

10月15日(月)のつぶやき

2018-10-16 06:21:53 | 日記
コメント

どうやら、体調悪いみたいだ。。。

2018-10-15 21:23:17 | 華麗なる加齢 あるいは 身体
今日は4時起床の日だったが、4時30分にアラームをセット。
それなのに、いつも以上に身体が動かなかった。
ゴミ出しはした。
洗濯は、パス。
我が家は毎日洗濯する。
息子のユニフォームの洗濯があるから。
しかし今朝は、息子の帰宅がわたしの出勤時間だったため、
洗濯する時間がなくなってしまった。

家の鍵を閉めたとき、帽子を忘れたことに気付く。
時間がギリギリのため、そのまま駅に向かう。
21日に何を歌うか考えながら、YouTubeを聴く。
フランス語の歌を聴きながら、心の中で、日本語で歌う。
通勤電車で、かなり変なおばさん状態。
声は出さないが、全身で歌っている。
職場に着く頃には、疲れ切っている(^_^;)

おはようございます!というと、声がかすれていた。
ありゃ、声出さなくても声帯動いてたんだろうな。。。
と、勝手に思う。

ちょっと目を閉じると深い眠りに落ちてしまう感じが、
一日中あった。。。寝不足だからな。。。と思っていた。
昨日も一昨日も眠かったし、いつも眠いし・・・

で、今日は、夕方も眠くてたまらなかった。

最初の妊娠したとき、私はとても眠い日々を送っていた。
あの時と似ていて、昨日一人で吹き出してしまった。
妊娠はしていないのになぁと笑ってしまった。

そして、夕食後、TVを観ながら、深い眠りに落ちた。
よく寝た。
で、だんぼっちで歌いながら、ふと、自分が熱っぽいことに気づいた。
測ると、37,5度。

あ〜、具合が悪かったんだ。。。

というわけで、久しぶりに体調悪いみたいだ、私。

だいたいイメージはできたから、眠るとしよう。

あっという間に、深い眠りに落ちそうだ。
熱、もう少し上がりそうな気配あるな、こりゃ。。。
コメント

10月14日(日)のつぶやき

2018-10-15 06:17:25 | 日記
コメント

ご一緒するケミー西丘さんのこと、杉田誠一氏がご紹介くださった(^^)

2018-10-14 18:00:06 | 表現にからむ様々なこと
10/21(日)@Bitches Brew 11/27(火)@l’atelier でご一緒するピアニスト、
ケミー西丘さんについて杉田誠一さんがFBで、ご紹介くださった😊
忙しい方も、暇を持て余している方も、是非、足をお運びくださいませ🍀


中村高寛監督のドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」(2006年)は、ご覧になりましたか?
「伊勢佐木町ブルース」を歌ってるのは、先日死去された渚ようこである。
渚ようこは、すぐれてスポンティニアスに、内なる深淵から湧き上がる情念をクールにコントロールする、日本固有のブルース歌手である。
最後に生と出会ったのは、横浜は寿町のフェスティバルであった。
同ステージに、纐纈雅代(as)も、渋さ知らずの一員として、フリーキーに咆哮す
る。
「ヨコハマメリー」で、もうひとつ特筆すべきは、ドキュメントの、導入部で、フリーにインプロヴァイズしているのが、故・尾山修一(ts)であることである。尾山修一との付き合いは、1960年代後葉からで、50年ぐらいになる。
尾山修一は、「砂の器」の作曲者、ピアニスト、管野光亮に高く評価されたバリバリのインプロヴァイザー。
数年間、TVKで、毎日番組を持っていたことがある。
かみさんは、横浜を代表するシャンソン・ピアニスト、ケミー西丘である。
「ヨコハマメリー」に、メリーの支援者として、登場する故・元次郎(「シャノアール」オーナー、シャンソン歌手)、、。ケミー西丘は、日の出町「シャノアール」をホーム=根拠地として、活動してきた。「シャノアール」は、横浜で最も知られたシャンソン・クラブである。
実は、この度、CuniCo/Kuniko Iwasita(vo)とケミー西丘(pf)が、共演することとなりました。
よろしく、お願いいたします。

杉田誠一氏 FBより


この度、CuniCo/Kuniko Iwasita (vo)は、ピアニスト、ケミー西丘と、共演することと、なった。ケミー西丘は、横浜を代表するシャンソン・ピアニストであるが、夫君・尾山修一(ts)存命中は、共にフリージャズの未踏の領域に、果敢に挑戦し続けていた。
ここに紹介するアルバムのテーマは「ヨコハマメリー」であり、詩人 白石和子が、参戦している。
わがBitches Brewにおいては、数年間にわたり、中上哲夫をプロデュースに迎え、毎月、現代詩とジャズの会を展開してきた。
ケミー西丘(pf) X CuniCo(vo)
果たして、いかなる未踏空間を切り拓いていくのであろうか?
期待乗数が、急速に、右肩に上がりはじた。
よろしくです❣️

〜杉田誠一氏 FBより


何も知らずに出逢った杉田誠一氏。
少しずつ、いろいろ、知ってくると、なるほど、出逢いは必然だったのかと思える。
そして、ケミー西丘さん、ものすごく出逢ってみたくて、たまらなくなってきた。
コメント

CuniCoの2018年末までのスケジュール

2018-10-14 12:30:00 | 表現にからむ様々なこと
これまでもTwitterやFacebookで呟いてきたが、
だんだん、自分でも混乱してきたので、ブログでまとめることにした。

10月21日(日) 14:00 start
CuniCo(vo) ケミー西丘(pf)
@Bitches Brew for hipsters only (東急東横線:白楽下車 5分)
お一人様3,000円(1drink in)

歌いまくります(^^)
何でもかんでも、今、唄いたい歌、発したい言葉、表現途上の言霊たち。
ケミーさんのピアノは、
風が吹き抜けるように、陽だまりの温もりのように、空気を作る。。。
と、昨日、ケミーさんのフリーのCDを聴いて感じた。
きっと、その空気の中で、CuniCo’s world が、思う存分、展開する。
この日、ケミーさんと初めて出会う。
そんな瞬間に立ち会ってくださる方、急募(^^)

11月21日(水) 19:00 start
CuniCo(vo) ナカムラユウコ(琵琶)
@Bitches Brew for hipsters only (東急東横線:白楽下車 5分)
お一人様3,000円(1drink in)

滅多にないことだが秘蔵の⁈『三枚のお札』語り芝居、演っちゃいます!
体力的にどこまでいけるか(笑)初めて琵琶もつけていただく。
どんな世界になるか、私自身が楽しみだ。
ナカムラユウコさんの琵琶も堪能いただく。
色々な演目があるようなので、この日は、どんな世界になるかしら。

11月27日(火) 18:30 open 19:00 start
『四人の女が織りなす時間と空間』
CuniCo(vo) ケミー西丘(pf) 細田麻央(舞踏) ナカムラユウコ(琵琶)
@l’atelier by apc (渋谷並木橋交差点)
お一人様3,000円(drink別)
企画:岩下邦子 協力:Bitches Brew for hipsters only

精神と肉体が舞う
かきならすは琵琶
奏でるはピアノ
歌と言葉が戯れる

これまで、ソロライブを行ってきたあの空間で、新しい試みをします。
私の年2回のソロライブ『CuniCo’s world 』を
ずっと支えてくださった皆さん、引き続き応援よろしくお願いします。
ワクワクドキドキしにいらしてくださいませ(^^)

12月21日(金) 19:00 start
CuniCo(vo)
@Bitches Brew for hipsters only (東急東横線:白楽下車 5分)
お一人様3,000円(1drink in)

まだ、白紙(笑)
さぁさ、2018年の集大成・・・にしなくっちゃ(^^)
唄い始めて9年。
2018年は、激動の年であったことは、間違いない。
表現する人間として、たくさんの刺激をいただいた。
出会ったすべての方々への感謝を込めて、
素敵な時間にしなくっちゃ(^^)

もちろん、あと2ヶ月、これからも、たくさん出会うはず。

そうそう、Bitches Brew for hipsters only には、時折出没。
すべてのギグに立ち会えないことが残念でならないが、
お手伝いに行ける日、時間は、駆けつけます。
お手伝いしながら、さまざまな表現に立ち会えるという贅沢。
オーナーの杉田誠一氏に感謝。
出演者のみなさんが心地よく過ごせる空間を作れたら、嬉しいなぁ。
あの空間『場』は表現する人間には、ありがたい空間だ。
できることには、限りがあるけれど、
その空間を維持するお手伝いができたら、嬉しいと思っている。

お申込みお問い合わせ : utamonogatari@icloud.com
コメント