うたかた花詩の「思季色を綴る覚書き」

  長野県の四季の様子を思いつくままに雑多に綴る自由ノートです。

ナガミノツルケマン(ナガミノツルキケマン)

2021-09-14 | みんなの花図鑑

環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)に指定されてはいますが、今の時季こちらではよく見かけます。春のキケマンと比べて花数が少なく、花の形も茎も細長い淑やかな秋のキケマンです。3枚目は別日に撮ったものですが、ツリフネソウの花と一緒になって咲き誇っていました。

(撮影日 2021/9/5)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アラゲハンゴンソウ | トップ | コモクメヨトウ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
姫川 (カンサン)
2021-09-14 20:08:52
うたかた花詩さんへ、今週からNHK BS プレミアムで火野正平のこころ旅が始まりました。今週は長野県です。火曜日のきょうは姫川の源にある湧水地でした。
姫川は大糸線に乗っていると見える場所がありますね。
Re:姫川 (うたかた花詩)
2021-09-14 21:11:44
カンサンさん、こんばんは。
姫川源流は、春にはフクジュソウやミズバショウ、キクザキとアズマのイチゲ類、ニリンソウなどが見られ、ヒメギフチョウもたまに飛翔しているのを見る事があります。夏にはバイカモの花が見られますが、今年行ってみた時には花は見られませんでした。今はツリフネソウが盛りを迎えている頃でしょうか、マルバゴマキの赤く熟した実もあったように思います。
姫川は小谷村に入ると、鉄道路線と並ぶように新潟県方面へと流れている所もあるので、電車から見ると姫川の様子がよく分かりますね。秋の紅葉シーズンには色付いた景色も一緒に楽しめます。

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事