うたかた花詩の「思季色を綴る覚書き」

  長野県の四季の様子を思いつくままに雑多に綴る自由ノートです。

マルバゴマキ(ヒロハゴマギ) (冬芽)

2019-04-24 | 冬芽、葉痕

ゴマキの冬芽は、数ある樹木の冬芽の中でも大きい部類に入るかと思います。被っている帽子(芽鱗)がぽろっと取れそうな姿が面白いですね。

(撮影日 2019/4/16)


コメント   この記事についてブログを書く
« ニホンライチョウ | トップ | アオイスミレ(青と白) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

冬芽、葉痕」カテゴリの最新記事