観測にまつわる問題

「最低賃金」を一応。「広島」は延期で他のテーマをやります。「経済再生」のアプローチを従来とはやや違う感じで構想中。

挑発できなくなったならずものの辿る運命

2018-01-13 15:32:29 | 政策関連メモ
金正恩氏の甘い罠…北は「平昌五輪参加」で一石五鳥を狙っている(産経ニュース 2018.1.13 01:00)

>(1)すでに文在寅政権は取り込まれた。今後、離散家族再会などの人道問題を北朝鮮が受け入れれば、韓国は米韓合同軍事演習の実施を拒むだろう

米韓合同軍事演習は取引材料にならないと思います。赤化統一の意志を示し数々のテロを決行してきた北朝鮮の侵略の意図を挫くために、米韓合同軍事演習があるでしょう。もし米韓合同軍事演習をしなくなるとしたら、米軍が韓国を見捨てて撤退した時でしか有り得ないと思います。在韓米軍が存在する限りは防衛の意志がないと見られるようなことはしないでしょう。韓国がアメリカを裏切ったら勿論撤退の可能性もあると思いますが、そうではなく韓国から平和的に米軍が撤退するのだとしたら、北朝鮮が赤化統一政策を放棄したとこちらが認められる時になるのではないかと考えられます。韓国は万にひとつも取引材料にならないものを取引材料にしようとしてはなりません。

>(2)米国は五輪期間中の軍事演習を見合わせたが、今後も韓国が演習中止を要請すれば米韓同盟関係に亀裂が入る

演習が行われないということは、韓国防衛の意志がないということです。その内韓国は金正恩の思う通り、北に飲み込まれるのかもしれませんね。

>(3)対話ムードは国際社会の対北制裁を鈍らせる

対話ムードが特に問題とは思いませんね。北朝鮮が何かやったら、淡々と制裁するだけですから。ただ、五輪期間中の挑発だけは、今から対応をシミュレートしておくべきでしょう。五輪以前にやったら北朝鮮は当然出席できません。以後にやったら制裁されるだけです。開催中を狙う可能性があるような気がします。

>(4)南北対話で人の往来が実現すれば韓国の資金が北朝鮮に流れる

核放棄なくして北の制裁解除が進むことは有り得ません。これは1ミリも譲れないところです。北朝鮮は合意していませんが、「核開発・ミサイル開発したら制裁」は我々の意志であり不可逆だと考えられます。

>(5)北朝鮮は南北対話を口実に時間稼ぎが可能になった。

ミサイル発射も核実験もその他各種挑発せずにできることがあるなら、ドンドン進めればいいと思います。挑発できなくなったならずものがどういう運命を辿るか容易に想像できますね(笑)。脅迫できないヤクザが仕事になるはずがありません。核武装してならずもの路線でメシを食う、そんなならずもの国家のならずもの様式を国際社会が認めるなんて夢をみない方がいいと思います。

以上、筆者のfacebook投稿の加筆修正記事。

※追記:焦点:消えぬ米朝戦争懸念、トランプ政権にくすぶる先制攻撃論(ロイター 2018年1月13日 / 08:44)

>マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は大統領側近の中で最も声高に、より積極的な軍事的アプローチを主張。一方、ティラーソン国務長官やマティス国防長官、米軍指導部は、慎重に外交選択肢を尽くすべきだとの立場をとっている。政府高官5人が明らかにした。

>「トランプ大統領は、金正恩氏が唯一理解し尊重するのは、顔面へのパンチ一発だと確信しており、過去の米政権は、それを実行する勇気に欠けていたと考えている」と米政府高官は語った。

アメリカが顔面パンチ一発したとして、北朝鮮が反撃したら北朝鮮は消滅しますからね。金正恩は政権維持さえできるのであれば(そこが分かりにくいのが独裁国家の独裁国家たる所以ですが)、「核戦争から世界を守る」可能性が高いと思います。

>米情報機関は、米政府が自身の転覆を狙っており、それを防ぐには核保有しかないと正恩氏が信じているとの見方で一致している。

筆者にはくだらない思い込みであるように見えます。実際にICBMが完成していなくともアメリカは攻撃を思い止まっています。同盟国の甚大な被害を懸念してのことです(同盟国の存在が無ければ、アメリカは100%の確率で北朝鮮を攻撃しているでしょう。そう、シリアみたいに)。特に韓国の首都ソウルが人質にとられていることが大きいのであって、核兵器はほとんど全く自衛に役に立っていないようにしか見えません。少なくとも北朝鮮に大きな危険をもたらしていることは明らかです。

米政府には確かに北朝鮮政府の転覆を狙う力があるかもしれません。アメリカは核とICBMを北朝鮮が放棄さえすれば、政権転覆を狙わないと密約できるかもしれません。それを北朝鮮が信じられないとしたら、中国でもロシアでも好きな方の傘下に入るという選択肢もあります(ただし、中国は核抑止を提供した実績がないでしょうし、気に入らなければ仲間の政権転覆を狙う暴君だと見られていると思います)。いずれにせよ、北朝鮮は崩壊する崩壊すると言われても全く崩壊していませんし、クーデターも未然に防ぐことに成功しています。ソ連は大きな核戦力を持っていましたが崩壊しています。中国も政変・政争は多発しているでしょう。政権の安定を外に求めるのが間違いなのであって、核兵器の存在は歴史を見る限り政権の安定に貢献しているようには思えません。北朝鮮が自国の発展を考えるなら、核とICBMを諦めてアメリカのターゲットになることを避けて、内政に力を入れて国を発展させることです。抑止力はソウルを人質にとっていることを信じ、ハリネズミ状態で石油もでない甘みの無さを自覚することだと思います。
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の影と核拡散 #鉄砲玉が... | トップ | 創業のリスクテイクは認めた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政策関連メモ」カテゴリの最新記事