罵声が怖かった。

2016-09-19 13:43:09 | 行政書士の日常





先日某警察署に仕事で出向いたときのことです。

最寄駅で下車し警察署までの道を歩いていると、背後から若い男の乱暴な大声が聞こえてきました。

「おいコラァまてよ!てめー事務所つれてくぞこら!」

といったとても怖い内容の声です。

驚いて振り向くと、あきらからにアレな恰好の若い男性が携帯電話片手に歩きながら歩いています。

その男が私を追い抜くと、前を歩く若い女性に向かってさらに罵声をかけています。

ターゲットにされた女性は、意外なことにたじろくことなくペースを落とさず歩き続けます。

そのうち警察署へと曲がる横断歩道にさしかかったところで女性が立ち止まり、アレな男はそのまますたすたと。

一体何があったのでしょうか。

男が遠ざかったのを確認して、女性に一言かけようかと悩んでいるうちに横断歩道の信号が青に変わり、女性は歩き始めました。

パッと見た感じ、女性は気丈な雰囲気だったので大丈夫だろうと判断してそのまま見送りました。

私も目指す警察署に到着しました。

いまでも声をかけるべきだったか悩んでいます。

中島みゆき「ファイト!」ではありませんが、私の敵は私、なのかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 専門学校生の在留資格 | トップ | フィリピン人と離婚できます! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

行政書士の日常」カテゴリの最新記事