うたかた花詩の「思季色を綴る覚書き」

  長野県の四季の様子を思いつくままに雑多に綴る自由ノートです。

ツルフジバカマ

2019-08-26 | みんなの花図鑑

ノハラクサフジ、ヒロハクサグジ、ツルフジバカマは、小葉の数や形が似ていてどの種か迷いますが、托葉(3枚目)を見ると托葉が大きいのでツルフジバカマのようです。ツルフジバカマの花序は、短めで幅広の姿かと思っていましたが、そうでもないようです。

「ノハラクサフジは花数が多く托葉は小さい」「ヒロハクサフジは托葉は大きいが生育場所は主に海岸」との事なのでツルフジバカマとしましたが、托葉にも個体差もあり、上に挙げた3種を見慣れていないとパッと見ての判別は難しそうです。

(撮影日 2019/8/12)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コバギボウシ | トップ | ダイミョウセセリ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
似た花 (カンサン)
2019-08-26 20:21:06
うたかた花詩さんへ、ぱっと見でほとんど見分けがつかないような花は多いですね。私は、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブは時々、見分け方が花壇に出ているので、なるほど--と思いますが、ちょっと日にちが経つと、もうわからなくなります。もう、あきらめていますが---。
きのうは大阪城公園でオオルリと似た鳥のコルリの写真が撮れました。青い鳥です。
Re:似た花 (うたかた花詩)
2019-08-27 19:44:31
カンサンさん、こんばんは。
そうですね。見分けが付かず、どの種か迷ってしまう事は多々あります。
シソ科のタツナミソウ属やハッカの仲間は似た姿の花が多く、いつも図鑑とにらっめこ状態です。種名がある品種や変種になるともうお手上げですね^^;
青色がとても綺麗なオオルリとコルリですね。コルリは青というよりも群青色に近い色合いでしょうか。3枚目のオオルリは1mくらいまで近づてきているような臨場感がありますね。

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事