goo

ワカケホンセイインコ・再び

2021-01-23 20:27:32 | Weblog
今日は3羽で木の芽を食べていました。
見つけると公園を訪れる人々が集まって撮影していました。


1月22日 井の頭公園
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ワカケホンセイインコ

2021-01-21 18:58:40 | Weblog
このインコはインドやスリランカ原産で日本に輸入され野生化したものです。井の頭公園にも住み着いている模様。鮮やかなグリーンの中型のインコで、盛んに木の芽を食べていました。いつもこの木で見かけるのでこの木の芽が好物の模様。荻窪の住宅地でも群れで見たことがあります。大寒の日本で住み続けるのはさぞ大変だろうとおもいます。夜は0度くらいまで気温は下がります。
詳しい記述はこのサイトをご覧ください。

1月21日 井の頭公園
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

シロハラふたたび

2021-01-17 16:23:31 | Weblog
どうもこの付近に住んでいるらしい、
このシロハラは。

数日前に撮影したのとほとんど同じ場所。

この近くに巣があるらしい。

今回は前回よりももう少し近づくことができた。

次回はもっと近くで撮れればと思います。


1月17日  井の頭公園
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

オオバン・ブルマイ

2021-01-11 16:58:45 | Weblog
普段は水の中にいるオオバンが、
この日は岸の上で餌をついばんでいました。

人への警戒心が相当緩んでの行動だと思います。
ここ井の頭公園を訪れる人々が優しく見守っているから、
こうして人の側まで来てくれるのでしょうか?

写真には写っていないのですが、ここにもう2羽いました。

4羽のオオバンが揃ったので今日のタイトルは大盤振る舞い=オオバン・ブルマイ
としました。

1月9日  井の頭公園

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

シロハラ

2021-01-09 18:04:00 | Weblog
名前の由来は腹が白いから、シロハラ、別種で腹が赤いアカハラもいる。
井の頭公園で見るのは初めてで、人が結構行き来する池の端の生垣で餌を探していた。
ツグミの仲間で、嘴が黄色いのでこれはオス、コロナ緊急事態宣言で気が滅入るけれど、初めての鳥に会えるとその気分も晴れ晴れ。だからカメラを持った散歩はやめられないですね。
今年もよろしくお願いいたします。


1月9日 井の頭公園
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

春の萌芽

2020-12-17 21:00:52 | Weblog
これから冬本番、ところがもう、
このネコヤナギ、もう春の準備万端です。

最近寒さが本格的になってきたけれど、
季節は必ず巡ってきて、春はやってきます。

それまでこのネコヤナギの芽は冬の寒さの中でも、
じっと耐えて、春の日差しの中で芽吹くチャンスを
待っています。


12月中旬  井の頭公園
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

スズガモ・メス

2020-12-09 20:10:07 | Weblog
今年は井の頭公園に来ている鴨が少ない。

まだ第一便で第二便、第三便が来るのかどうか?

このままだと寂しい冬になってしまいそうで、ちょっと不安。


12月上旬  井の頭公園
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

アカタテハの壁紙

2020-11-07 10:17:15 | Weblog
寝室のリフォームをしていて壁紙を新しくしようと、探しました。
近くのインテリアブティックでいろんな壁紙を見せてもらい、気に入ったのがこの一枚、芍薬、カーネーションなどの花が一面に描かれている図柄にアカタテハがいました、カナブンも蟻もいました。「これだ!」この壁紙に決めたのはいうまでもありません。わざわざオランダから取り寄せてもらい、貼って見ましたが、寝室がまるでホテルの1室のように生まれ変わりました。
これからの睡眠が楽しみです。


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

冬鳥来訪(ヒドリガモ)

2020-10-30 00:38:17 | Weblog
もうそろそろきている頃だと、行って見たら、
いました、いました。

今年も来てくれました、はるかシベリアから寒さしのぎに、
やって来ました。

今年の冬もこの井の頭池は冬鳥で賑やかになりそうです。


10月27日 井の頭公園
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ツマグロヒョウモン幼虫

2020-10-14 11:52:21 | Weblog
ツマグロヒョウモンは北進を続けている蝶でその生息範囲を、
どんどん北のほうに広げている。

初めてこのブログの記事にしたのは2005年8月22日、まだ東京では
珍しかった頃です。

それが今では一番よく見る蝶になってしまいました。

食草がスミレ科、あるいはパンジーなどの園芸花、東京でも都市部でも
食草がたくさんあり、昨今の温暖化で益々増えてきたようです。

写真でもわかるように道端の小さな草にもこのようにたくさんの幼虫が
生息しています。

10月11日 荻窪
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ