風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

13-028農林省からも資料が

2018-04-13 20:33:10 | この道の先に

風の谷通信No.13-028

明け方の寝ぼけた頭にニュースが届きます。加計学園に関して新しい資料が1件見つかった、と。なんで農林省で?と思ったんですが、起きて醒めてからから考えると「獣医学部」の問題だからでしょう。

柳瀬秘書官は記者の質問に対して【先にコメントした通りです】としか答えていない。それが判らないから記者が尋ねているんだが、回答になってはいないです。

官房長官は、その問題に政府としては承知していない、と言う。アベさんも逃げている。中村知事は県職員が正しく仕事していると認めている。

 

この知事の態度が、県職員にとっては大きな救いです。しかし、ご用心。権力はこういう人を平気で抹殺するんだ。手段は暗殺・冤罪(特にセクハラのようなハレンチ罪・脱税・収賄など)・その他の不名誉罪(どんなのか知らん?夫婦喧嘩でもでっち上げるのかな、それとも子供たちの非行かな)。かつて福島県知事が嵌められて失脚したことがありました。

悪いヤツラは死なない・惰眠するから叩けばょろしいが、弱い立場や下級職場の職員は県民が守ってあげることが必要。無事この論争を制覇されますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 13-027直接対決で解決 | トップ | 13-029ウミはどこから? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

この道の先に」カテゴリの最新記事