goo

アシナガコガネ

2019-05-22 18:26:19 | Weblog

毎年今の時期になるとやって来るアシナガコガネ。

体長1センチにも満たないコガネムシですがバラが大好き。

深大寺植物園のバラ園、2019年のバラフェスタは400種、5200株が咲き乱れる

バラのパラダイス、まさにバラダイス。 

その中でもアシナガコガネの好きなバラは決まっていて、

白い花で香りが良いもの、そのバラに集まっているようです。

 

5月22日 神代植物公園 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

イボタガ

2019-05-19 09:37:46 | Weblog

春の3大蛾の一種。

桜の咲く頃に山間部の雑木林に生息。

宿泊所の灯りに来てくれました。

触覚が大きいのでこれは雄、雌を探してさまよっているところです。

一説によるとこの大きな眼状紋はフクロウの眼に擬態していて、

天敵である鳥を驚かせていると言われている。

そんな気持ちで見ると本当にフクロウの顔に見えて来るから不思議です。

 

5月5日 北関東

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

氷川神社の大銀杏

2019-05-16 20:03:09 | Weblog

赤坂 氷川神社の大銀杏です。

まあここまで来るとご神木ですね。

周りは高層ビルですがそれを圧倒するような存在感。

イチョウの木は普通の家には植えない方がいいと言われていますが、

このような存在感を見るとそれもうなずけます。

普通の家には収まりきらない存在感ですね。

以下引用

赤坂氷川神社の境内に植えられた樹齢400年と推定されるイチョウの木です。幹の直径2.4m、

周囲7.5mほどある巨木で、神社が建立される100年前から存在していたと考えられています」

以上引用終わり

都会のオアシス、ここへ来ると襟を正されると言うか、凛とした息吹に触れて爽快な気分になります。

 

5月16日 赤坂

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

エルタテハ

2019-05-10 11:51:36 | Weblog

越冬明けのエルタテハ。

羽化して冬を越して半年以上たった割りには翅が痛んでいない。

タテハチョウ科の蝶は翅が厚いので他のチョウよりは痛みにくいはずだけれど、

この蝶は羽化したてのような綺麗さ。

北関東のこの地は標高860m、昼は20度になるけれど、夜は0度近くまで気温が下がる。

それが結構蝶にとってはきつそう。

特に今年は天候が暑くなったり、寒くなったりで蝶も大変だと思う。

 

5月5日 北関東

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

シータテハ

2019-05-08 10:10:52 | Weblog

越冬明けの個体。

半年ぐらい飲まず食わずでったのでさぞかし空腹なのだろう。

馬酔木の花蜜を貪るように吸っていた。

こんな小さな体で冬の寒さに耐え、半年もの断食に耐え、

本当に虫って偉大な力を持っているのもだと、見るたびに感動する。

 

5月5日  北関東

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

コツバメ

2019-05-05 07:58:52 | Weblog

毎年同じ場所の同じ馬酔木にやってくるコツバメ。

ゴールデンウィークの楽しみです。

一昨日はまだ発生していなかったのか会うことはできませんでしたが、

昨日は会うことができました。

キビキビと元気に飛び、時々このように止まって日光に向けて少し体を傾けて、

陽の光を浴びています。

この10年くらい毎年あっているのでこのコツバメは、10年前に出会った子孫のコツバメ。

それをなんと呼ぶのでしょうか?

ひ孫のひ孫のひ孫の・・・・・

コツバメと今年も楽しい再会ができました。

 

5月4日  北関東

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ウグイス雌

2019-05-03 18:37:02 | Weblog

この写真はウグイス雌です。

何故ならば近くでホーホケキョとオスがさえずり、

その近くの枝から枝を移動しながらオスを誘惑していたのです。

雌はサエズリませんが、お得意のフェロモンでオスの気を引いている模様。

ウグイスはオスもメスもほとんど同じ体色ですがメスの方が一回り小さいサイズです。

早くカップルが成立して素敵なファミリィを作って欲しいものですね。

5月3日  北関東

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

インドのシマリス

2019-04-27 18:32:18 | Weblog

インド、デリーの中心部にもこんな可愛いシマリスがいます。

日本のシマリスよりは2回りくらい小さくどんな名前かと、調べて見たら、

以下引用

orthern palm squirrel、Five-striped palm squirrel (Funambulus pennantii)、

日本語だと、キタシマヤシリス、イツスジヤシリスと呼ばれる種類で、

インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、イランで見られるそうです。

以上引用終わり。

本当にたくさんいて可愛いですね、

写真だと涼しげに見えますがこの時の気温は42度、炎天下にしばらくいると

頭がボーッとしてくるくらいの暑さです。暑いというよりヒリヒリする感じ。

でも湿度が低いので汗はかかず、やたら水が欲しくなりました。

 

4月26日  Delhi India

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ルリタテハ

2019-04-21 18:07:27 | Weblog

越冬明けのルリタテハについに会うことができました。

久々に見るルリタテハは綺麗ですね。

大型のタテハ蝶らしくキビキビとした飛翔でテリトリーを主張していました。

私の帽子に止まったところを妻が撮影してくれました。

帽子の汗の成分が好きみたいです。

やはり蝶を見ると本当に春がきたんだな、もう寒さの揺り戻しもないな、

と春本番を感じます。

 

4月21日  井の頭公園

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

アゲハ春型

2019-04-16 17:35:46 | Weblog

ちょうど桜の時期に発生してくる春の蝶。

アゲハの春型は夏に発生してくる夏型よりもふた回りぐらい小さい。

今の時期はツマキチョウなども発生して来ていよいよ蝶の季節がやって来ます。

嬉しいですね!

 

4月16日 井之頭公園

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ