うたかた花詩の「思季色を綴る覚書き」

  長野県の四季の様子を思いつくままに雑多に綴る自由ノートです。

トチノキ(冬芽)

2019-05-20 | 冬芽、葉痕

動き出したトチノキの冬芽です。芽鱗が1枚1枚剥がれて展開している姿が面白いですね。

(撮影日 2019/5/8)


コメント   この記事についてブログを書く
« ギフチョウ | トップ | オトメエンゴサクのある場景 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

冬芽、葉痕」カテゴリの最新記事